«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 抜かないで自分の歯を残したい 広島の歯医者 | メイン | 適当に詰め物を入れられたくない 広島の歯医者 »

2013年4月16日

根にひびが入っているかもしれない 広島の歯医者

・子供の頃から虫歯が多くてよく歯科医院に治療に行っていた
・大学の時の治療でいっきに銀歯が増えて、上の前歯3本の神経を抜いて差し歯になったのもその時

・氷を食べて差し歯が割れて不安になり、歯がボロボロ抜ける夢もみた

・それに懲りてお手入れはフロスも含めてきちんとするようにはしたが、出産後差し歯を何度か強く打つ事があり違和感を覚えてかかりつけの歯科医院に行ったら、根にひびが入っているかもしれないと言われ、自分で調べていくうちに「抜歯」という選択肢が出てきて恐くなり、まだ若いのにブリッジやインプラントにしたくないと泣きながら暮らす日々

・この前歯を救えるものならどうにかしたいと、ひびが入った歯は高度の治療をする歯科医院でないとダメと聞いたのでいろいろ調べる内にアルパーク歯科がみつけた

・虫歯治療をした所が多いので、最初は入れ歯になるのも仕方ないと思っていた、虫歯を食い止めて歯の事で悩む事がないようにしたい

7411

2013年4月9日

右下のセラミックスの被せ物(e-max プレスインレー)を合わせました。
ほとんど調整いらずの素晴らしい出来でしたね。

型取りの前に、顕微鏡で見ながら形を滑らかにした成果が出ました。
まだ歯科用の接着材でつける前ですが、この時点でフロスがスムーズに出し入れできます。

セラミックスの内面もしっかりと処理しました。ラバーダムを装着して乾燥した状態でつけましたので、これ以上ない接着だと思います。

治療の後にお伝えしたとおり、歯とのつなぎ目も段差や隙間のないよう工夫しました。いつものお手入れを続けられれば、必ず長持ちしますよ。

※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/551

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。