«  2013年3月10日 - 2013年3月16日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年3月13日

根っこの辺りが腫れて憂鬱に 広島の歯医者

・とにかく恐がり

・右上の歯茎が腫れて休日診療の歯科に駆け込んだが、そこで治療してもらっても何回も根っこの辺りが腫れてブヨブヨができたり顔が腫れたりして、今までこんな事なかったから気持ち悪かった、この歯の事で半年くらいずっと悩んでて憂鬱になっていた

・主人にアルパーク歯科を勧められて「明日こそ電話しよう」と思ったが、恐がりだから電話するのも億劫で

・今まで通った歯科医院では特に説明もなく歯を抜かれたり、恐がりだから治療が終わるまでひたすら目を瞑って耐える感じだった

・口の中が綺麗になったらどうなるか味わってみたい

7368

2012年12月12日

今日は歯周ポケットの掃除をしました。左下の4番目5番目の繋がっている冠は、昔の治療で歯と冠の境目が合っていません。 このように段差ができています。

超音波スケーラーで冠の境目を掃除してみると、隠れていたプラークが勢いよく出てきました。 お手入れをきちんとされるていても、こういった合ってない冠の段差までお手入れするのは至難のわざです。 歯科医院での定期的なメンテナンスで掃除していきましょう。

この冠の間は先の固いフロスを針の穴に糸を通すように、歯と歯の間に入れてお手入れをしていただいていましたが、なかなか 通りにくくて悩みの種でした。 この冠の裏側を顕微鏡で見てみると、冠を接着する時に使ったセメントがはみ出したままで歯と歯の間を塞いでいました。 これではフロスが通りにくいはずです。

超音波スケーラーで粉砕します。

長年のつまりがきれいにとれました。これでフロスも楽に通せてお手入れも楽になりますよ。

※回数・費用など詳しくはこちら

« 2013年2月 3日 - 2013年2月 9日 | メイン | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。