トップへ » 医院について » 理事長紹介・経歴

自由診療のアルパーク歯科だからできること

理事長あいさつ
歯医者さんと1時間以上も相談できる医院はほとんどないと思います。先生に症状を言ってもわかってもらえない。何度治療しても治らない。保険の治療に疑問がある。今度はちゃんとした治療がしたい。など、色んなお話をじっくり相談できます。

お話だけでも結構です。ご安心ください。なんでも話せますから、心のモヤモヤを解消してくださいね。

理事長あいさつ画像小こんなエピソードがありました
歯が痛いので、歯医者に行っても、「虫歯ないですよ」といわれて困っている患者さんがいました。30前半の女性で、ずっと痛みが続くので、だんだん神経が参ってきて。ストレスで子供さんにも優しくできなくなって、塞ぎこんで引きこもりがちになっていたそうです。

ある日、当院へご来院いただくと、なんと歯の内側に6カ所も虫歯があったのです。患者さんが「痛い」と言っているのに、短い時間でパッと診察して、「問題がない」という歯科医師もいるのだなと驚いたものです。

理事長あいさつ画像小治療を終えられた患者さんは、うれしそうに帰っていかれました。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。


自由診療と保険診療の違いとは?

理事長あいさつ自由診療と保険診療の違いは、端的にいうと「精密さ」です。当院では、ひとりの患者さんと向き合って、ご相談から治療、治療後のメインテナンスまで、時間をかけた治療を行わせていただきます。

しかしながら、「自由治療での治療」といっても、歯科医院によってはクオリティが低いケースははざらにあるものです。

そんな治療は、治療費が高いだけで自由診療と呼べないと思うのです。要は、治療に使う素材が違うだけで、治療の中身は変わらないからです。


では、「本当の自由診療」とは、一体なんなのでしょう?

理事長あいさつでは、「本当の自由診療」とは、一体なんなのでしょう?

虫歯治療を例に上げてみます。当院の虫歯治療の違いは、「内部に全くといっていいほど虫歯が残っていない」という点です(本当は『全く』と言いたいところなのですが、医療ですから100%とは言い切れないのが残念です)。

なぜこんなことができるのかというと、当院の虫歯治療では、う蝕検知液とマイクロスコープ(歯科用の顕微鏡)を用いた治療を行うため、歯と詰め物がピッタリと合っているからです。

セメントが解け出して、菌が染みこんでしまう、ということはほとんどありません。治療後はフロスをやっていただければ、サッと菌が落ちるので虫歯になりにくくなります。治療後に歯の健康を長く保つことができるのも、大きなメリットなのです。

高い精度の治療を行うためには、集中力が大切
患者さん1人の治療に2時間ほどかけて、真剣に歯科治療をするのは、寿命が縮まるくらい大変です。だからこそ、皆さんに納得していただける治療をご提供できると信じています。

「よく集中力が持ちますね」「先生の息遣いが聞こえてくるので、大変さが分かります」と言っていただけることも多いですね。

ぜひ、お気軽にご相談ください!
初診時のお帰りの時、「来てみてよかったですか?」と伺いますと、ほぼ100%の方が「来てよかったです!」とおっしゃって頂けています。

「本気で歯を治したい方」
「他院での治療で満足できなかった方」
「何度治療しても、治らないという方」
「歯医者がどうしても怖いという方」

ぜひ、当院までご相談ください。あなたに合ったオーダーメイドの治療で、最高の笑顔を取り戻して見せます!


理事長長プロフィール

アルパーク歯科・矯正歯科/理事長:亀田浩司アルパーク歯科・矯正歯科/理事長:亀田浩司

平成元年卒 長崎大学歯学部
広島大学歯学部 第2補綴科勤務後、
平成5年 11月当院にて開業
平成25年 医療法人になりました。
平成26年 海外支援の為、長期日本から離れております。

日常の事はスタッフから報告を受けていますよ~。
こちらは日本とそんなに時差がありません。
今は詳しい報告は控えさせて頂きますが、近いうちに胸を張って報告致しますね!遠い空の下、頑張っています。

幸いにも医院をしっかり見つめてくれる院長の亀田麻紀子先生と、素晴らしい勤務医にも恵まれ、やる気に満ちたスタッフが医院を引っ張っていってくれているので、私は安心して・・・いえ、彼ら彼女らのパワーに負けぬよう頑張っています。
万が一、至らぬ点などございましたら、院長にお申し付け下さいね。

アルパーク歯科・矯正歯科/理事長:亀田浩司アルパーク歯科・矯正歯科/理事長:亀田浩司

歯科が恐い方でも治療できるよう、皆様が虫歯や歯周病から解放されるよう、やさしくハイレベルの治療を行います。

・日本補綴歯科学会
・歯列育形成研究会
・日本ヘルスケア歯科研究会

趣味について
ピアノを弾くのが好きです。
よい気分転換になります。
でも、練習時間がありません(笑)。
元々はクラシックピアノをやっていたのですが、ポピュラーピアノに転向。
エレピで、ポップス、ポール・モーリアなどを弾いています。

また、市民レガッタにも参加していました。
レガッタとは、5人乗り手漕ぎボートの競技です。
毎年5月に、太田川放水路で行われます。
平成9年には優勝した経験もあります。
ずい分前のお話しですね・・・。

少し恥ずかしいですが(笑)、演奏を披露します
●ピエトロ・マスカーニの「カヴァレリアルスティカーナ間奏曲」を弾いてみました。
オーケストラでの演奏は、もっとゆっくりで素晴らしいです。
今回は、ピアノなので、この程度のテンポで弾いてみました。

●ポールモーリアの「ノクターン」
エレピの、「ピアノ+ストリングス」で弾いてみました。
古いのですが、大好きな曲です。(1分)

●バッハの「主よ人の望みの喜びよ」
エレピの、「ハープシコード+ストリングス」で。(1分)

●バッハの「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」
エレピの、「パイプオルガン」で。(1分)

座右の銘
「良い歯になると、気持ちが変る。気持ちが変れば、人生が変る」......
良い歯になることは難しくありません。
ぜひあなたも、当院で良い歯を目指してみませんか?


カテゴリー一覧

勇気を出して当院にお越しになった方に、
「虫歯から脱出する方法」をお伝えしています。(初診時)

カウンセリング 問診表ダウンロード
外観
〒733-0834
広島県広島市西区草津新町2-26-1
アルパーク東棟8階
電車
JR山陽本線新井口、広電商工センターから徒歩5
アルパーク東棟8階
駐車場2000台(4時間まで無料)
午前 9:30~13:00
午後 14:00~18:00
  • ※休診:
    年末年始、GWやお盆、他臨時休診日以外ありません

トップへ » 医院について » 理事長紹介・経歴


コールバック予約

Page Top