トップへ » 治療の詳細ご紹介 » 歯周病治療の症例 » ひどい歯周病の治療3 <歯を抜かない・手術しない> 40代 女性

ひどい歯周病の治療3 <歯を抜かない・手術しない> 40代 女性

初診時 H19年2月
症例
奥歯と前歯に歯周病が広がっています。特に右上の奥歯には、8mmの歯周ポケットがあり、かなり重症です。

このままでは、口臭もひどくなるかもしれません。

上の奥歯は、根が3つに分岐していて、そこに8mmの歯周ポケットがあると、治療はかなり難しいものになります。
この方は、虫歯治療は少ないので、歯周治療を頑張ったらいいですね。
次へ

2年後 H27年9月 メンテナンス中
症例
歯を抜かないで、歯周病の手術もしないで、ひどい歯周病の改善ができました。

この方は、上下左右の親知らずがあります。親知らずがあるからといって、全て抜く必要はありません。
周囲の歯の虫歯や歯周病の要因になる場合は、親知らずは早期に抜歯なさった方が、好ましいと思います。
この方の様に、親知らずでも、まっすぐ生えていて、ちゃんと噛むことができて、周囲を汚す原因になっていないなら、親知らずはそのまま使えます。

治療後の写真を見ても、お口の中がとても清潔に保たれているのが分かります。もちろん口臭もありません。ご自身の日頃の努力のたまものですね。素晴らしいと思います。

一部に、4mmの歯周ポケットが残っていますので、継続してメンテナンスを続けていきましょう。



トップへ » 治療の詳細ご紹介 » 歯周病治療の症例 » ひどい歯周病の治療3 <歯を抜かない・手術しない> 40代 女性


コールバック予約

Page Top