トップへ » 症例のご紹介 » 「根管治療が治らない」 » 右下奥歯が痛くて噛めない状態

右下奥歯が痛くて噛めない状態

治療前の患者さんの声
症例:右下奥歯が痛くて噛めない状態『右下奥歯が痛くて噛めない状態でした。20年ほど前に治療した歯が全体的にボロボロになっていました。』

次へ
治療前
症例:痛い思いをしたくない痛くて噛めなかった右下奥歯は、冠がとれて中は大きな虫歯になっていました。

前歯に入っているかぶせ物も歯と歯茎の境目に大きな段差ができて見た目にも、お手入れをする上でも、悪い状態です。

次へ
治療後
症例:痛い思いをしたくない痛かった右下の奥歯をラバーダムとマイクロスコープを使い、精密治療を行い、歯のないところにはブリッジを入れ、上の歯としっかり噛めるようにしました。

歯石を取ってお手入れもしっかりしていただくことで、歯の根っこが露出していても清潔な状態を維持する事が出来ています。

次へ
治療後の患者さんの声
症例:痛い思いをしたくない『痛かった奥歯は噛むことが出来るようになりました。最初は痛みのある歯の処置だけと考えていたんですが、ボロボロ状態だった他の歯も治療を勧められ、結果治療して良かったと思っています。

廃屋のような状態だった口の中が見違えるようになりました。

20年ほど前に全面治療した後は、日常の手入れについては特にアドバイスもなくてそのままにしていたらボロボロ状態になりました。

今回、衛生士さんから日常の手入れについて手ほどきいただいたので、その通りに手入れを怠らないのが長持ちさせることかな、と思っています。』



トップへ » 症例のご紹介 » 「根管治療が治らない」 » 右下奥歯が痛くて噛めない状態


コールバック予約

Page Top