«  2013年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2013年4月27日

ラバーダム、顕微鏡を用いて丁寧な治療 広島の歯医者

・左上1番3回くらい切開、手術したが、また腫れている

・根の状態すごく不安

・小学校高学年の頃、突然口腔内全体に激痛がおこりました。
小学校3年の時に突然ボールとかがあたった衝撃ではないか?と言われ、前歯の裏側から穴を開け、膿をとりだしました。

・平成22年に前歯に鈍い痛みと違和感があり、その後口腔内全体が痛み、歯茎を切開し膿をだした

・平成23年再発の為、歯茎を切開して膿をだた
・平成24年再発の為、口腔外科にて左上1番の歯根端切除を受けた
3回目なので不安、食事や歯磨きもままならず、旅行にも行けない
2~3日のときは痛み止めなどを持っていく

・切開が必要であれば治療と向き合いたい

・それが無理なら通いながらでも上手く付き合っていきたい

・いつ口腔内全体が痛くなるのか不安でしかたないので全快したい

・ネットでラバーダムやマイクロの事を知った
・ラバーダムは細菌の感染を抑えられると

・ラバーダムや顕微鏡の根管治療で検索して、アルパーク歯科のHPに辿りついた

・ラバーダム、顕微鏡を用いて丁寧にやってくれそうで電話した

7374


2013年4月26日

20130426-1.jpg
本日はいつも通りラバーダムをして、左下奥歯の虫歯治療でしたね。

20130426-2.jpg
シーラントのような古い詰め物を、小さなダイヤモンドバーで取っていくと、

20130426-3.jpg
意外にも、虫歯の取り残しが多くありました。

20130426-4.jpg
ピンクに染まっているところが虫歯です。

20130426-5.jpg
虫歯を全て取りきって、綺麗な状態になりました。この後、新しい詰め物を詰めていきます。

20130426-6.jpg
光で固まるコンポジットレジンが固まらないように、黄色のフィルターを通して形を整えています。

20130426-7.jpg
アメリカのデンマット社製のコンポジットレジンを使用しました。適度な固さと詰めやすさ、そして光沢が魅力です。

20130426-8.jpg
この左側で思う存分、噛んでいただいて大丈夫です。また一つずつ、しっかりと治していきましょうね。お疲れさまでした。


2013年4月8日

赤染めをして、お手入れしてもらった後のプラークが残っていたところです。

2013_04_08_11195.jpg
1枚目↓
左上4番目の裏側です。詰め物があっていないので、その隙間に菌がまだ残っていて、外からのお手入れが難しいですね。
治療予定なので今後菌が中に入り込む心配はなくなり、フロス(糸ようじ)もスルッと通るようになりますよ。

2013_04_08_11197.jpg
2枚目↓
同じく左上4番目の裏側の手前に汚れが残っている状態ですね。

2013_04_08_11199.jpg
3枚目↓
右下7番目の後ろです。ここも汚れが落としにくいところなので注意してお手入れしていきましょうね。

2013_04_08_11203.jpg
4枚目↓
左下7番目の噛む溝のところにも詰め物に段があるので歯ブラシの毛先があたりにくいところですね。
ここも治療予定です。

2013_04_08_11207.jpg
5枚目↓
歯茎の中をチェックしてみました。歯石もすごくついているわけではないので、引き続きお手入れがんばっていきましょうね☆
※回数・費用など詳しくはこちら


2013年4月19日

歯を失うのではと心配に 広島の歯医者

・奥歯に痛みがあり、歯石が付いて歯茎が腫れているのが気になる

・結構、手のつけられない状態なのではないかと思う

・歯科にはもともと恐怖心があったが、前の歯科でとても耐え難い痛みの出る治療をされ、ますます怖くなった

・他にもいろいろとあり、不信感が積もり行かなくなった

・その後は、なかなか歯医者に行く時間もなく、こうなってしまったのは結局は自分のせいなのかなと

・このままでは、どんどんひどくなっていって歯を失うのではと心配
・こちらに来たのは、その場限りの治療ではなく徹底的に治してくれる所だと思ったので

・とにかく痛くない治療をしてもらいたい、そして、綺麗な歯になりたい

7438


2013年4月19日

20130419(1).jpg
お手入れを頑張っているので、歯肉の腫れが少し引いて隠れていた歯石が見えてきています!!
いいですね!!ウルトラフロス・インタースペースブラシの成果です♪

20130419(2).jpg
歯肉の中に、歯石がまだほかにも残っているので、歯間と歯肉の境目を中心にお手入れですね☆


2013年3月8日

最初の検査の時の写真です。歯石・プラークが付いて腫れていますね。

歯周治療を始めてから約2ヶ月弱になりますが、少しずつ歯肉の腫れが引いてきていますね。 まだ、お手入れしにくい所にプラークが残っているのですが、順調に来ているので根気強く一緒に頑張りましょう。


