«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 虫歯を何度も再発したくない 広島の歯医者 | メイン | 神経を抜かないといけないのか気になる 広島の歯医者 »

2013年5月27日

何回も治療を繰り返したくない 広島の歯医者

・20代半ばから虫歯の治療に通うようになって、15番の歯の根っこの治療をしてもらったんですけど腫れが治まらず、他の歯科医院で診てもらったらそこから膿がたくさん出てきた

・その後治療してもらったんですけど今でもそこは重たくなったり調子は良くないです

・左下の親知らずを抜く時も本当に苦労して、抜いた先生もキレ気味になるくらい大変で、そこも抜いた後の傷の治りが悪くて今でも調子が良くない

・満足行く歯科医院がなかなかなくって、自分の思いが伝わらないというか、こっちは早めに治療して欲しいのに「様子を見ましょう」と言われたり、「ここが痛い」って言っても「大丈夫」と言われたり、麻酔も効いてないのにそのまま治療を進められたり、先生は忙しいからこちらから色々言いにくかった

・何回も治療を繰り返すなら歯医者なんか行かない方がいいと思っていたが、アルパーク歯科のホームページを見て先生の意見に「へえー」と思って、先生のお話を聞きたくて来院した

7292


2013年5月26日

729220130526 (1).jpg
治療が始まって一年弱経ちました。これは最初の検査時の下の歯です。
金属の詰め物が多くて、詰め物がはずれた左下の奥歯の痛みに悩んでいらっしゃいました。

729220130526 (2).jpg
今の下の歯です。金属がすっかり無くなり、きれいな白いアーチになっていますね。
毎週のように遠方から通われて大変だと思いますが、着実にお口の中が改善されています。
残りの上の歯の治療も一緒に頑張っていきましょう。


2013年4月16日

20130416-170432柴田 直哉.jpg
本日も遠方からの通院ありがとうございました。いつも通りラバーダムを装着して治療開始しました。

20130416-171501柴田 直哉.jpg
セラミックスの被せ物(e-max press インレー)を合わせる前に、染出し液で汚れを確認しました。これをせずに接着してしまうと、せっかくの被せ物も長持ちしないですよね。

20130416-172738柴田 直哉.jpg
お掃除して綺麗な面が出ました。一部、歯に被さってきていた歯茎も、糸で押さえることで対処でき、これで準備が整いました。

20130416-174644柴田 直哉.jpg
被せ物を合わせて、全周に段差などないかを確認して、微調整を行っています。

20130416-184009柴田 直哉.jpg
被せ物をレジン系セメントで接着しました。またひとつ、問題を解消できましたね。お疲れさまでした。

※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/581

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。