«  2012年9月30日 - 2012年10月 6日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2012年9月30日

取れた白い詰め物を、ラバーダムをして治す 広島の無痛歯科 アルパーク歯科です。

広島の当院では、麻酔から治療終了まで、無痛で治療を行うことができます。
すべての操作に必要十分な時間を確保し、独自に研究した方法で無痛治療を可能にしています。

今回の治療例も、患者さんは最初から最後まで痛みを感じることなく終えられました。
いつも通り無痛麻酔を行ったあと、ラバーダムを装着して万全の状態で治療を行っています。

1.白い詰め物が一部分取れた状態です。

染め出し液を塗って、洗い流しました。

2.白い詰め物をすべて取り除きました。

白い詰め物の下に、虫歯が残っていました。ピンポイントで虫歯を削ります。


3.う蝕検知液で、虫歯が残っていないことを確認しました。


何も染まらない、きれいな状態になりました。

4. 新しく白い詰め物(コンポジットレジン)を詰めていきます。

今回のように、小さく浅い穴は、コンポジットレジンで治すのが最適だと思います。 セレックなど、セラミックスの詰め物で治す場合には、もう少し穴を広く深く削ってセラミックスの厚みを確保する必要が出てきます。歯の治療も適材適所です。

流れの良いフローのコンポジットレジンで象牙質を一層覆ったあと、硬めのペースト状のコンポジットレジンを詰めていきます。
流れの良いフローのコンポジットレジンで象牙質を一層覆ったあと、硬めのペースト状のコンポジットレジンを詰めていきます。

5.当院での詰め物治療は、ただ単に穴を埋めるだけではありません。

天然の歯には食べ物を噛み砕きやすいように、山と谷があり、溝があります。それを繊細な操作で再現していきます。
天然の歯には食べ物を噛み砕きやすいように、山と谷があり、溝があります。それを繊細な操作で再現していきます。

6.当院での詰め物治療には、隙間、段差は厳禁です。

隙間や段差は、虫歯の再発につながります。当院では厳しい治療基準を定めています。
隙間や段差は、虫歯の再発につながります。当院では厳しい治療基準を定めています。

マイクロスコープで常時見ながら治療しているからこそ可能な治療基準です。

7. 白い詰め物で、自然な歯の機能を回復しました。

このようにラバーダムをして乾燥した状態で、確実なステップで詰め物治療を行なえば、必ず歯は長持ちします。
このようにラバーダムをして乾燥した状態で、確実なステップで詰め物治療を行なえば、必ず歯は長持ちします。


※回数・費用など詳しくはこちら

精度が高く、長持ちのする治療を実践する歯科をお探しの方は、広島のアルパーク歯科・矯正歯科まで、お気軽にお問い合わせください。

« 2012年9月16日 - 2012年9月22日 | メイン | 2012年10月 7日 - 2012年10月13日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。