トップへ » 症例のご紹介 » 「歯・歯ぐきがしみて痛い」

しみていた歯が1回で症状がなくなり、喜んでいただけました

この方は、あちこちの歯が、治療したのにしみるのに悩んで、遠くからお越しになったのです。この様な精密な治療は、マイクロスコープとラバーダムなしでは行えません。

1.虫歯治療には必ずラバーダムをします
歯には必ずラバーダム当院では、虫歯治療をラバーダムなしで行なうことはまずありません。

次へ
2.しみるのはこの歯です
しみる歯と銀歯数か月前に治療した歯なのだそうです。しみる症状がまだ続いておられます。

次へ
3.詰め物(インレー)を外した所
詰め物の下一見、虫歯ではなさそうですが、マイクロスコープで良く調べます。

次へ
4.やはり虫歯が残っていました
赤く染色された虫歯う蝕検知液で虫歯を赤く染め出しますと、大量に虫歯が残っている事が分かります。

次へ
5.虫歯を取り除きます
虫歯を取りますエキスカという、小さなスプーン状の器具で、軟らかくなった虫歯をかきとります。

次へ
6.横にある虫歯も取ります
横の虫歯も取りますマイクロスコープで、色んな角度から虫歯が残っていないか調べて、虫歯を取り除きます。

次へ
7.こんな大きな穴があきました
虫歯を取った所大きな穴の分だけ、虫歯が残っていたのです。こんなに大量に残っていてはいけませんね。

次へ
8.神経の保護(間接覆髄)
歯髄を覆髄しますこの茶色いセメントは、ドックベストセメントという、虫歯から神経を守るのに効果があるセメントです。このセメントで、神経まじかまで迫った虫歯から、神経を守るのです。

次へ
9.様子をみます
インレーの仮着最初の詰め物(インレー)を利用して、仮の蓋として使います。

以上の治療を行いました。マイクロスコープを使い、虫歯が残らない様に、細かく治療します。この様な、確実な治療が、広島で受けられるので、広島近辺の方は通うのも便利です。


歯茎が腫れて、出血する。口臭も気になる

治療前の患者さんの声
症例:歯茎が腫れて、出血する『以前から歯茎の調子が悪く、腫れたり歯磨きをすると出血したりしていました。

口臭も気になるので、将来歯周病で自分の歯がダメになってしまうのではないかと心配していま
した。

歯茎の調子が悪くなる度に近くのかかりつけの歯医者に行っていたのですが、炎症止めの薬をもらって一時的に収まって、また調子が悪くなると腫れてのくり返しで根本的な治療が必要なのではないかと思いました。

もともと歯並びが良くない上に、アマルガムや冠で処置した歯もあり、自分の歯を客観的に見て、汚いなとつくづく思いました。

細かく見ていただくと自分の歯がとても大変な状態にある事に気付きました。』  

次へ
治療前
症例:歯茎が腫れて、出血する歯石が多くついていました。

歯周ポケットの深い部分の歯石まで一度には取れませんので、数回に分けて、丹念に取って行きます。

深い部分の歯石取りでは、痛くない麻酔をします。当院では歯周病の手術をすることはまずありません。手術をせずに治せる方法があります。

次へ
治療後
症例:歯茎が腫れて、出血する歯石をすべて取り除き、歯茎も引き締まりました。病的な深さの歯周ポケットも無くなり、出血もしません。患者さんもお手入れが大変上手になられました。

ぴったり合っていない詰め物、被せ物も、マイクロスコープ下で精度の良い、フロスの引っかからない状態に仕上げました。

次へ
治療後の患者さんの声
症例:歯茎が腫れて、出血する『セラミックの歯を入れていただき、歯が真っ白で光っているみたいでとてもきれいになりました。

治療前とは笑ってもずいぶん印象が違います。歯が綺麗になると、自分に自信が持てますね。
朝起きると口の中がネバついていたのがなくなりました。歯磨きで出血する事もなく、歯茎も腫れなくなりました。

以前の治療の冠があってなかったので、フロスを入れると切れて歯と歯の間に残って苦労していましたが、今は簡単にお手入れできるようになりました。

これだけ丁寧に治療してもらえるなら、この金額は当たり前という気がしました。』


冷たい物がしみる

治療前の患者さんの声
症例:冷たい物がしみる『アイスクリームを食べたり、冷たい飲み物を飲んだりすると強烈に歯がしみていました。

日常のなんでもない時は痛いという事は少なかったですが虫歯があると感じていましたし、このまま放ったらかしにしておくと大変な事になると感じたため通院する事にしました。

自分の口の中を見てみると「汚い」と思いました。フロスの存在を知らなかったのは残念です。』

次へ
治療前
症例:冷たい物がしみる左の奥歯に大きな虫歯があります。これが冷たい物がしみる原因と思われます。

患者さんがおっしゃるとおり、このまま放っておくと大変な事になるところでした。

次へ
治療後
症例:冷たい物がしみるラバーダムで唾液を完全にシャットアウトしてマイクロスコープを使い、精密治療を行いました。
虫歯で穴があいていた所は、他の歯と遜色ないほどぴったりと埋められ段差がないので、細菌の入る隙間がありません。

これでお手入れをしっかり続けていけば、虫歯を作らないお口の状態にする事ができます。

次へ
治療後の患者さんの声
症例:冷たい物がしみる『冷たい物を飲み食いしてもしみなくなったのがとにかくうれしいです。口の中は通院前と比べてサッパリしました。

よその歯医者は子供の時以来行った事がないのでわからないんですが、知り合いなど話を聞くと、アルパーク歯科では痛みが少なく治療していただけると感じました。』


症例のご紹介

「痛い思いをしたくない」  「根管治療が治らない」   「歯ぐきの状態が良くない」
「噛み合わせに問題がある」 「歯・歯ぐきがしみて痛い」 「歯並びが気になる」

顕微鏡を使った虫歯治療・症例ブログ
歯周病治療


カテゴリー一覧

勇気を出して当院にお越しになった方に、
「虫歯から脱出する方法」をお伝えしています。(初診時)

カウンセリング 問診表ダウンロード
外観
〒733-0834
広島県広島市西区草津新町2-26-1
アルパーク東棟8階
電車
JR山陽本線新井口、広電商工センターから徒歩5
アルパーク東棟8階
駐車場2000台(4時間まで無料)
午前 9:30~13:00
午後 14:00~18:00
  • ※休診:
    年末年始、GWやお盆、他臨時休診日以外ありません

トップへ » 症例のご紹介 » 「歯・歯ぐきがしみて痛い」


コールバック予約

Page Top