トップへ » 医院について » 当院の滅菌スタッフ » 私たちが アルパーク歯科・矯正歯科の滅菌係です

私たちが アルパーク歯科・矯正歯科の滅菌係です

滅菌対策
私たちは、こんなに多くの人数で、滅菌処理を行ってます。
みなさまを、病気の感染から守るためです。


2014年5月18日付読売新聞に「歯を削る機器7割使い回し」と掲載されました。
滅菌対策

ハンドピース(タービン、5倍速コントラ)で歯を削ると、タービンのスプレー飛沫が周りに飛び散ります。
ハンドピース本体にも菌が付着するので、毎回滅菌を必要としています。

機器を介して患者様に感染する恐れのあるHIV、B型肝炎などがあります。

患者様の中には
・無症候キャリアといってご自分で感染を知らない方
・病気に感染しても潜伏期間中で、発病していないので分からない方
・感染している事を秘密にしておきたい方

このような方々は問診では気付けません。ですから器具に付着した唾液や血液に潜んでる可能性のあるウィルスから患者様や、ご家族を守り、また院内感染の予防が大切なのです。

院内感染とは医療施設において、患者様や医療従事者が細菌やウイルスに感染することです。院内感染は直接人から人へまた医療機器を介して感染します。
このため院内予防対策は医療従事者として、真摯に取り組む必要があります。

当院では、感染の可能性の有無に関わらず、全ての患者様の血液や唾液は、全て感染性を有するものとして考える「スタンダードプレコーション」という概念に基づいた感染対策に取り組んでおります。




トップへ » 医院について » 当院の滅菌スタッフ » 私たちが アルパーク歯科・矯正歯科の滅菌係です


コールバック予約

Page Top