«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 麻酔をすると、心臓がドキドキするのですが・・・。 | メイン | 無痛が難しい「下の大臼歯」も、可能な限りの無痛治療。 »

2012年4月15日

歯と歯の間の虫歯、無痛麻酔と痛くない治療。 下顎小臼歯。

治療例を、ご紹介しましょう。

まずラバーダム

ラバーダム

今回も、歯と歯の間の虫歯の治療です。
歯と歯の間の虫歯が多いですね。
多くの方に、歯と歯の間という、見えない所に虫歯があります。
これを克服しなければ、虫歯の完治はないのです。
この様な治療は、歯科治療が恐い方でも、大丈夫です。

まず、ラバーダム。9本の歯を露出する方法です。

鉄板で、隣の歯を保護

隣の歯が傷つかないように

虫歯を削る際、隣の歯が傷つかない様に、鉄板を入れて、隣の歯を保護します。

隣の歯にも虫歯あり

後ろの歯にも、虫歯がありました。

鉄板を外した所。隣の歯にも虫歯がありました。

歯科用顕微鏡下で、虫歯の除去

虫歯を除去します。

虫歯を除去します。
上の写真は、院長が治療中見ている顕微鏡の映像、そのままです。
詳しく見えるでしょう。

コンポジットレジンの充填

細い器具で慎重に詰めていきます

細い器具で、慎重に詰めていきます。

わずかな充填で済みました。

きれいに詰め終わりました。

きれいに充填できました。
このように、見えやすい時に、治療すると、小さな充填で済み事が多いのです。
予定の、手前の歯を、充填してしまうと、今充填した部分は、見えなくなってしまいます。
後から治療しようとすると、歯の上から穴を開けて、余分な歯の部分も削らないといけないのです。

接着剤を塗ります。

接着剤を塗ります

今度は、手前の歯のコンポジットレジン充填に移ります。
接着剤を塗ります。

壁を作ります。

マトリックスを巻きます

コンポジットレジンがはみ出さないよう、壁(マトリックス)を巻きつけます。

コンポジットレジンの充填

慎重に詰めていきます

慎重に詰めていきます。
外側は硬いコンポジットレジンで。
内部は、流動性のあるレジンで、充填をどんどん進めます。

光で固めます。

コンポジットレジンを光で固めます。

光重合といいます。

なめらかな充填 治療後

治療後

治療後です。
きれいに充填できました。

※回数・費用など詳しくはこちら

長持ちするレジン充填のコツ

大切なポイント3つ。

・内部の虫歯の取り残しはありません。
・外側も、きっちりと隙間なく充填できていますので、外側から菌が侵入する事は少ないでしょう。
・フロスなど、お手入れしやすい、なめらかな曲面で充填ができています。

このような治療ができますと、日頃のお手入れを頑張っていただけますと、歯が長持ちすると思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/498

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。