トップへ » 症例のご紹介 » 「痛い思いをしたくない」

上の奥歯(上顎小臼歯)の無痛麻酔、無痛的治療

今回も無痛麻酔で、痛くなく治療できました。

1.まずラバーダムを装着します
無痛的治療歯と歯の間に、虫歯がありました。

この様な充填処置で、大切なことは、

・内部から再発しない様に、虫歯の取り残しがない。
・外側から菌がしみこまない様に、歯と充填物の間に隙間がないよう、ピッタリつめる。
・お手入れしやすい様に、充填物を歯と連続したなめらかな曲面に仕上げる。

という3点です。9本の歯を、ラバーダムから露出させる方法になります。

次へ
2.虫歯菌(プラーク)の染め出し
無痛的治療歯と歯の間の虫歯がお分かりでしょうか?
赤くなっているのは、プラークを染め出したからです。
この赤く染まったプラークが、歯を虫歯にしていくのです。
治療のたびに、この様にプラークの付着具合をチェックして、患者さんと一緒に観察していくのです。

次へ
3.虫歯の除去
無痛的治療中は虫歯です。虫歯をどんどん除去して、きれいにしていきます。

次へ
4.鉄板で隣の歯を保護
無痛的治療虫歯の除去中です。隣の歯が傷つかない様に、鉄板で隣の歯をガードしてあります。

次へ
5.う蝕検知液
無痛的治療虫歯が残っていないか、う蝕検知液で染め出して、チェックします。

次へ
6.残っている虫歯
無痛的治療奥に黒い部分と赤い部分が残っています。これを除去します。

次へ
7.虫歯の除去完了
無痛的治療虫歯の除去後です。きれいになりました。
これで、内部からの、虫歯の再発は防げるでしょう。

次へ
8.光で固めます
無痛的治療接着剤や、詰め物(コンポジットレジン)を光で固めます。

次へ
9.コンポジットレジン充填後
無痛的治療治療後です。虫歯の穴がどこだか分からなくなる位、自然に治す事ができました。

次へ
10.なめらかな充填
無痛的治療元の歯の部分と、充填した部分が、なめらかにつながっています。
こうする事で、フロスや歯ブラシで、お手入れなさった時、サッとバイ菌が落ち、
虫歯の再発を防ぐ事ができるのです。

今回の治療も痛むことなくできました。


歯医者が苦手でずっと遠ざかっていた

治療前の患者さんの声
症例:歯医者が苦手『歯医者が苦手で遠ざけていたためひどい状態でした。虫歯もたくさんあったし歯茎から出血する事もありました。

長い間放置していたのでひどい虫歯もあり、予想はしていましたが口の中はひどい状態でした。』

次へ
治療前
症例:歯医者が苦手何か所か虫歯がみつかり、歯石も溜まって初期ではありましたが、歯周病も進行していました。

虫歯はラバーダムをしてマイクロスコープを使って精密治療を行い、歯石もマイクロスコープを使って丁寧に除去していきました。

次へ
治療後
症例:歯医者が苦手虫歯治療も済み、歯石もとれてきれいになりました。

あとは歯磨き指導をしっかり行い、正しいお手入れの仕方を患者さんに習得していただきました。患者さんの協力でここまできれいにする事ができました。

次へ
治療後の患者さんの声
症例:歯医者が苦手『体調が悪い時でも歯茎から出血したりする事がなくなり快適です。治療だけでなく、どうして虫歯や歯周病になるのか、どうしたらならなくなるのか教えてもらえたのが一番良かったです。歯磨きやフロスの仕方を丁寧に教わって、これをしっかり続けていけば大丈夫と思うと安心です。

前のように歯や歯茎に不安を感じるのは嫌なので、このままお手入れを続けていきたいです。

歯の事はずっと気になっていたので、思い切ってアルパーク歯科で治療してもらい本当に良かったです。

時間はかかりましたが、長年の悩みから解放されて感謝しています。』


過去の治療があまりにも痛く、歯科医院に通えなくなる

治療前の患者さんの声
症例:痛い思いをしたくない『子供の頃から虫歯の治療をしては虫歯になりの繰り返しで、ずっと痛い思いをしてきました。

14~5年前の前歯のブリッジの治療をしたのですが、その時の治療のあまりの痛さに、歯科医院に通えなくなりました。

それから、歯根の治療をした歯からずっと膿が出たり、歯槽膿漏で骨は下がって歯がぐらつき数本抜けていきました。

喫煙していたせいもあり歯や歯茎の色も黒ずんで歯周ポケットも深く化膿、出血、口臭もきつい、こういう状態の歯が何本もあり、50代にして総入れ歯を覚悟しました。』

次へ
治療前
症例:痛い思いをしたくない過去の治療で噛みあわせに狂いが生じています。いろんな場所に入っている冠も合ってない状態です。歯茎もさがり、歯周病の進行も見られます。

次へ
治療後
症例:痛い思いをしたくない無痛麻酔を行い、安心して治療を受けていただくことができました。

金属が目立っていたお口の中も、治療が進むにつれ白くてきれいな詰め物に変わっていく事で患者さんのモチベーションもあがり、日頃のフロスなどのお手入れをしっかり習得していただき、清潔なお口の状態になりました。

次へ
治療後の患者さんの声
症例:痛い思いをしたくない『ネットで無痛治療とあったので診てもらう事を決心しましたが、本当に来て良かった。いつでも麻酔をしてもらえる安心感で楽に通院できて徹底的に治療して頂き、総入れ歯にならずにすみました。

歯周ポケットも浅くなり、化膿、出血、口臭もなくなって自分の歯で噛める幸せを感じています。

日頃のお手入れも、最初はハブラシやフロスを正しく使う事ができずマスターするまで時間がかかりましたが、毎回優しく丁寧に指導していただいて、今では鏡を見なくてもできるようになりました。

今は県外に異動になってしまい、アルパーク歯科に通えなくなりとても残念です。』


症例のご紹介

「痛い思いをしたくない」  「根管治療が治らない」   「歯ぐきの状態が良くない」
「噛み合わせに問題がある」 「歯・歯ぐきがしみて痛い」 「歯並びが気になる」

顕微鏡を使った虫歯治療・症例ブログ
歯周病治療


カテゴリー一覧

勇気を出して当院にお越しになった方に、
「虫歯から脱出する方法」をお伝えしています。(初診時)

カウンセリング 問診表ダウンロード
外観
〒733-0834
広島県広島市西区草津新町2-26-1
アルパーク東棟8階
電車
JR山陽本線新井口、広電商工センターから徒歩5
アルパーク東棟8階
駐車場2000台(4時間まで無料)
午前 9:30~13:00
午後 14:00~18:00
  • ※休診:
    年末年始、GWやお盆、他臨時休診日以外ありません

トップへ » 症例のご紹介 » 「痛い思いをしたくない」


コールバック予約

Page Top