«  2013年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2013年9月24日

抜歯が全く痛くなくてびっくり 広島の無痛歯科、アルパーク歯科です

・子供の頃の虫歯の治療がとても痛くて、それ以来歯医者が苦手

・左上の親不知が変な方向に生えてきた、どこか痛くない歯医者さんで抜こうと思いインターネットで「広島 虫歯 痛くない」で検索し、アルパーク歯科に来院

・初めての診察で左上の親不知を抜いてもらったが、ほぼ痛くなくてびっくり


・虫歯は少なくてもともと歯は丈夫だが、こちらで詳しい検査をしてもらって歯石が多く歯周病になりかけていた事がわかった

・これを良い機会と思ってこちらで歯石を取ったりしたい

7641


2013年10月8日

20131008(1).jpg
今まで下の前歯、左上の奥歯と歯茎の中の歯石をお掃除していきました。
今日は左下の奥歯の歯石を取りました。
第1大臼歯の手前に大きな黒い歯石がついています。

20131008(2).jpg
しっかり除去していきました。
歯石がくっついていたところの歯茎の形が少し丸い感じがします。
これはフロスをしっかりしていく事できれいに尖った形になります。歯石を取ることで
フロスもひっかからなくなるので、毎日のお手入れが楽に楽しくできますね。

2013年9月24日

764120130924 (1).jpg

今日はよくフロスがひっかかっていた左上の歯石を取っていきました。これは左上の6番目の歯を外側から見た写真です。
唾液のカルシウムが固まってできた白い縁上歯石が、歯を覆うようにくっついていますね。

764120130924 (2).jpg

これを超音波スケーラーで取っていきます。超音波の力で歯石を砕いていくので、ガリガリと削らなくていいので患者さんも私たちもとても楽に歯石を取る事ができます。

764120130924 (3).jpg

白い縁上歯石を取っていくと、縁上歯石に隠れていたポケットの中に細菌の塊の黒い縁下歯石が見えます。

764120130924 (4).jpg


これもしっかり除去していきました。歯石を取ると歯周ポケットが空になってぽっかり空間が開いていますね。ここに細菌を溜めないように毎日しっかりフロスをしていきましょう。

764120130924 (5).jpg

歯石を取ったあとの左上の6番目の歯です。このツルツルを毎日のお手入れで維持できたらいいですね。


2013年8月31日

20130831 (1).jpg
今日は下の前歯の歯石をとっていきます。
下の前歯の歯茎が横一直線のラインになっています。
本来なら歯茎のラインが波打つようになっていないといけません。
これは歯茎が腫れているので、このような形になっていると思われます。

20130831 (2).jpg
顕微鏡で歯周ポケットの中をのぞいてみると、黒くて大きい縁下歯石がありました。
これがバクテリアの塊で、歯茎が腫れる原因になっていたんですね。

20130831 (3).jpg
超音波スケーラーで顕微鏡を見ながら丁寧に歯石を取っていきます。

20130831 (4).jpg
歯石が取り除かれたあとです。
大きな塊がなくなったので、歯茎にぽっかり大きな穴が空いているようにみえます。
歯石を取っただけでは、このぽっかり空いた大きな穴にまた細菌が溜まってしまって歯石を作る原因になってしまいます。

20130831 (5).jpg
このようにワンタフトシステマという毛先の細いブラシでポケットのなかを溝掃除するように、お手入れしてくださいね。
24時間たつと細菌は塊になって悪さを始めるので、1日一回必ずこのようなお手入れをしてください。
そうすれば必ず歯茎の形に変化がでてきますよ。

※回数・費用など詳しくはこちら

根の治療が終了しても痛み 広島市西区のアルパーク歯科

・左下6番に尖った感じと熱い物がしみていたので他の歯医者で根っこの治療

・根の治療が終了してからも痛みあり
・このまま土台を入れても大丈夫なのかという不安
・治療も納得のいく治療ではなかった

・最初、根の治療の前に銀歯を入れた時も滑って食べ物が捉えられない感じだった

・調整の時に上の天然歯も削られてすごくショック
・主人と子供の前で暗くなることがあり、泣いてはいけないと頑張っていた

7401

2014年1月15日

1か月ぶり、そして新年一発目の赤染めでした。

7401 20140115.jpg

久しぶりに結構染まりましたね~

夜なかなか時間が取りにくいようでしたので、朝もしくはお昼

に丁寧にお手入れするように、してみて下さいね☆


2013年9月24日

Dr治療が終わり、いよいよ終わりに向けての最終チェックに入りました!!

