トップへ » アルパーク歯科・矯正歯科の10の思い » 歯の自由診療とは?

【当院の思い】患者さんのために自由診療を実施

自由診療
当院では高精度の治療のために、自由診療を行っております。
保険では、15分、30分、長くて1時間の治療です。
時間の制限され、歯を長持ちさせる治療としては、不十分だと思っています。

実際、不十分な治療として、
ご来院された方の口内を診察しておりますと、
自由診療と思われる治療でも、歯に合っていない金冠やセラミック冠がざらにあります。
たとえば、冠と歯の間に隙間がある場合には、虫歯が再発してしまうリスクもあるのです。

そういった雑な自由治療は、材料が違うというだけで、虫歯を防ぐ治療ではありません。
金やセラミックだから長持ちするのではなく、長持ちする技術を駆使するため、長持ちさせることができるのです。

セラミックの歯などは、保険に比べて高い治療費がかかったでしょうに、歯に合っていない冠では、患者さんがかわいそうだなと思ってしまいます。


よりよい治療をお届けするために自由診療医に

自由診療医私も元は保険治療を中心に行う保険医でした。そんなある日、患者さんから「削って詰めるだけ?」と言われたことがありました。その言葉に、「歯医者を辞めて、転職しようか」と考えるくらいショックを受けたのです。

その言葉をきっかけに勉強し直して、自由診療医になりました。来院してくださる患者さん、いっしょに働いてくれるスタッフに支えられて、完全自由診療10年目を迎えています。

歯の治療でお悩みの方は、お話だけでも結構です。ぜひお気軽にご相談ください。

自由診療専門である当院が心がけていること
・妥協しないこと(自由診療では保険診療のような法的な制約がない)
・人間が好きでなければいけない(他人のことがどうでもいいと思う人では治療は務まらない)
・優しいこと(お顔へのやさしいタッチ、人当たりなどのコミュニケーションが重要)


中四国はもちろん、関東・関西・海外からの患者さんも

無痛治療遠くからお越しの方もおられます。県内各地はもとより、

・東京
・大阪
・兵庫
・香川
・島根
・山口
・鹿児島

など、海外は上海からもお越し頂いております。

当院に着くまで、何百軒もの歯科医院を飛び越して、わざわざお越し頂けるのかと思うと、うれしくて、胸にジーンときます。
皆さん、様々な悩みがあり、それを当院で解決して欲しいと思って、わざわざ遠くからお越しになっているのです。

このように思いますと、治療を一生懸命頑張らなければとさらにやる気がおきるものですね。


こんなに違う!当院の自由診療だからこそできる治療

「自由診療と保険診療、どこが違うの?」という方のために、実際の診療の症例をここではお伝えいたします。実際の工程を目で見ていただくことで、よりいっそうイメージができると思います。

当院の自由診療
01.仮歯を外しセメントを取り除きます。

当院の自由診療
02.歯の表面はきれいに見えます。

当院の自由診療
03.色素を塗ってみます。

当院の自由診療
04.歯の表面に赤く染色された汚れが残っています。

当院の自由診療
05.歯の表面を磨き、素の表面が現れました。

当院の自由診療
06.セラミッククラウンを合わせてみます。

当院の自由診療
07.歯と歯の間の接触圧をフロスで調べて調整します。

当院の自由診療
08.シリコンで歯とクラウン内面がぴったり適合しているか調べます。

当院の自由診療
09.シリコンが薄膜になり歯と冠がぴったりあっているのが分かります。

当院の自由診療
10.光に透かして見るとシリコンはこんなに透けて見えます。

当院の自由診療
11.よりぴったり適合するように細かく調整します。

当院の自由診療
12.辺縁の調整もします。

当院の自由診療
13.フロスをかけても引っかからない程、ぴったりしています。

当院の自由診療
14.細い探針でも境目が分からない位になります。

当院の自由診療
15.辺縁を調整した部分は擦り傷になっています。

当院の自由診療
16.研磨します。

当院の自由診療
17.ツルツルに磨きます 菌も付着しにくくなります。

当院の自由診療
18.粘着スティックにつけます。

当院の自由診療
19.冠の内面をフッ酸処理して接着力をアップします。

当院の自由診療
20.フッ酸をよく洗い流します。

当院の自由診療
21.より強く接着するよう、すりガラス状に表面処理されました。

当院の自由診療
22.一番よく接着するセラミックボンドを塗ります。

当院の自由診療
23.歯はラバーダムを装着して湿気を防ぎ、接着材を塗ります。

当院の自由診療
24.クラウンをセメントで装着した所です。

当院の自由診療
25.歯と歯の間のセメントを急いで除去します。

当院の自由診療
26.光でセメントを固めます。

当院の自由診療
27.歯と歯の間もマイクロで見てセメントを除去します。

当院の自由診療
28.本当の歯と見分けがつかないセラミッククラウンになりました。

当院の自由診療
29.無調整で隣の歯と同じ強さで噛んでいます。


カテゴリー一覧

勇気を出して当院にお越しになった方に、
「虫歯から脱出する方法」をお伝えしています。(初診時)

カウンセリング 問診表ダウンロード
外観
〒733-0834
広島県広島市西区草津新町2-26-1
アルパーク東棟8階
電車
JR山陽本線新井口、広電商工センターから徒歩5
アルパーク東棟8階
駐車場2000台(4時間まで無料)
午前 9:30~13:00
午後 14:00~18:00
  • ※休診:
    年末年始、GWやお盆、他臨時休診日以外ありません

トップへ » アルパーク歯科・矯正歯科の10の思い » 歯の自由診療とは?


コールバック予約

Page Top