«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 疲れると腫れる 広島の歯医者 | メイン | 神経をとると、どんどん歯がなくなってしまう 広島のアルパーク歯科です »

2013年10月24日

全体的に歯を綺麗にして、長持ちさせたい 広島の歯医者

・今、一番気になるのは前歯の茶色い所、前で見えるので

・あと、右下一番奥の歯のつめものがはずれてた

・右上も歯が動いているのが気になる

・最初は、気になる虫歯だけと思っていたが、ホームページを見ていて院長のように歯を長持ちさせていきたいなと思い、全体的に歯を綺麗にしようと思った

7393

2013年10月16日

20121024(1).jpg
最初の頃は、お手入れがしにくい状態でしたね。
細かいところにプラークが残っています。

20131016(2).jpg
治療がすすみ、詰め物も綺麗になりましたね☆
まだ、歯と歯の間が難しいようで残っています。フロスの角度・向きに気を付けてみて下さい。
歯肉の状態も、良くなりますよ♪

2013年4月10日

仮の歯を外して、清掃が終わったところです。前回、ぴったり合っていない被せ物と、虫歯を全て取りきって、縁も滑らかに整えましたのでとても綺麗ですね。

セラミックスの被せ物(e-max pressのインレー)を合わせました。精度の高いシリコンで型取りをして、技工士さんも顕微鏡で拡大しながら被せ物を作っています。いろいろなノウハウを駆使して、とてもいい仕上がり具合でしたよ。

まだ接着していない段階ですが、奥側もフロスの引っかからない状態でした。

いろいろな角度から、全周を確認しました。

真上から見ています。

一部分誤差があり、少々段差のある部分が見つかりました。

すべての微調整が終わったところです。

ラバーダムの乾燥下で、エナメル質の表面処理も施して、これ以上ない接着操作を行いました。

きれいに仕上がりました。ばい菌もサッと取れる、いい環境になりましたね。今回も2時間、治療のお時間をいただき、ありがとうございました。

2013年3月13日

右上奥の歯と歯の間に歯石がついていました。 フロスが引っかかっていましたね。

歯石を除去したので、フロスがスイスイ通るようになりました。 気持ちよくフロスを使えますね☆

※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/548

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。