治療は、長かったでしょうか?それともあっという間でしたか?

歯の悩みが解決され、明るい生活が送れていればなによりです☆

今日は、歯石のチェックを行いました。

下の前歯の裏に少し歯石が付いていました。

7401 20130924 (1).jpg

綺麗に除去しておきました。

7401 20130924 (2).jpg


下の前歯の裏は歯石が付きやすい場所なので引き続き注意して行きましょう♪


2013年9月3日

今日は3ヶ月ぶりの衛生士での確認の日です。

お手入れはいかがでしたか?

赤く染まり、ばい菌の塊が出来ていた所を再確認していきました。

ご自身の中で注意点が出たと思いますので、そこに注意してみて下さい。

さて、着色が気になっていましたね。

7401 2013903 (4).jpg
歯の先端に(前歯を中心)黒っぽい着色がついてきていました。
ほうじ茶の影響でしょうか?


7401 2013903 (3).jpg
着色を取るとこのようになりました☆
歯の色も明るくなったことで綺麗に見えますね♪


7401 2013903 (1).jpg
それからおしかったのが下の前歯です。
他は綺麗でしたが、1箇所だけ歯石が少しついていましたね。


7401 2013903 (2).jpg
歯石も取っておきましたので、フロスも通しやすくなったと思います。
また、次回どのように変化したか楽しみにしていますね!


2013年6月18日
7401 20130618 (1).jpg
4ヶ月ぶりの衛生士でしたね☆
赤染めをしてのお手入れの確認は、少し残るところもありましたがほぼOKでした♪
今日残っていたところは、他の所より少しお手入れ時間を時間を長めにしてみて下さいね!!
(写真がなくてすみません)
少しだけ下のはの間に歯石がついていました。(22.21の間)
2番や3番は歯石もなくとても綺麗でしたよ!

※赤矢印が歯石 青矢印は綺麗な所

7401 20130618 (2).jpg
7401 20130618 (3).jpg
歯石を取りました。
歯石で少なくなっていた隙間が復活しました♪
フロスも少し引っかかっていたと思いますが、今日からはまた引っかからなくなったのでお手入れもしやすいかと思います。
4ヶ月経ってこの歯石の量であれば問題ありません!!
これからも、この調子でお手入れ続けて下さいね☆

※赤丸歯石あり 青丸歯石なし


2013年5月7日
本日も治療大変お疲れさまでした。治療後に見ていただいた写真ですが、このブログでもおさらいをしてみましょう♪
0001.jpg
今日は奥歯に詰めてある古いアマルガムを取り除いて、コンポジットレジンで治しました。

0002.jpg
マイクロスコープで見ながら、歯はほとんど削らずに、アマルガムを取り除いたところです。

0003.jpg
残っていた黒い虫歯の部分を取り除いたあと、虫歯を調べるう蝕検知液で虫歯が残っていないか確認しました。

0004.jpg
う蝕検知液に染まる部分が無く、確実に虫歯が全て取りきれていることが確認できました。

0005.jpg
象牙質の部分を一層覆った後、最表層は固めのコンポジットレジンを詰めていきました。

0006.jpg
まだ虫歯になっていなかった頃の歯を想像しながら、溝と形を整えていきました。

00007.jpg
仕上がりました。いかがでしょうか。幅としては1mm前後の小さな部分でしたが、当院のマイクロスコープ下での精密治療の本領が発揮できたと思います。大変お疲れさまでした。


2013年2月24日

歯石の最終チェックです。 右上の1番置くの歯に歯石が残っていました。お手入れを頑張っていただいていたので歯肉が引き締まって出てきたのですね!

