«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 矯正治療前の虫歯 マイクロスコープで治療する 広島の歯科 | メイン | 歯科衛生士さんの求人 募集 広島市のアルパーク歯科・矯正歯科 »

2012年7月26日

変色した詰め物をきれいにマイクロスコープで治療できる 広島の歯科

詰めた当初はきれいに見える白い詰め物(コンポジットレジン)も、
詰め方が雑で段差があったり、うまく歯に接着できていないなど、何かしらのエラーがあると、詰め物の周りが変色したり、隙間から虫歯になったり、詰め物ごと取れてしまう場合もあります。

今回は、歯の付け根に詰められている変色したコンポジットレジンを、詰め直した症例です。

1、ラバーダムを装着します。

矢印の歯の付け根部分2か所を治療しますので、ラバーが邪魔にならないように工夫しました。

湿気の多いお口の中から隔離された、利点の多い良い環境になりました。

2、詰め物に変色と大きな段差があります。

段差に汚れ(歯垢)がたまりやすく、歯肉にとっても良くない状態です。

3、染め出しをして汚れを確認します。

入念に歯磨きをして来られていても、段差の汚れは取れていません。

 4、詰め物を慎重に削っていきます。

5、う蝕検知液を何度も使って、虫歯もすべて取り除きます。

虫歯を染める赤い染色液(う蝕検知液)です。

 6、古い詰め物や虫歯のない、きれいな状態になりました。

茶色い部分は、う蝕検知液の染まらない健全な象牙質で、虫歯ではありません。

7、付け根に覆いかぶさっている歯肉を絹糸で圧排します。

肝心な歯と詰め物のつなぎ目が歯肉で覆われているので、このまま詰めるとどうしても段差ができてしまいます。歯と歯肉の間にある溝(歯肉溝)に絹糸を入れて、歯肉を少し押し広げることで、境界がわかりやすくなります。(歯肉圧排)

この手間が、詰め物が長持ちするかどうかのポイントにもなります。

もちろん麻酔していますので痛みなくできます。

8、コンポジットレジンを詰めていきます。

フローのコンポジットレジンで象牙質をしっかり覆ったあと、ペーストのコンポジットレジンを詰めていきます。

 9、筆も使って付け根もつなぎ目も段差がないように慎重に整えます。

10、光で固めます。(光重合)

11、きれいに仕上がりました。

付け根の部分も段差なく仕上がりました。

このようにマイクロスコープを使って、手間と時間をかけて丁寧に治療すると、詰め物も長持ちします。

※回数・費用など詳しくはこちら

詰め物が長持ちするということは、歯も歯肉も長く健康でいられるということです。
詰めてはまたダメになり頻繁に治療を受けるという、負のサイクルから脱却できます。

このような、精密な治療をご希望の方は、アルパーク歯科・矯正歯科までどうぞ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/518

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。