2013年4月11日 « トップへ » 2013年4月16日

2013年4月12日

八重歯が気になる

治療前の患者さんのお悩み
症例:八重歯が気になる
・小学生の時から歯科検診でいつも「噛み合わせ」の項目にチェックが入っていた
・八重歯が2本あったので歯の隙間に食べ物がよくはさまって、口内炎ができていた

・実際に写真や模型で詳しく自分の口の中を見てみて、あまりのひどい歯並びに驚いた

次へ
治療前
症例:八重歯が気になる見た目ばかりでなく、お手入れの大変しにくい状態で、かつ、発音にも悪影響がありました。

顎の大きさに対して歯が入りきっていない極度にアンバランスな状態です。

どうしても数本抜歯をしてスペースを作る必要があります。

次へ
治療後
症例:八重歯が気になる矯正治療を行いました。

左右の奥歯の幅も広がり、発音も改善されました。

とても可愛らしいスマイルとともに、お手入れの行き届いた健康な歯茎、バランスのとれた噛み合わせで、見違える状態に変化しました。

後戻りのしやすい前歯は、フロスの通せるよう工夫した細いワイヤーで固定をしました。

次へ
治療後の患者さんの状態
症例:八重歯が気になる
・歯並びが良くなる事で、全身に影響がある事がわかった

・以前はすぐに肩が凝っていたが、今はほとんど凝る事がない
・口の中も清潔になり口内炎も出来なくなった

・なにより人の顔を気にせず笑えるようになって嬉しい
・ホワイトニングもしてもらって、歯の色が全然違うので驚いている

・矯正するには勇気と時間がいるが、結果は見違えるようになる
・どんどん歯並びが綺麗になるのがわかるので、それにつれて自信もついてくる


※回数・費用など詳しくはこちら


歯茎の腫れと他院で治療した歯の見栄えが悪く口元が気になる

治療前の患者さんのお悩み
症例:歯茎の腫れと他院で治療した歯の見栄えが悪く口元が気になる

・歯茎が腫れて歯磨きするたびに出血

・治療してもすぐ虫歯になるの繰り返し

・他院で治療した前歯は変色して見栄えも悪く、話をする時は口元を隠していた

・このままでは歯が全部抜けてしまうのではないかと思い、腰をあげてアルパーク歯科に来て検査をしたが、自分の口の中の現状を目の当たりにし、予想以上の悲惨さに愕然とし、口の中全体の治療が必要だと思った

次へ
治療前
症例:歯茎の腫れと他院で治療した歯の見栄えが悪く口元が気になる昔治療された詰め物がはずれてしまい、中で虫歯になっている状態です。

他にも詰め物があっていないところに細菌が溜まりやすく、お手入れしにくい状態になっています。

次へ治療後
症例:歯茎の腫れと他院で治療した歯の見栄えが悪く口元が気になるマイクロスコープ下で虫歯を慎重に全部取り除いたあと、白い冠を歯と境目の無いようにセットしました。