綺麗に取り除きました。これで歯石のチェックは一通り終了です。 今後は治療をしながら、定期的にお手入れの確認をしていきましょうね。


2013年02月01日

今日は、左上の奥歯4本の歯石のチェックをしました。 最後のブロックです。 以前からお手入れの難しいところで苦労されていた1番奥の歯です。 歯石が縁下にもたくさんついていました。

このように歯石を取り除きました。 また再チェックはさせてくださいね! これでよりお手入れがいやすくなったと思います。 引き続きお手入れを頑張って下さいね♪


2012年12月20日

今日は上の前歯の歯石チェックをしました。3箇所歯石がついていました。裏から見た写真です。

同じ歯の表から見た写真です。少し歯石が茶色っぽくなっています。

歯石を取りました。裏から見た写真です。

表からみた写真です。この歯は他歯医者で虫歯疑惑のあった歯ですね。フロスも通しにくいようでしたのでこれでフロスがしやすくなったと思います。 また様子を聞かせて下さいね。


2012年12月11日

今日は下の左右の奥歯の歯石のチェックをしました。
今日は下の左右の奥歯の歯石のチェックをしました。

お手入れよくしていただいておりほとんど歯石は ついていませんでした!
1か所、治療した事が原因でフロスを通せていなかった 場所に歯石がありました。

歯石は取り除き綺麗になりました。
歯石は取り除き綺麗になりました。

これから治療をしてフロスが通しやすくなれば もっと歯茎の具合が良くなっていきます。

※回数・費用など詳しくはこちら

2013年9月21日

抜いて入れ歯かインプラント 他に方法がないか相談したい 広島のアルパーク歯科

・右上5番目の歯が何回も歯槽膿漏みたいに固い物を噛むと痛くなったり腫れたりする

・腫れてはひいての繰り返し

・将来はその歯を抜いて入れ歯かインプラントを入れるようにと、通っていた歯医者さんに言われて、他に方法がないかと思いアルパーク歯科に相談に来院

・インプラントをしなくても噛めるようになりたい
・入れ歯には抵抗だある

7545


2013年9月21日


20130921 (1).jpg
以前に撮った写真です。
右下の冠です。歯と歯茎の境目にプラーク(細菌の塊)が
分厚く残っています。

20130921 (2).jpg
今回の写真です。
今まで分厚く残っていたプラークが薄くなってます。
まだプラークが残ってる場所もありますが、どこに汚れが残りやすいかお家でも、お渡ししているお手入れセットの中にある赤染めテスターで確認してみてください!
きっと、プラークがもっと薄くなってくると思います。
頑張りましょう!!


2013年8月5日

20130731 (1).jpg
ホワイトニング前の写真です。

20130731 (2).jpg
ホワイトニング後の写真です。
全体的に明るくなってますね!
前歯の治療も白くなった歯の色に合わせて治していきます!!


2013年7月8日

(1).jpg
お手入れが始まったばかりの写真です。

(2).jpg
お手入れがだんだん上手になってきてます。まだ汚れが染まってますが、少なくなってきてますね!
歯肉も引き締まってきました!フロス続けていきましょう!


2013年6月23日

20130623 (1).jpg
最初のお手入れ練習の写真です。
磨き残しが染まっています。

20130623 (2).jpg
今回のお手入れ練習の写真です。
まだまだ磨き残しもありますが、明らかに磨き残しが少なくなってます。
歯肉も引き締まってきてますね。
きっと、まだお手入れがうまくなるはずです!!
一緒にがんばりましょう!!


2013年6月8日

7545 20130608 (1).jpg
初めて染出しをした写真です。左側は割りときれいに磨けてます。

7545 20130608(2).jpg
右側の写真です。左に比べると磨き残しが多いようです。
磨き残しがあるとまた歯ぐきが腫れてきたりするので、今日伝えた磨き方で磨き残しを減らしましょう。
次回が楽しみですね!

2013年9月17日

口臭や歯の色を指摘されコンプレックスに 広島のアルパーク歯科・矯正歯科です

・他の歯科医院で治療した所がたまに沁みる

・とにかく怖がりで、歯を削るのとか神経を抜く痛みは二度と味わいたくない


・健康雑誌のライターをしているんですが、ある先生からドッグベストセメントというセメントがあって、銅の殺菌力で細菌を殺すから最低限の削る量で済むのと、歯の神経を守られると聞いたので「ドッグベストセメント」でインターネットで調べてアルパーク歯科に来院

