«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯を失わない生活をしたい 広島の歯医者 | メイン | 何とかして神経を残したい マイクロ顕微鏡を使って治療するアルパーク歯科です »

2014年1月31日

歯の悩みや苦労から抜け出したい 広島市 アルパーク歯科・矯正歯科です

・子供の頃から定期的に歯医者さんに通っていが、20代の前半から一気に虫歯が増えて、その頃に知らない間に神経を抜いたような歯も何本かある

・それから何年か経って、歯が欠けたり差し歯の下が化膿したり、神経を抜いて治療した歯に違和感があったりしたが、歯医者さんでその違和感を訴えても「大丈夫です」と言われるだけで、本当にこれで治ったのかな・・・・と思いながら治療が終わってもスッキリしない感じでいた

・今年のお盆あたりから以前治療した奥歯が痛くなって、その他の歯も割れてそこが原因で頭痛がするようになり、仕事も手に付かなくなった

・痛みで強く噛みしめる事もできず、キャベツすら食べられなくて落ち込む日々で、ずっと歯の事で悩んだり苦労してきてもう疲れた、ここから抜け出したい

7721


2014年2月27日

7721-20140227-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7721-20140227-2.jpg
手前の根の舌側から器具を挿入していきます。

7721-20140227-3.jpg
手前の根のほっぺ側へ器具が出てきました。つながっています。

7721-20140227-4.jpg
ひとつにつなげていきます。

7721-20140227-5.jpg
手前の根のほっぺ側と舌側をひとつにしました。

7721-20140227-6.jpg
中には殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7721-20140227-7.jpg
仮の詰め物をしました。もう少し根管治療をしていきましょうね。


2014年2月26日

7721-20140226-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7721-20140226-2.jpg
後ろの根のほっぺ側です。以前に詰めてあるお薬を除去していきます。

7721-20140226-3.jpg
全て除去しましたよ。

7721-20140226-4.jpg
後ろの根の舌側です。以前に詰めてあるお薬を除去していきます。

7721-20140226-5.jpg
全て除去しましたよ。

7721-20140226-6.jpg
中には殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7721-20140226-7.jpg
仮の詰め物をしました。しばらくは根管治療をしていきましょうね。


2013年10月17日
症例
今日はお手入れのテクニックをマスターする2回目の練習の日でした。
これは前回の赤染めした歯の様子です。もともとお手入れを頑張ってされていたのですが、とはいえ歯と歯の間にプラークが残っていますね。

症例
そしてこれが今日の染出しです。表側は完璧を言ってもいいんじゃないでしょうか。
とても頑張られた成果が出ています。

症例
歯の内側を見てみます。これは舌で触ってザラザラするとおっしゃられていた、右下の小臼歯という丸っこい歯の内側です。
一見ツヤッとしてきれいに見えますが・・・

症例
染出しをしてみると歯の付け根に帯状に細菌の巣(プラーク)がくっついています。
舌で触ってザラザラするという感覚は正しかったんですね。
ここは先の細いワンタフトという歯ブラシでお手入れしていきましょう。

症例
これは左下の奥歯の奥、親不知が歯茎の中に埋まっている所です。
歯の付け根にポッカリ穴が空いてますね。ここに細菌や食べかすが溜まって炎症が起こりやすくなります。

症例
ここは歯間ブラシの4Sという一番細い歯間ブラシを縦に入れてお手入れします。
少し難しいですが、上手にお手入れできていました。
毎日これを続けていきましょう。


※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/656

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。