«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 無痛が難しい「下の大臼歯」も、可能な限りの無痛治療。 | メイン | ラバーダムの利点 »

2012年4月15日

出来る限り痛みを抑えた無痛麻酔で虫歯治療できました。上顎前歯。

よくある前歯の虫歯です。今回も、無痛麻酔が可能でした。

まずラバーダムです。

ラバーダムです

上の前歯は、麻酔が良い効く場所ですから、ほとんどの場合、無痛で治療ができるものです。
虫歯治療は、まず、ラバーダムを装着から始まるのが正式な方法です。
当院のラバーダムは、特に工夫した方法で、一度に9本の歯を、ラバーから露出させます。
当院のラバーダム装着方法は、以下の2つがあります。

・虫歯治療の、9本連続して露出する方法。
・根管治療の、1本のみの露出する方法。

虫歯治療では、いつも9本連続露出法です。
案外シンプルな方法で、クランプ(ラバーダムを歯に固定する金属の部品)は、1つで済みます。
毎日用いる方法ですから、シンプルで簡単な方法がよく、クランプは同じ種類のもので済み、ラバーダムの穴もあらかじめ開けられています。

プラークの染め出し

プラーク(虫歯菌)を赤く染めてみます

プラーク(虫歯菌)を、赤く染めだす液をつけてみます。

これを、水で洗い流すと、掃除できていない、歯に付着しているプラークが、赤く着色されて、見えるのです。

プラークの付着と不適合充填物

歯と歯の間に、不適合充填物と虫歯があります

割とよくお手入れされています。
歯と歯の間は、プラークの赤色が残っており、ちょっとおしいですねー。
左側の歯と歯の間に虫歯と、不適合な充填物(コンポジットレジン)があります。
ここに、フロスをかけると、フロスが充填物の不適合部分に引っ掛かって、切れてしまいます。
お手入れできないという点を改善するために治療します。

虫歯の除去

虫歯などをきれいに除去しました。

虫歯や、不適合充填物を除去した所です。
歯と歯の間を押し広げて、治療しやすい様にしています。
これを歯間分離といいます。
ご安心ください。麻酔が効いていますから、痛くありませんよ。

コンポジットレジンの充填

コンポジットレジンを充填しています

コンポジットレジンンのペーストを慎重に充填しています。
ここで歯とコンポジットレジンとの間に、隙間が空いてしまうと、治療の価値はありません。

治療後 なめらかな充填

充填終了です

きれいに充填できました。
フロスをかけて調べても、全くフロスは引っ掛かりません。
歯と充填物が移行的に充填されているという事です。
段になったり、ガタツキがあったり、隙間があったりしていないという事です。

歯冠分離器の除去

歯間分離器を外します

歯間分離器を外します。広げられていた歯と歯の間の隙間は、元に戻りました。

いかがですか?この充填。
なめらかで、掃除をすると、サッとプラークが落ちる、そんな清潔が保てる充填だと思います。
お手入れして頂くと、この歯も長持ちすると思います。

※回数・費用など詳しくはこちら

上の前歯は、麻酔がよく効く場所です。
出来る限り痛みを抑えた無痛治療をする事ができます。
2時間以内に治療は終わりました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/500

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。