«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« ほぼ痛くない虫歯治療 コンポジットレジンで治す 広島の歯医者 | メイン | 取れた白い詰め物 ラバーダムをして治す 広島の無痛歯科 »

2012年9月19日

神経を取らない 広島の歯医者 アルパーク歯科です。

虫歯が大きいことを理由に、無条件に生きている神経を取ってしまう歯医者さんも多いようですが、間接覆髄法を丁寧に行えば、大きい虫歯でも神経を取らないで治すことができます。

1. 広島の当院が実践している、間接覆髄法の一連の流れです。

痛くない麻酔のあと、ラバーダムを装着しています。

穴の中に広がる虫歯が、黒っぽく透けて見えています。
穴の中に広がる虫歯が、黒っぽく透けて見えています。

2.顕微鏡(マイクロスコープ)で見ながら、虫歯をピンポイントで狙います。

中に広がる虫歯を取るために、穴の周りを削ります。
中に広がる虫歯を取るために、穴の周りを削ります。

3.中に広がる大きな虫歯が現れました。

歯の中の象牙質の部分で、大きく虫歯が広がっていることがよくわかります。
歯の中の象牙質の部分で、大きく虫歯が広がっていることがよくわかります。

4.スプーンエキスカベータで虫歯を慎重に掻き出していきます。

高速回転で削らずに、このような手用器具を使う理由は、誤って神経を露出させないためです。 菌に侵された象牙質が、器具で掻き出せるほど柔らかくなっています。

5.柔らかい虫歯がたくさん出てきます。

神経の近くまで虫歯が進行していることが予想できます。
神経の近くまで虫歯が進行していることが予想できます。

6.麻酔がコントロールされていますので、どの場面でも痛くない治療です。

神経を露出させないように留意しながら、虫歯を慎重に掻き出していきます。
神経を露出させないように留意しながら、虫歯を慎重に掻き出していきます。

7.神経にかなり近づいてきても、まだ虫歯があります。

虫歯を多く残しすぎると、このあと詰める薬が効きにくいため、神経を露出させない、かつ、虫歯を極力少なくするという絶妙なさじ加減が必要です。

これ以上虫歯を取ると、神経が露出してしまいそうです。

8.ここで、神経を取らない、間接覆髄を行います。

間接覆髄法とは、虫歯を治す薬で、間接的に歯(=神経)をう方です。

(神経が露出しても構わず虫歯を取りきり、直接、薬で覆う直接覆髄法もありますが、痛みが出やすく、経過も芳しくないことが多いです。)

虫歯を一層残した状態で、虫歯を殺菌し硬化させるお薬を置きます。
虫歯を一層残した状態で、虫歯を殺菌し硬化させるお薬を置きます。

9.薬の効果を最大限発揮させるため、硬い蓋で密封します。

ここで隙間があっては間接覆髄法の意味がありません。 歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使いこなしているからこそ、ひとつひとつ確実な治療が行えるのです。

硬い仮の蓋で密封しました。この状態で半年以上待ちます。
硬い仮の蓋で密封しました。この状態で半年以上待ちます。

          ~半年後~

 10.半年後、中の薬を取り除きます。

半年後、硬い蓋はしっかり残っています。ラバーダムを装着して準備万端です。
半年後、硬い蓋はしっかり残っています。ラバーダムを装着して準備万端です。

 11.顕微鏡で見ながら、硬い蓋をピンポイントで取り除いていきます。

仮の蓋を削ります。マイクロスコープだと、今どこを削っているのかもよくわかります。
仮の蓋を削ります。マイクロスコープだと、今どこを削っているのかもよくわかります。

12. 半年前に間接覆髄した薬が見えてきました。

半年前に置いたお薬が見えてきました。これも慎重に取り除きます。

 13.薬を取り除いたら、残りの虫歯がないか確認します。

お薬を取ったら、あとは硬くなっていない、残りの虫歯を取り除いていきます。

 14.虫歯を染める、う蝕検知液で取るべき虫歯を探します。

青いう蝕検知液で、残っている虫歯を染め出していきます。

 15.半年前虫歯を残した部分が、薬が効いてとても硬くなっています。

一部分、う蝕検知液で青く染まる部分があります。

 16.慎重に、残っている虫歯を掻き出します。

ここでも、スプーンエキスカベータを使って慎重に操作します。
ここでも、スプーンエキスカベータを使って慎重に操作します。

17.残っていた虫歯をすべて取りきりました。

柔らかい部分は完全になくなりました。

18.神経を保護する永久的な薬で、最深部をシールします。

水酸化カルシウムの成分が入った薬で、光で硬化します。
水酸化カルシウムの成分が入った薬で、光で硬化します。

19. ひとつひとつの操作を確実に行います。

隙間なくシールしました。
隙間なくシールしました。

 20.今回は、コンポジットレジンを使って、歯を復元していきます。

象牙質の代わりをフローのコンポジットレジンで作り上げていきます。

 21.少し盛り上げては光で硬化させる、これを繰り返します。

一度に盛ると、深い部分に光が行き届かず中がレアーな状態のままになってしまいます。
一度に盛ると、深い部分に光が行き届かず中がレアーな状態のままになってしまいます。

 22.光照射器を当てて、コンポジットレジンを確実に硬化させます。

盛っては光で硬化させることを3回繰り返し、ここまできました。
盛っては光で硬化させることを3回繰り返し、ここまできました。

 23.象牙質のあとは、外側のエナメル質を再現していきます。

外側の壁は、ペースト状の、丸みの出やすい性状のコンポジットレジンを使用します。
外側の壁は、ペースト状の、丸みの出やすい性状のコンポジットレジンを使用します。

24. 詰める場所によって、コンポジットレジンの種類を選択します。

かむ面の溝の部分には、別の種類の、より強度のあるコンポジットレジンを使用しています。
かむ面の溝の部分には、別の種類の、より強度のあるコンポジットレジンを使用しています。

 25.入念に形を整えます。

いろいろな器具を駆使して、虫歯がなかった頃の歯の形を復元していきます。
いろいろな器具を駆使して、虫歯がなかった頃の歯の形を復元していきます。

 26.隙間があってはいけません。いろいろな角度から確かめます。

歯とコンポジットレジンの間に隙間がないように筆でならし、同時に形も整えます。
歯とコンポジットレジンの間に隙間がないように筆でならし、同時に形も整えます。

27. きれいに復元できました。

最後に光を照射して硬化させた、できあがりの写真です。

 28.神経を取らないで、大きな虫歯を治すことができました。

つなぎ目に隙間、段差がなくとても滑らかです。神経を取らないで、ここまで治療できました。

このように、広島の当院では間接覆髄法を積極的に取り入れ、神経を取らない虫歯治療を実践しています。

神経を取らないで、痛くない治療をご希望の方は、アルパーク歯科・矯正歯科までどうぞ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/530

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。