«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 虫歯の精密検査をして治療したい 広島のアルパーク歯科です | メイン | 歯医者がとても恐い アルパーク歯科です »

2013年5月 2日

歯磨きを上手になって、歯槽膿漏を治したい 広島の歯医者

・お酒の失敗で前歯を折って、十日市の歯科医院で仮歯を入れたものの2~3日ですぐ取れて、広島の良い歯医者をインターネットで調べて来院

・歯槽膿漏がひどくなっているのはわかっているが、歯並びが悪いから歯磨きが面倒だし難しい、長い間見て見ぬ振りをしていた

・だが、ここのホームページを見てやる気が出た
・おいしい食べ物とお酒が好き、貝類や新鮮な身の締まった魚を食べられるようにしたい

7316


2013年5月1日

731620130417(1).jpg
前回右上の一番奥の歯石を取りました。その後軟かい歯ブラシでのお手入れを一緒に練習しましたね。
根っこが見えてきている場所なので、かなり複雑で難しい所です。あれから2週間がたちました。

731620130417(2).jpg
今日来ていただいてすぐ撮った写真です。日ごろのお手入れそのままの状態です。とてもきれいにされています!
歯ぐきの炎症もなくなってきました。毎回来院される毎にお手入れが上手になるのでとてもうれしいです。
まだまだ難しい場所がありますが、がんばりましょう。


2012年12月12日

お手入れの難しい右下6番目7番目の繋がっている冠の下側です。歯茎との境目にプラークが びっしりついていますね。

冠のつなぎ目の下、歯と歯の間もプラークがたくさんついています。

お手入れしていただいたあとです。手鏡を使って歯ブラシの毛先がどのように当たっているか確認しながら お手入れしていただくだけで、これだけ効率よくプラークを落とせますね。

歯と歯の間は少し太い歯間ブラシを使っていただいて、とてもスッキリしました。

※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/546

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。