これで日々のお手入れもしやすくなると思います。

次へ
治療後の患者さんの状態
症例:歯茎の腫れと他院で治療した歯の見栄えが悪く口元が気になる

・気になっていた前歯が綺麗になり、何より見栄えの悪いこんもりと盛り上がった治療あとが元からの歯のように綺麗な表面になり、口元を隠さなくてよくなった

・腫れていた歯茎も引き締まった

・以前に比べて頭痛や肩こりも軽くなりました

・歯周病、噛み合わせ、ホワイトニングと口の中全体をトータルで治療

・以前の口の中の状態に戻らないように


※回数・費用など詳しくはこちら


しみていた歯が1回で症状がなくなり、喜んでいただけました

この方は、あちこちの歯が、治療したのにしみるのに悩んで、遠くからお越しになったのです。この様な精密な治療は、マイクロスコープとラバーダムなしでは行えません。

1.虫歯治療には必ずラバーダムをします
歯には必ずラバーダム当院では、虫歯治療をラバーダムなしで行なうことはまずありません。

次へ
2.しみるのはこの歯です
しみる歯と銀歯数か月前に治療した歯なのだそうです。しみる症状がまだ続いておられます。

次へ
3.詰め物(インレー)を外した所
詰め物の下一見、虫歯ではなさそうですが、マイクロスコープで良く調べます。

次へ
4.やはり虫歯が残っていました
赤く染色された虫歯う蝕検知液で虫歯を赤く染め出しますと、大量に虫歯が残っている事が分かります。

次へ
5.虫歯を取り除きます
虫歯を取りますエキスカという、小さなスプーン状の器具で、軟らかくなった虫歯をかきとります。

次へ
6.横にある虫歯も取ります
横の虫歯も取りますマイクロスコープで、色んな角度から虫歯が残っていないか調べて、虫歯を取り除きます。

次へ
7.こんな大きな穴があきました
虫歯を取った所大きな穴の分だけ、虫歯が残っていたのです。こんなに大量に残っていてはいけませんね。

次へ
8.神経の保護(間接覆髄)
歯髄を覆髄しますこの茶色いセメントは、ドックベストセメントという、虫歯から神経を守るのに効果があるセメントです。このセメントで、神経まじかまで迫った虫歯から、神経を守るのです。

次へ
9.様子をみます
インレーの仮着最初の詰め物(インレー)を利用して、仮の蓋として使います。

以上の治療を行いました。マイクロスコープを使い、虫歯が残らない様に、細かく治療します。この様な、確実な治療が、広島で受けられるので、広島近辺の方は通うのも便利です。


歯茎が腫れて、出血する。口臭も気になる

治療前の患者さんの声
症例:歯茎が腫れて、出血する『以前から歯茎の調子が悪く、腫れたり歯磨きをすると出血したりしていました。

口臭も気になるので、将来歯周病で自分の歯がダメになってしまうのではないかと心配していま
した。

歯茎の調子が悪くなる度に近くのかかりつけの歯医者に行っていたのですが、炎症止めの薬をもらって一時的に収まって、また調子が悪くなると腫れてのくり返しで根本的な治療が必要なのではないかと思いました。

もともと歯並びが良くない上に、アマルガムや冠で処置した歯もあり、自分の歯を客観的に見て、汚いなとつくづく思いました。

細かく見ていただくと自分の歯がとても大変な状態にある事に気付きました。』  

次へ
治療前
症例:歯茎が腫れて、出血する歯石が多くついていました。

歯周ポケットの深い部分の歯石まで一度には取れませんので、数回に分けて、丹念に取って行きます。

深い部分の歯石取りでは、痛くない麻酔をします。当院では歯周病の手術をすることはまずありません。手術をせずに治せる方法があります。

次へ
治療後
症例:歯茎が腫れて、出血する歯石をすべて取り除き、歯茎も引き締まりました。病的な深さの歯周ポケットも無くなり、出血もしません。患者さんもお手入れが大変上手になられました。

ぴったり合っていない詰め物、被せ物も、マイクロスコープ下で精度の良い、フロスの引っかからない状態に仕上げました。

次へ
治療後の患者さんの声
症例:歯茎が腫れて、出血する『セラミックの歯を入れていただき、歯が真っ白で光っているみたいでとてもきれいになりました。

治療前とは笑ってもずいぶん印象が違います。歯が綺麗になると、自分に自信が持てますね。
朝起きると口の中がネバついていたのがなくなりました。歯磨きで出血する事もなく、歯茎も腫れなくなりました。

以前の治療の冠があってなかったので、フロスを入れると切れて歯と歯の間に残って苦労していましたが、今は簡単にお手入れできるようになりました。

これだけ丁寧に治療してもらえるなら、この金額は当たり前という気がしました。』


冷たい物がしみる

治療前の患者さんの声
症例:冷たい物がしみる『アイスクリームを食べたり、冷たい飲み物を飲んだりすると強烈に歯がしみていました。

日常のなんでもない時は痛いという事は少なかったですが虫歯があると感じていましたし、このまま放ったらかしにしておくと大変な事になると感じたため通院する事にしました。