・妻から口臭を指摘され、歯の色が茶色い歯並びが悪いと言われ、歯に関しては大変なコンプレックスを抱えていた

・アルパーク歯科に来て、院長に私の歯は丈夫だと褒められて、うれしくて励みになった

・ここで完全な治療をして、虫歯を再発させない歯周病にならないお手入れを習得できればと思っている

7590


2015年8月24日
7590-20150824-1.jpg
ラバーダムをして奥歯の根の治療(根管治療)をしていきます。

7590-20150824-2.jpg
写真右上の根管をきれいにしていきます。

7590-20150824-3.jpg
顕微鏡(マイクロスコープ)で見ながら、狭くなっている根管をきれいにしていきます。

7590-20150824-4.jpg
狭かった根管がきれいになってきました。

7590-20150824-5.jpg
殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7590-20150824-6.jpg
硬いセメントで封鎖しました。最終的なお薬を詰めるのにもう少しですので頑張ってくださいね。


2015年8月4日
7590-20150804-1.jpg
ラバーダムをして根の治療(根管治療)をしていきます。

7590-20150804-2.jpg
5つある根管で、最後に残っている写真右上の根管をきれいにしていきます。

7590-20150804-3.jpg

7590-20150804-4.jpg
かなり狭くなっています。顕微鏡(マイクロスコープ)で見ても、一番細い器具でもなかなか入っていかないです。

7590-20150804-5.jpg
少しずつ根管を拡大していきます。

7590-20150804-6.jpg
狭くて入っていかなかった根管が、見えるようになってきました。

7590-20150804-7.jpg
殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7590-20150804-8.jpg
硬いセメントで蓋をしました。かなり狭くなっていた根管でしたが、きれいになってきましたよ。


2015年7月13日

7590-20150713-1.jpg
ラバーダムをして根管治療をしていきます。

7590-20150713-2.jpg
5つある根管で、手前の根管(写真の上側)をきれいにしていきます。

7590-20150713-3.jpg

7590-20150713-4.jpg
根管をきれいにしていきます。

7590-20150713-5.jpg
きれいにした後の根管です。

7590-20150713-6.jpg
顕微鏡(マイクロスコープ)で見て、一番細い器具で根管を探っていきます。

7590-20150713-7.jpg

7590-20150713-8.jpg
かなり狭くなっています。顕微鏡(マイクロスコープ)で見ても、器具が入りづらいほどです。

7590-20150713-9.jpg
殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7590-20150713-10.jpg
硬いセメントで蓋をしました。かなり狭くなっている根管をもう少しきれいにしていきます。頑張ってくださいね。


2015年5月20日

7590-20150520-1.jpg
ラバーダムをして根管治療をしていきます。

7590-20150520-2.jpg
5つある根管で、手前のほっぺ側の根管をきれいにしていきます。

7590-20150520-3.jpg
かなり狭くなっています。顕微鏡(マイクロスコープ)で見ていても、器具がなかなか入りづらいほどです。

7590-20150520-4.jpg
まだ先までは到達していませんが、中を拡大していきました。

7590-20150520-5.jpg
殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7590-20150520-6.jpg
硬いセメントで蓋をしました。かなり狭くなっていますので、もう少し根管治療が続きますが、頑張ってくださいね。


2015年3月17日
7590-20150317-1.jpg
ラバーダムをして根の治療(根管治療)をしていきます。

7590-20150317-2.jpg
5つある根の中(根管)で、奥の2つを中心にきれいにしていきます。

7590-20150317-3.jpg
ほっぺ側の奥の根管をきれいにしていきます。

7590-20150317-4.jpg
かなり狭くなっていましたが、根管の先まできれいにしましたよ。

7590-20150317-5.jpg
舌側の奥の根管です。こちらも根管の先まできれいにしましたよ。

7590-20150317-6.jpg
中に殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7590-20150317-7.jpg
硬いセメントで封鎖しました。根管5つのうち2つをきれいにできました。あと3つありますので頑張ってくださいね。


2014年12月16日
7590-20141216-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7590-20141216-2.jpg
5つある根の中(根管)が狭くなっています。2つを中心にきれいにしていきます。

7590-20141216-3.jpg
舌側の根管の1つです。かなり狭くなっていましたが、綺麗になってきましたよ。

7590-20141216-4.jpg
きれいにした舌側の根管です。

7590-20141216-5.jpg
ほっぺ側の根管の1つです。こちらもかなり狭くなっていますね。

7590-20141216-6.jpg
きれいにしたほっぺ側の根管です。

7590-20141216-7.jpg
中に殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7590-20141216-8.jpg
硬いセメントで封鎖しました。もう少し綺麗にしていく予定ですので、頑張ってくださいね。


