トップへ » 診療科目 » 根管治療 » マイクロスコープ(顕微鏡)とラバーダムを使った根管治療

マイクロスコープ(顕微鏡)とラバーダムを使った根管治療

画像大

「虫歯が悪化して、歯を抜くしかないと言われた」
「神経を取ったのに、痛みが取れない」
「神経を取っているのに、歯茎が腫れる」
「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」

こんな歯の悩み、トラブルを抱えている患者さんはいませんか?
そんな方にお勧めなのが、「根管治療」とよばれる歯科治療です。
この治療をきちんと行えば、虫歯に侵されてしまった歯を助けることができます。

根管治療で大切なこととは?
根管治療では、「根管内の菌を消毒して数を減らす、可能であれば無菌状態にする」ことが、治療の根幹です。

「無菌=100%菌がいない」という状態ですが、人間のすることに完全がない様に、100%の達成が難しいことはお分かりになると思います。
そのために、当院ではラバーダムを使って菌を遮断し、マイクロスコープ(歯科用の顕微鏡)を用いて隅々まで清掃いたします。



トップへ » 診療科目 » 根管治療 » マイクロスコープ(顕微鏡)とラバーダムを使った根管治療


コールバック予約

Page Top