«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 虫歯(軟化象牙質)と正常な部位の鑑別  広島市 アルパーク歯科の場合 | メイン | 歯科を自由診療で経営するまで »

2013年10月 4日

またいつ痛み腫れだすか不安です 広島市西区のアルパーク歯科

・20歳の時虫歯の治療
・最初に行った歯医者では雑な感じがして、友人に聞いて他の歯医者に行くようになった

・社会人になってからも虫歯が続き痛み、治療をすると痛く、怖いと思いその数十年放置

・そのうち痛みに耐えられず治療に行き、被せたり、奥の歯を数本抜歯

・10年くらい前に治療をした歯が再び痛み出し、顔の半分が腫れた

・抗生物質を飲んで落ち着いたが、またいつ痛み腫れだすか不安

7691

2013年10月20日
2013102 (1).jpg


汚れを染め出して撮った写真です。
歯面はきれいに磨けているようです。
2013102 (2).jpg
右の頬側の写真です。
青丸部分の歯間にやや厚めのプラークが付着しています。
フロスの当てる角度を鏡で確認しながらしていきましょう。
上下に動かす回数も増やしてみるのもいいかもしれませんね!

2013年9月28日

20130928 (1).jpg
初めてのお手入れ練習の写真です。
歯面と歯間に磨き残しが目立ちます。

20130928 (2).jpg
二回目のお手入れ練習の写真です。
歯面がかなり綺麗に磨けてます。
まだまだ歯間の汚れはありますが、今日練習したフロスを
歯面に広範囲に当てる方法で綺麗に磨けてくるはずです。
フロスを通すようになって歯茎が引き締まってきてます!

※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/614

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。