2013年2月15日

今日は、右側の歯石除去をしました。 右上の前歯は、歯茎の上に歯石がたくさん付いていましたね。

歯茎の腫れがあるので中の方までは取れませんでしたが、お手入れにもだいぶ慣れてきたので、 少しずつ腫れは引いてきますよ。この調子で頑張りましょう。


2013年01月23日

最初のお写真です。 下の前歯の裏に歯石がたくさん付いており、歯茎が腫れて丸みをおびていますね。

今日は、歯茎の上に付いていた歯石を取りました。本来の歯の形が出てきました。 これからお手入れを頑張って歯茎が引き締まっていくのが楽しみですね。

http://www.alpark-dental.com/category/1664615.html

2013年4月17日

適当に詰め物を入れられたくない 広島の歯医者

・最近体調を崩してから自分の健康に自信が持てなくなり、歯の方も大丈夫か一度徹底的に調べてもらおうと思い来院

・歯科医院にはメンテナンスで4か月とか半年に一回通っていた
・丁寧に歯石を取ってもらったりPMTCをしてもらったりメンテナンスに関しては問題なかったが、フロスが引っかかる所があり、そこの衛生士さんに聞いても、「引っかかりますねー、どうですかねー」って言われただけ

・そこの歯科医院の待合室の歯の本に、虫歯を治す詰め物の下から虫歯になる事があるって書いてあるのを見て不安になった

・もし虫歯があったとしても、治すなら痛くない方がいいし、適当に詰め物を入れたくない

7457


2013年4月16日

20130416-094436柴田 直哉.jpg
歯と歯の間が虫歯になってきていましたね。

20130416-095358柴田 直哉.jpg
虫歯菌から出る酸で、表層のエナメル質がもろくなり(白い部分)、象牙質まで進みかけていました。

20130416-101321柴田 直哉.jpg
虫歯をすべて取りました。う蝕検知液で虫歯が残っていないことを確認しています。

20130416-104723柴田 直哉.jpg
フロスが引っかからないように、白い詰め物(コンポジットレジン)を使って段差なく治しました。もっと進行して、しみたり、痛みが出る前に治すことができて良かったですね。

※回数・費用など詳しくはこちら

2013年4月16日

根にひびが入っているかもしれない 広島の歯医者

・子供の頃から虫歯が多くてよく歯科医院に治療に行っていた
・大学の時の治療でいっきに銀歯が増えて、上の前歯3本の神経を抜いて差し歯になったのもその時

・氷を食べて差し歯が割れて不安になり、歯がボロボロ抜ける夢もみた

・それに懲りてお手入れはフロスも含めてきちんとするようにはしたが、出産後差し歯を何度か強く打つ事があり違和感を覚えてかかりつけの歯科医院に行ったら、根にひびが入っているかもしれないと言われ、自分で調べていくうちに「抜歯」という選択肢が出てきて恐くなり、まだ若いのにブリッジやインプラントにしたくないと泣きながら暮らす日々

・この前歯を救えるものならどうにかしたいと、ひびが入った歯は高度の治療をする歯科医院でないとダメと聞いたのでいろいろ調べる内にアルパーク歯科がみつけた

・虫歯治療をした所が多いので、最初は入れ歯になるのも仕方ないと思っていた、虫歯を食い止めて歯の事で悩む事がないようにしたい

7411

2013年4月9日

右下のセラミックスの被せ物(e-max プレスインレー)を合わせました。
ほとんど調整いらずの素晴らしい出来でしたね。

型取りの前に、顕微鏡で見ながら形を滑らかにした成果が出ました。
まだ歯科用の接着材でつける前ですが、この時点でフロスがスムーズに出し入れできます。

セラミックスの内面もしっかりと処理しました。ラバーダムを装着して乾燥した状態でつけましたので、これ以上ない接着だと思います。

治療の後にお伝えしたとおり、歯とのつなぎ目も段差や隙間のないよう工夫しました。いつものお手入れを続けられれば、必ず長持ちしますよ。

※回数・費用など詳しくはこちら

2013年4月 6日

抜かないで自分の歯を残したい 広島の歯医者

・他の歯科医院で左上一番奥の根の治療をしていたが、被せ物を被せる段階でひびいてきて、痛みが治まらないなら歯を抜くと言われた

・インプラントにしようかと思ったけど、左上奥から二番目がダメになってからと言われた

・抜くと他の歯に影響が出るかもと思ったし、もし抜かないで治る可能性があるのなら、その歯を残したいと思った

7448


2013年4月5日

7448 130405 (1).jpg
前回来られた時の写真です。

7448 130405 (2).jpg
今回の写真です。赤く染まってる場所が同じです。歯ブラシを縦にして歯面にブラシが当たっていることを確認しながら磨きましょう。
ただ、フロスの入れ方・動かし方が上達されていたので素晴らしかったです。

※回数・費用など詳しくはこちら

« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。