自分の口の中を見てみると「汚い」と思いました。フロスの存在を知らなかったのは残念です。』

次へ
治療前
症例:冷たい物がしみる左の奥歯に大きな虫歯があります。これが冷たい物がしみる原因と思われます。

患者さんがおっしゃるとおり、このまま放っておくと大変な事になるところでした。

次へ
治療後
症例:冷たい物がしみるラバーダムで唾液を完全にシャットアウトしてマイクロスコープを使い、精密治療を行いました。
虫歯で穴があいていた所は、他の歯と遜色ないほどぴったりと埋められ段差がないので、細菌の入る隙間がありません。

これでお手入れをしっかり続けていけば、虫歯を作らないお口の状態にする事ができます。

次へ
治療後の患者さんの声
症例:冷たい物がしみる『冷たい物を飲み食いしてもしみなくなったのがとにかくうれしいです。口の中は通院前と比べてサッパリしました。

よその歯医者は子供の時以来行った事がないのでわからないんですが、知り合いなど話を聞くと、アルパーク歯科では痛みが少なく治療していただけると感じました。』


噛み合わせが悪く苦労していた

治療前の患者さんの声
症例:噛み合わせが悪く苦労していた『歯並びが悪かったので、噛み合わせが悪くて苦労していました。

歯磨きもしづらかったので、汚れが溜まりやすかったです。検査結果をみてみると、とても芳しくないと思いました。

今まで放置した事を後悔しました。』

次へ
治療前
症例:噛み合わせが悪く苦労していた特に前歯が窮屈で、見た目だけでなく噛み合わせも良くなく、犬歯が本来の機能を果たしていない状態でした。

次へ
治療後
症例:噛み合わせが悪く苦労していた上下の犬歯がしっかりと嚙み合い、全体的に噛み合わせが安定しました。

歯磨きのお手入れもやりやすくなり、お口の中の環境が大幅に改善されました。

次へ
治療後の患者さんの声
症例:噛み合わせが悪く苦労していた『矯正治療中に痛いと感じる事は全くありませんでした。

抜歯をした時も痛みを感じず、とてもスムーズに済んだ事を覚えています。

歯が動く事による痛みと、矯正装置がつく事で歯磨きのしづらさに苦労しましたが、こればかりは
しょうがないと思いました。

噛み合わせが改善された事により、食事も歯磨きもストレスを感じなくなりました。なにより歯並びが綺麗になった事で今まで気にしてきた事がなくなり、気持ちが楽になりました。』


他院でのブリッジ治療の後から噛み合わせの不具合

治療前の患者さんの声
症例:他院でのブリッジ治療の後から噛み合わせの不具合『他院でブリッジの治療をしてから噛み合わせがしっくりこなくなり、肩こりや顎の痛みなどの症状が出るようになりました。

過去の歯の治療では頬の粘膜を噛んだまま被せ物を入れて、痛みだしてから気づいて治療し治したり、ブリッジの不具合を訴えてもなかなか分かってもらえず何もしてもらえなかったりが続いて、治療に対して不信感を持つように。

アルパーク歯科に来て口の中が詰め物だらけで恥ずかしかったんですが、先生に「良くなるよ」と言われて、少し不安だったけど希望が持てるようになりました。』

次へ
治療前
症例:他院でのブリッジ治療の後から噛み合わせの不具合数々の治療を受けてこられ、歯科治療に対して、いろいろな思いを持っていらっしゃいました。

先生が忙しく、話を聞いてもらえない歯科医院が多いようです。

次へ
治療後
症例:他院でのブリッジ治療の後から噛み合わせの不具合患者さんの思いを一緒に解決していきました。

一つ一つの被せものの適合はもちろんのこと、前歯も含め、全体的な噛み合わせが改善されました。

次へ
治療後の患者さんの声
症例:他院でのブリッジ治療の後から噛み合わせの不具合『ブリッジの高さがなかなか合わず、半ばあきらめる気持ちになりましたが、先生が納得いくまで何度も作り直してくださって感謝です。

