«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯が割れた マイクロスコープで治療する 広島の歯医者 | メイン | 歯にひび マイクロスコープで治療できる 広島の歯医者 »

2012年6月22日

6台のマイクロスコープがある 広島の歯科

当院は、6台のマイクロスコープを使う、広島の歯科医院です。

6台のマイクロスコープをご紹介いたします。
最初は2台だったのですが、精密治療のご要望が強く、全スタッフにも設置せざるを得ませんでした。

1、6台の歯科用マイクロスコープ その1

歯科用マイクロスコープ1

1番目のチェアのマイクロスコープです。

2、6台の歯科用マイクロスコープ その2

歯科用マイクロスコープ2

2番目のチェアについているマイクロスコープです。

3、6台の歯科用マイクロスコープ その3

歯科用マイクロスコープ3

3台目のチェアについているマイクロスコープです。

4、6台の歯科用マイクロスコープ その4

歯科用マイクロスコープ4

4台目のチェアについているマイクロスコープです。

5、6台の歯科用マイクロスコープ その5

歯科用マイクロスコープ5

5台目のチェアについているマイクロスコープです。

6、6台の歯科用マイクロスコープ その6

歯科用マイクロスコープ6

最後の6台目のチェアについているマイクロスコープです。

7、歯科用マイクロスコープ まとめ

以上の様な、6台のマイクロスコープを使って、精密治療を行っています。 操作性、メンテナンスを統一する必要があり、ドイツのカールツアイス・ピコモラーという機種です。

マイクロスコープは、操作が簡単、よく見えるというのが最低条件。さらに、写真やビデオが簡単に撮れなければなりません。
レンズが優秀で、明るく、色のにじみがなく良く見えます。アームが強く、安定性があり、これも良く見える事につながっています。

院長の私は、残された歯科医人生を、ずっとこのマイクロスコープを見て過ごします。

8、マイクロスコープを使った、精密歯科治療について

皆様のご期待に応え、以上6台ののマイクロスコープを設置しました。 スタッフ全員が精密な治療を行っています。

たとえば、虫歯の治療です。
できるだけ、再発を防ぐ治療をしたいのです。そのためには、詳細に見たいので、マイクロスコープによる拡大が必須です。

8-1、よくある銀歯です。

虫歯と銀歯

この様な銀歯は、皆様のお口に沢山あると思います。
詰め物が、歯の長持ちに役立つ3大ポイントです。

・内部に虫歯は残っていないでしょうか?
・銀歯と歯の境目は、密封されているでしょうか?
・歯ブラシやフロスでお手入れしたら、サッと菌が落ちるなめらかな曲面になっているでしょうか?

(歯と歯の間にフロスをかけた時、フロスがが切れたり引っ掛からないのは最低条件です)

8-2、銀歯を外すと、虫歯です。

銀歯の下は虫歯

よく見ますと、銀歯の周囲全部が黒くなり始めています。これでは、虫歯が全周から始まっているという事です。このままでは、銀歯も、この歯も、長くは持たないと思います。

ほとんどの銀歯は、念のため外してみますと、たいていこの様な虫歯になっている事が多いのです。残念ですがしょうがありません。

8-3、虫歯を除去します。

虫歯を除去します

この器具の先端、丸い部分が削れる部分です。直径は1mm以下、0.8mm程度です。
なるべく歯を削らない様に、こんな小さな器具(ダイヤモンドバー)を使います。
小さいので、肉眼ではとても見えにくいのです。
マイクロスコープを使うからできる治療である事がお分かりでしょうか。

8-4、コンポジットレジンを充填します。

コンポジットレジン充填です

コンポジットレジン充填をします。
もちろん内部の虫歯は、きれいに除去した後です。
コンポジットレジン充填がよいと言っているのではないのですよ。コンポジットレジン充填であっても、歯の長持ちに貢献できていない充填を、沢山お見受けします。
8-1で申し上げた、歯が長持ちする治療をしましょうということです。

8-5、コンポジットレジン充填の完了。

きれいなコンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填部は光ってなめらかな表面です。
外から、唾液や菌が浸み込む隙間もありません。
歯ブラシなどでお手入れなさると、サッとプラーク・菌が落ちます。これなら、歯が長持ちしそうですね。

もちろん、フロスが切れたり、引っ掛かったりしません。

9、アルパーク歯科・矯正歯科では、常時マイクロスコープを使った、精密治療をしています。

広島のアルパーク歯科・矯正歯科では、毎日、毎回の治療、すべての皆様に、このレベルの治療を行っております。

2時間ずっとマイクロスコープを見ながら、一生懸命に治療しています。
常時、マイクロスコープを見ながら治療できる環境の歯科医は、そうはいないと思います。

保険などの経済状況が、マイクロスコープの常時使用を困難にします。顕微鏡の画像に船酔い状態になり、気分が悪くて、マイクロスコープを使えない方もいらっしゃいます。6台ものマイクロスコープが常時使用できるのは、とてもまれなラッキーな事だと思います。

マイクロスコープを使った治療は、「保険と同じレベルの治療を時間をかけてやる」というのではありません。
上述しました様に、保険とは全くレベルの違う、とても高い技術の治療ができるという事です。

もし、虫歯などでお悩みなら、
広島でマイクロスコープを常時使って治療する、
アルパーク歯科・矯正歯科に、ご相談ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/507

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。