トップへ » アルパーク歯科・矯正歯科の10の思い » 虫歯の無痛治療について » なぜ当院の治療はほとんど痛くないのでしょうか?

なぜ当院の治療はほとんど痛くないのでしょうか?

特別に工夫した麻酔をするからです無痛治療
麻酔が確実に効き、歯が無痛状態なので、治療中に痛くないのです。よく麻酔が効けば、歯科治療は無痛に行えますので、ご安心下さい。

時には、麻酔をしない医院もあります。多くの歯科医院では、麻酔を併用してくれると思いますが、中には無麻酔で治療を行う医院もあるようです。そのわけは、

1.浅い虫歯だから麻酔しなくていい
2.痛くなってから麻酔すればいい
3.麻酔すると削りすぎるから麻酔しない
4.深く削れば痛くないので麻酔しない
5.信頼があれば、多少は我慢できるので、麻酔しない

etc.

当院では、無痛で再発を防ぐ治療の方が大切と思います。

患者さんの虫歯は、検査の段階で、どの程度の深さの虫歯なのかを把握しておりますから、最初から麻酔をして、治療の最初から最後まで、無痛治療を致します。

痛くて再発を防ぐレベルの治療と、痛くなくて再発を防ぐレベルの治療では、私は個人的にも痛くない方がいいです。でしたら、皆さんにも痛くない治療をして差し上げたいという事です。



トップへ » アルパーク歯科・矯正歯科の10の思い » 虫歯の無痛治療について » なぜ当院の治療はほとんど痛くないのでしょうか?


コールバック予約

Page Top