おかげで安心しておまかせすることができました。

思ったより治療期間が伸びてどうなる事かと思いましたが、最後まで根気よく丁寧に治療してくださったので自分も頑張ろうと思いました。

治療後は右の肩こりがひどかったのが首もまわるようになり楽になって、顎がよくだるくなってガクガクいっていたのがなくなりました。

歯周ポケットも浅くなり、見た目もずいぶんきれいになって、自分でも健康になったと実感できました。』


しばらく歯科医院に通わないうちに差し歯が取れた

治療前の患者さんの声
症例:しばらく歯科医院に通わないうちに差し歯が取れた『虫歯になっても通院できるような時間的な余裕がなく、かなり進行してから通院していました。

検査結果で自分の口の中の現状を見て、初めての事で正直驚きましたが、先生の説明をうかがっているうちに少しずつ冷静さを取り戻し、現実を直視できるようになりました。』

次へ
治療前
症例:しばらく歯科医院に通わないうちに差し歯が取れた前歯の噛み合わせも均等ではなく、負担のかかる差し歯がよく取れてしまう状態でした。

左側の奥歯で十分に噛める状態ではありませんでした。

次へ
治療後
症例:しばらく歯科医院に通わないうちに差し歯が取れた前歯の噛み合わせも均等になりました。

左側の奥歯もブリッジで噛み合わせを作り直し、全体的にバランスの取れた状態になりました。
歯茎も非常に引き締まっています。

次へ
治療後の患者さんの声
症例:しばらく歯科医院に通わないうちに差し歯が取れた『噛み合わせ等大変良好で、歯も白くなり快適です。

通常の歯科医院であれば、単に目前の治療を行うのみでした、今の状態になった原因を説明していただき、治療方針、スケジュール等も明確にしていただいて今回自らの生活習慣を見直すきっかけを作っていただき感謝しています。』


小さな虫歯を作っては治療しての繰り返し、日頃の癖で顎に痛みや音が 

治療前の患者さんの声
症例:日頃の癖で顎に痛みや音が『昔から痛みが出た時だけ歯医者さんにかかっていたため、その度に歯を削って詰め物をする、その繰り返しでした。

いつも朝起床後の口の中がとても気持ち悪かったです。

仕事のストレスから頬杖や食いしばり癖がひどくなり、右の顎が「カクッ」と音がする事がしばしばあって、あくびをするのも、そーっとやらなくてはいけない、辛い状態でした。』

次へ
治療前
症例:日頃の癖で顎に痛みや音が治療の繰り返しにより、噛み合わせに狂いが生じていました。

前歯の噛み合わせも、微妙に噛んでいませんでした。長年の歯石も多く付いていて、歯茎に腫れが見られました。

お手入れも決して上手とは言えない状態でした。

次へ
治療後
症例:日頃の癖で顎に痛みや音がぴったり合っていない被せ物のやり直しと、全体の噛み合わせの微調整を行いました。

前歯もしっかりと噛みあう状態になり、顎関節の症状も改善されました。また、お口の健康な状態を保つお手入れの仕方をマスターされ、歯茎も健康的な状態に仕上がりました。

次へ
治療後の患者さんの声
症例:日頃の癖で顎に痛みや音が『治療が進んでいくごとに頬杖などの癖がなくなり、次第に顎の痛みが消えていって、今ではすっかりなくなってしまいました。

噛み合わせがこんなに大事だと思いませんでした。

今までいかに無知なまま治療を受けていたのかと痛感しました。知識が無い為正しく治療されているか考えた事もありませんでした。

歯も白くなって歯茎もきれいなピンク色となり、笑顔に自信が持てます。』



2013年4月11日 « トップへ » 2013年4月16日


コールバック予約

Page Top