«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 極力削らない虫歯治療 広島の歯医者 | メイン | 神経を取らない 広島の歯医者 »

2012年9月15日

ほぼ痛くない虫歯治療 コンポジットレジンで治す 広島の歯医者 アルパーク歯

1.痛くない麻酔の後、ラバーダムをして奥歯の銀歯を外すと・・

手前に接していた部分に虫歯が見えてきました。

歯と歯が接しているところ、ここが一番虫歯になりやすい部分です。

2.まず汚れを染め出ししていきます。

プラーク(歯垢)と言われる、ばい菌の塊が染まる染色液です。
プラーク(歯垢)と言われる、ばい菌の塊が染まる染色液です。

3.染色液を洗い流します。

かみ合わせの面にコンポジットレジンが詰めてあり、歯とのつなぎ目の段差に歯垢がたまっているのがわかります。
かみ合わせの面にコンポジットレジンが詰めてあり、歯とのつなぎ目の段差に歯垢がたまっているのがわかります。

 4.段差のあるレジンと虫歯を取っていきます。

必要十分に麻酔を効かせていますので、削っても全く痛くない虫歯治療です。 マイクロスコープで見ながら削ります。虫歯が奥深くに進行しています。

5.虫歯を染め出す、う蝕検知液を塗ります。

虫歯がないように見える部分にもしっかりと、う蝕検知液を塗ります。

6.虫歯がまだ残っているのがわかります。

詰めてあったコンポジットレジンの下にも虫歯が少し残っていました。 肉眼での治療では確認できなかったのかもしれません。 柔らかい虫歯の部分がピンク色に染まります。

7.う蝕検知液を何度も使い、いろいろな角度から虫歯が残っていないことを確認しました。

薄いピンク色に染まる部分は、硬くて器具では取れない健康な象牙質です。
薄いピンク色に染まる部分は、硬くて器具では取れない健康な象牙質です。


 8.コンポジットレジンを詰めていきます。


いろいろな種類のコンポジットレジンの中から、詰める場所に最も適した性質のものを選んでいます。
歯とのつなぎ目に段差、隙間のないように、コンポジットレジンを時間をかけて詰めていきます。
歯とのつなぎ目に段差、隙間のないように、コンポジットレジンを時間をかけて詰めていきます。

(歯茎に近い充填部分には、黒い絹糸を溝に入れて歯茎を押し広げ、詰める境界を明瞭にしています。)

9.広島の当院では、強度の強くないフローのレジンを歯がかみ合う面には使用しません。

詰めやすさを最優先するのではなく、長持ちするという観点から最適なレジンを選択します。

かむ面には強度の高いコンポジットレジンを選択します。
かむ面には強度の高いコンポジットレジンを選択します。

 10.きれいな充填ができました。

削る量は最小限で、コンポジットレジンできれいに治って、かつ長持ちする。
削る量は最小限で、コンポジットレジンできれいに治って、かつ長持ちする。

そのためには、ラバーダムとマイクロスコープなどの道具はもちろんですが、長持ちさせるためにはどう治療したらよいかを、術者が日々考え続けていることが大切だと思います。

このように広島のアルパーク歯科では、ほぼ痛くない、そして長持ちする治療を最優先に考え治療を行っています。


※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/531

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。