2014年8月21日

7590-20140821-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。歯と歯の間に大きなむし歯があります。

7590-0821-2.jpg
中はこんなに深くなっていました。

7590-0821-3.jpg
かなり深い虫歯でした。このままむし歯をとっていくと神経までいきそうでした。神経を残すために、神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)はわざと残しました。

7590-0821-4.jpg
神経を残すために薬を入れました。

7590-0821-5.jpg
硬いセメントで封鎖して、軟化象牙質が再硬化するのを待ちましょう。半年ほど待ってから、再び、中に残っている虫歯を取りましょうね。


2013年10月8日

20131008 (1).jpg
今日は上の歯の裏側にこびりついた着色を除去していきました。
20年も前にやめられたのに、まだタバコのヤニがしっかり残っています。

20131008 (2).jpg
タバコのヤニは食べ物のステインと違って、とても除去するのに苦労しますが右上の奥歯がこのようにきれいになりました。

20131008 (3).jpg
これは上の前歯です。着色で歯面がガサガサしています。

20131008 (4).jpg
ここも着色を除去してこのような感じです。
舌で触ってみるとツルツルになっていると思います。しっかりお手入れしてこの状態を維持していきましょう。

2013年9月2日

759020130902 (1).jpg
前回特別なお手入れが必要だった、左上の一番奥の歯(27番)です。
マルで囲ってある所は歯の根の下まで骨が下がっているので、ここに一番細い歯間ブラシを入れましょうという事でした。

759020130902 (2).jpg
あれから3週間ほど経ちました。しっかりお手入れ頑張っていただいたようです。横からみると歯茎に大きな変化はみられませんが、矢印の角度からポケット内を覗いてみましょう。

759020130902 (3).jpg
顕微鏡でのぞいてみると、今まで見えなかったポケットの中がしっかり見えるようになりました。
ここに細菌が溜まっていくのです。奥のほうには白い歯石もみえます。この調子でお手入れを続けていきましょう。


2013年8月8日

759020130808 (1).jpg
今日はプラークコントロールの練習2回目です。前回は基本のお手入れの練習をしました。
今回は一段階レベルアップして、ポケットの深い歯の特別なお手入れの練習をしましょう。
この写真は左上の一番奥歯を内側から見た所です。
白い線が歯を支えている骨のラインです、グレーは歯の根っこのラインです。歯の真ん中に境目のような線が縦に入っています。この線をたどって歯茎の中に入っていくと歯茎に隠れて見えませんが、ここは歯を支えている骨が吸収されて歯茎から骨まで縦に6ミリ(緑)の歯周ポケットがあります。
さらにここは歯の根分かれるちょうど又のような部分があって、ここは横に8ミリのポケット(赤)があります。ここに溜まる細菌のお手入れもしなくてはいけません。

759020130808 (2).jpg
まず赤のライン、歯の根っこの股を横に伸びるポケットの掃除の仕方です。
7番目の歯に縦に走るラインと歯茎がぶつかる所をねらって、一番細い歯間ブラシを横に入れていきます。

759020130808 (3).jpg
ここは8ミリあるので結構歯間ブラシが深く入りますね。

759020130808 (4).jpg
今度は緑のライン、歯を支える骨に向かって縦に伸びるポケットの掃除の仕方です。
さっき横に歯間ブラシを入れた同じポイントに真上に向けて歯間ブラシを入れます。

759020130808 (5).jpg
ここも6ミリあるので上に深く歯間ブラシが入ります。
このふたとおりのお手入れのやり方をマスターされたら、ここの歯茎が引き締まって細菌が溜まりにくくなりますよ。
頑張ってください。

※回数・費用など詳しくはこちら

2013年9月16日

予防をして100歳まで健康な歯でいることが目標 広島市西区のアルパーク歯科

・子供のころは歯を磨かなくても虫歯にならなかった

・ある時期虫歯が2本できて、それ以来歯を磨くようになった

・左下に乳歯が残っているのが、そこがしみることもあるので気になっている

・100歳まで健康な歯でいるのが目標

・先々に予防をしたほうがいいと思い来院

7513


2013年10月12日

お手入れは順調に出来ていますか(^^)

