«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯周病の進行をくい止めたい 広島の歯医者 | メイン | 根にひびが入っているかもしれない 広島の歯医者 »

2013年4月 6日

抜かないで自分の歯を残したい 広島の歯医者

・他の歯科医院で左上一番奥の根の治療をしていたが、被せ物を被せる段階でひびいてきて、痛みが治まらないなら歯を抜くと言われた

・インプラントにしようかと思ったけど、左上奥から二番目がダメになってからと言われた

・抜くと他の歯に影響が出るかもと思ったし、もし抜かないで治る可能性があるのなら、その歯を残したいと思った

7448


2013年4月5日

7448 130405 (1).jpg
前回来られた時の写真です。

7448 130405 (2).jpg
今回の写真です。赤く染まってる場所が同じです。歯ブラシを縦にして歯面にブラシが当たっていることを確認しながら磨きましょう。
ただ、フロスの入れ方・動かし方が上達されていたので素晴らしかったです。

※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/588

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。