トップへ » アルパーク歯科・矯正歯科の10の思い » ラバーダムを使います » ラバーダムの欠点

ラバーダムの欠点

・装着が面倒
・痛い事がある
・費用がかかる

以上がラバーダムの欠点です。

そのために、当院では下の様な工夫をして、日常的にラバーダムを使えるようにしております。

1.「装着が面倒」と「その対策」
ラバーダムを多数の歯に装着するのは、時間がかかり面倒です。これがラバーダム普及を妨げ る最大要因と思われます。歯の数が、1本だけ、ラバーダムの穴が一つなら装着は簡単ですが、ラバーダムにより確保される作業範囲が狭く、かえって邪魔なの です。切削器具、ミラー、吸引器具の3つが、一度に治療領域に入るので、できるだけ広い作業範囲が欲しいからです。

当院では、一度に9本の歯をラバーダムから露出させる方法で行います。この方法は、面倒ですが、ラバーダムをすれば治療がうまくいくのですから、毎回、頑張って装着する以外にありません。

●当院の対策
当院では、色んな工夫をしたおかげで、かなりスムーズに装着できております。詳細は非公開とさせて頂いております。

2.「痛い事がある」と「その対策」
ラバーダムを歯に固定する器具をクランプと言います。
クランプを歯に装着すると、歯の付け根の細くなっている部分にはまり込み、歯茎を圧迫し痛い事があります。

また、クランプが、ラバーの弾力で前方に引っ張られ、クランプが傾く事があります。クランプが傾くと、歯茎に当たって痛む事があります。

クランプの痛みも、ラバーダムの普及を妨げる一要因です。

●当院の対策
当院では、痛くないクランプ装着も工夫しております。クランプを工夫したり、クランプのかけ方を工夫する事により、ほとんどストレスなくクランプの装着が行えます。

3.「費用がかかる」と「その対策」
1回100円程度。根管治療用ですと、薬液漏れ防止のコーキング剤が必要ですから、200円近いと思われます。結構割高です。これもラバーダム普及を妨げる大きな要因と思います。

●当院の対策
1日の患者さんの数を数人に絞る事です。1日の予約数が何十人もあると、30分等のわずかな治療時間になります。わずかな治療時間が原因の進まない治療のた めに、ラバーを消費するのではなく、治療は1回2時間とし、どんどん効率的に進む治療のために、ラバーダムを使うのです。そうすると、ラバー1枚がかなり 有効に使えるので、無駄とは思いません。



トップへ » アルパーク歯科・矯正歯科の10の思い » ラバーダムを使います » ラバーダムの欠点


コールバック予約

Page Top