トップへ » 治療の詳細ご紹介 » 「歯ぐきの状態が良くない」 » ブリッジをかけている歯がぐらついてきた

ブリッジをかけている歯がぐらついてきた

治療前の患者さんのお悩み
症例:ブリッジをかけている歯がぐらついてきた
・10年近く前に奥から2番目の歯を虫歯で失ってから、その前後の歯にブリッジをかけていた

・そのブリッジをかけている前の歯がぐらついてきて、なんとか根の治療が可能な歯医者がないかと探していた所、アルパーク歯科に辿り着いた

・以前に他の歯医者で治療を受けた箇所もすべてチェックすると、たくさん虫歯がみつかり、詰め物をした内部から更に奥深くまで虫歯が進行している事がわかった

・このまま知らないで放っておいて、また抜歯という事になるのかと思うとぞっとする

次へ
治療前
症例:ブリッジをかけている歯がぐらついてきたブリッジを含め、保険適応外の白い被せ物が入っている部分も多くありましたが、ぴったり合っておらず、残念ながらフロスも簡単に引っかかってしまう状態でした。

次へ
治療後
症例:ブリッジをかけている歯がぐらついてきた歯石を取る治療を含め、すべての治療でマイクロスコープを使って治療しました。

表面に艶のあるコンポジットレジン(白い詰め物)やセラミックスを用い、フロスをかければ、ツルッとバイ菌が取れる環境に仕上がりました。もちろんフロスはひっかかりません。

残念ながら抜かざるを得ない歯もありましたが、安定した噛み合わせも維持できました。

次へ
治療後の患者さんの状態
症例:ブリッジをかけている歯がぐらついてきた
・結局ぐらついていた歯は根の治療も効果がない程悪化し、抜歯となったが、その後またブリッジをかけ、今は快適に食事ができるようになった

・今までは虫歯になった時に重い腰をあげて歯医者さんに行く傾向があったが、アルパーク歯科は予防保守なので、前向きな通院ができる

・顕微鏡やラバーダムを使用して精密な治療をしていただけるので、信頼性があると思います。

・口の中が清潔になったせいか、以前は舌苔が多かったのですがあまり気にならなくなった

・よく頭痛がしていたのも最近少なくなってきている

※回数・費用など詳しくはこちら




トップへ » 治療の詳細ご紹介 » 「歯ぐきの状態が良くない」 » ブリッジをかけている歯がぐらついてきた


コールバック予約

Page Top