さて、今日からホワイトニング開始です♪

ホワイトニング前の写真です

7513 20131011.jpg


まだ、変化は感じにくいかもしれませんが、

今後どのように変化するか楽しみですね☆

2013年9月16日

今日は最後の着色除去(歯石チェック)の日です♪

左下の内側になります。

7513 20130916 (1).jpg

7513 20130916 (2).jpg

7513 20130916 (3).jpg

7513 20130916 (4).jpg


このような感じでした。

やはりここも、奥よりは少し手前が濃く付いていましたね。

7513 20130916 (5).jpg

7513 20130916 (6).jpg

7513 20130916 (7).jpg

7513 20130916 (8).jpg


このようになりました!

全体の着色・歯石が取れて綺麗になったことで気持ちに変化はありましたか?

次からは、ホワイトニングを行っていきます。

『歯美人』目指して頑張っていきましょー(*^^)v


2013年9月6日

今日は、右下の内側と左上を途中まで着色除去しました。

1番後ろの歯よりは、手前に濃く付いていましたね!

7513 20130906 (1).jpg

7513 20130906 (2).jpg

7513 20130906 (3).jpg

綺麗になりました。

7513 20130906 (4).jpg

7513 20130906 (5).jpg

7513 20130906 (6).jpg


残りもあと、わずかです!

お手入れも引き続き頑張っていて下さいね(^^)


2013年8月23日

今日は、あまり時間がなかったので右上の内側のみ着色・歯石除去を行いました。
7513 20130823 (1).jpg

まだ、細かいところは出来ていないので次回細かい所、そして残りをきれいにしていきますね!
今日できなかった、お手入れの確認も久々にしますね!
7513 20130823 (2).jpg

何%綺麗に出来ているか、楽しみですね♪


2013年8月1日

今日で衛生士の治療は5回目になりました☆
お手入れは順調ですか!?

さて、今日はいよいよ表側の着色を全て綺麗にしました♪

取る前はこんな感じでしたね↓↓
7513 2013081 (1).jpg

自分で鏡を見た時の印象はどうだったでしょうか??

そしてこちらが治療後の写真です☆↓↓
7513 2013081 (2).jpg

いかがですか!?
『歯美人』に一歩近づきましたね♪♪


2013年7月29日

前回の続きです☆
今日は上の前歯の裏、右㊤㊦4.5番目の歯の表側の着色を除去しました。
Before
7513  20130729 (1).jpg
7513  20130729 (2).jpg
7513  20130729 (3).jpg
7513  20130729 (4).jpg
7513  20130729 (5).jpg

After
7513  20130729 (6).jpg
7513  20130729 (7).jpg
7513  20130729 (8).jpg
7513  20130729 (9).jpg
7513  20130729 (10).jpg 
次回からも残りを綺麗にしていきますね(^^)
今日は、時間がなくてお手入れの確認が出来なかったので、次回確認していきましょう!!


2013年7月25日

今日は、コーヒーで付いた着色を綺麗にしました。
取る前はこのような感じでした・・・
7513 20130725 (1).jpg
正面から見ると、歯の間が茶色くなり下の歯の間には歯石が付いていました。

裏側はこんな感じです。
7513 20130725 (2).jpg
7513 20130725 (4).jpg
表に比べ全体的に着色がついて茶色くなっていますね。

今日は前歯㊤㊦表側と、㊦の前歯の裏側を機械を使い綺麗にしました☆
このようになりました!!

7513 20130725 (6).jpg
7513 20130725 (7).jpg
7513 20130725 (8).jpg
歯石も一緒に取っているので、フロスも通しやすくなったと思います♪
これをキープ出来るよう、目標の「100%磨き残しなし」を目指して頑張っていきましょう!!
次回からは他の歯も綺麗にしていきますね!


2013年7月12日

7513  20130712 (1).jpg
今日は2回目の衛生士のお約束の日でした。
前回に比べていかがでしたか?
赤染めをして、確認することで自分の不得意な箇所がわかってきましたね!!

7513  20130712 (2).jpg
右に比べると左が残りやすいようですね!
次は2週間後なので、どう変化しているか楽しみにしています♪

※回数・費用など詳しくはこちら

« 2013年7月 | メイン | 2013年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。