«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 左でしか噛めない状態で食事しにくい 広島の歯医者 | メイン | 予防をして100歳まで健康な歯でいることが目標 広島市西区のアルパーク歯科 »

2013年7月23日

他の歯科医院では、衛生管理に不安 広島のアルパーク歯科

・数年前に虫歯の治療を受けていた

・そこの歯科医院は先生も衛生士も感じは良かったが、看護師という職業柄そこの衛生管理に不安を感じ、そこから歯科医院に通う気がなくなった

・アルパーク歯科のHPを見て、器具一つ一つにカバーをしていて衛生面がしっかりしていると興味を持って、まずメンテナンスをきっかけに来院

・久しぶりの歯医者だったので相当口の中の状況も悪くなっていると思っていたが、それ程悪くなかったので、今のうちに思い切って治してしまおうと思っている

7532


2013年7月23日

20130723 (1).jpg
今日は左下の一番奥の歯(37番)手前のポケットに隠れている歯石を取ります。
この歯は手前に倒れているので、ポケットができやすい構造になっていて、実際ここは4ミリのポケットがあります。

20130723 (2).jpg
風をかけてポケットの中をチェックしてみると、縁下歯石が隠れているのがみえますね。
これを除去してフロスが引っかからないようにしないと、ここの歯茎を引き締めるのは難しいと思います。

20130723 (3).jpg
超音波スケーラーで縁下歯石を取り除いていきます。
ポケットの中からバクテリアの塊である縁下歯石が出てきました。
これでバリバリとフロスがひっかかる感じはなくなると思います。
あともう少し細かい歯石を取ってポケット内の歯面をツルツルにしていきましょう。


2013年6月28日

7532 20130628 (1).jpg
前回基本的なお手入れの練習をしました。
これは最初の検査の時の左上の奥歯の内側です、鏡でも見えにくくお手入れが難しい場所なので
歯と歯ぐきの境目にプラークがたくさんついてますね。

7532 20130628 (2).jpg
前回からご自宅で2週間ほど頑張っていただきました。
同じ上の奥歯の内側の写真です。左端の奥歯とその右隣の奥歯の間はポケットも深く、食べかすがとても挟まりやすい所なんですが、とてもスッキリされています。
全体的にプラークも減って、歯茎の炎症も治まりつつあります。
まだ基本的なお手入れの仕方しかお教えしてませんが、レベルアップしたやり方をマスターされたら、もっと良くなりますよ。
一緒にがんばりましょう。

※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/599

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。