トップへ » 症例のご紹介 » 歯周病治療の症例 » ひどい歯周病の治療1 <歯を抜かない・矯正治療併用> 50代男性

ひどい歯周病の治療1 <歯を抜かない・矯正治療併用> 50代男性

初診時 H19年2月
症例
赤い色の歯周ポケットが多く、全体的に歯周病がひどい事が分かります。79%約8割の歯周ポケットが、4mm以上の歯周ポケットである重度な歯周病です。健康な場所は、21%しかありません。4-8mmの歯周ポケットが、前歯も奥歯もお口全体に広がっている事を示しています。
この赤色で示す深い歯周ポケットの意味は、歯の根(歯根)の長さは10数mmですから、歯根の2/3程度が歯周病に侵されているという事です。歯周病がひどいため、口臭もあったと思われます。

治療はとても緊急を要する状態です。早く直さないと多くの歯が歯周病でグラつき、抜けてしまうでしょう。

治療はとても難しくなります。単に歯石を取るだけでは、この様な歯周病は治す事はできません。ご本人さんの歯周病を治したいという強いご意思があったので治療を進める事ができました。噛み合せなどの色んな原因をひとつづつ除去し、結果を見ながら治療を進めていく必要があります。
次へ

7年6か月後 H26年9月 メンテナンス中
症例
歯を抜かずにひどい歯周病を治す事ができました。97.5%の歯周ポケットが、3mm以下の歯周ポケットとなっているという良好な歯茎を得る事ができました。

ご本人様もとても頑張って治療なさいました。治療前と比べるとずいぶん良くなりましたね!!!本当に良かったと思います。

今回の治療は歯茎の手術や矯正も行っています。歯並びの矯正もしてきれいな歯並びになりました。
矯正の意味は、歯並びをきれいにするという事だけではありません。歯にかかる力は、食べ物を噛むだけでなく病気の歯にとっては、歯を悪くする力として、働く事があります。矯正治療は歯にかかる力をできるだけ適正にし、歯周病の改善に重要な役割を果たします。

これでメンテナンスを続けていけば、歯が長持ちするようになったと思いますし、口臭の心配もないと思います。奥歯に一部だけ、4-5mmの歯周ポケットが残っていますので、メンテナンスを続けて、継続管理していきましょう。



トップへ » 症例のご紹介 » 歯周病治療の症例 » ひどい歯周病の治療1 <歯を抜かない・矯正治療併用> 50代男性


コールバック予約

Page Top