«  2014年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年4月19日

歯の激痛が治まらず、頭の辺りまで痛かった ラバーダムを使うアルパーク歯科です

・前から時々痛む歯があったが、1時間くらいで治まっていた

・今回は激痛が治まらず、頭の辺りまで痛い状態
・2.3年前に治療途中の歯もあり、器具が入らず治療がストップしていた歯もあったので気になり、アルパーク歯科が良いと誰かが言っていたので、この際と思い来院

7696


2015年10月17日
7696-20151017-1.jpg
以前、神経を守るために、虫歯が深かったところにお薬を入れた歯です。ラバーダムをして中の状態を見ていきます。

7696-20151017-2.jpg
入れていたお薬をとった状態です。以前は軟らかかったところが硬くなっていました。

7696-20151017-3.jpg
むし歯をとった後にまだ残っていないか、むし歯が染まる検知液を塗りました。

7696-20151017-4.jpg

7696-20151017-5.jpg

7696-20151017-6.jpg
洗い流した後、顕微鏡(マイクロスコープ)で見ても、赤く染まっているところはありません。深いところもすべて虫歯を取りました。神経をとらないでよかったですね。

7696-20151017-7.jpg

7696-20151017-8.jpg

7696-20151017-9.jpg

7696-20151017-10.jpg
色が違っているところや、赤く染まらないで軟らかいところがないか、硬さをチェックしました。問題なかったですよ。

7696-20151017-11.jpg
刺激を遮断するように歯を一層覆うようにして、形を整えました。(間接覆髄)

7696-20151017-12.jpg
仮詰めをしました。あとは最終的な形を作ってから型取りをしますね。


2015年6月21日 

歯石のチェックが終了したので、Crセット久々にお手入れの
確認を行いました。

最近忙しくて自信がないとおっしゃっていましたが、
どうだったでしょうか?

7696-20150621-1.jpg

このように前歯には残っていましたが、他は概ね綺麗でした(^^!
今日、この残っている部位に関しての注意点をお伝えしたので、
気を付けてお手入れしてみて下さいね☆


2015年5月30日

7696-20150530-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。上から見た感じでは分かりませんが、詰め物の下にむし歯があります。

7696-20150530-2.jpg
詰め物を取ると、手前の歯との間に、むし歯が中で拡がっています。

7696-20150530-3.jpg
虫歯を取った後、虫歯が染まる検知液を塗りました。

7696-20150530-4.jpg
水で洗い流した後、神経に近い深い部分は赤く残っていますね。顕微鏡(マイクロスコープ)だと良く見えます。

7696-20150530-5.jpg
かなり深いですので、神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)をわざと残して、神経を残す薬を入れました。神経をとらないですみそうで、良かったですね。

7696-20150530-6.jpg
硬いセメントで蓋をしました。数ヶ月ほど軟化象牙質が硬化するのを待ってから、再び、中に残っている虫歯を取りましょうね。


2015年5月9日

今日は左上8本歯石チェックを行いました。
7696-20150509-01.jpg
前回同様、親知らずの奥のほうに歯石が発見されました!(黄色い○)

7696-20150509-02.jpg
除去後の写真です。

この歯は大きな虫歯もあるので、要注意!です。
これ以上進行しないように、お手入れをしておいて下さいね!

これで全体の歯石チェックは終わりになります。


2015年5月2日

今日は右上8本の歯石チェックを行いました。

おおむね、歯石は見当たりませんでしたが親知らずに歯石が見つかりました。

7696-20150502-01.jpg
黄色い○をしてあるところに歯石があるのがわかります。

7696-20150502-02.jpg
除去後の写真です。

奥の歯はお手入れが難しい場所ではありますが、しっかりフロスをして予防して。


2015年4月29日

下顎の歯石チェック(歯肉の中)を行いました。

7696-20150429-01.jpg
黄色い○をしてあるところに歯石がみられます。

7696-20150429-02.jpg
除去後の写真です。
歯石が無くなっているのがわかります。

次回も引き続きチェックしていきますね!


2015年3月1日

7696-20150301-01.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7696-20150301-02.jpg
根の中(根管)をきれいにしました。こちらはほっぺ側。

7696-20150301-03.jpg
こちらは舌側。

7696-20150301-04.jpg
根管内を最終的なお薬で充たしましたよ。(根管充填)

7696-20150301-05.jpg
仮歯をしました。これで根の中の治療は終了しましたよ。


2015年2月15日

7696-20150215-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7696-20150215-2.jpg
中は二股になっています。根の中(根管)をきれいにしています。

7696-20150215-3.jpg

7696-20150215-4.jpg
消毒していると、もう一方の根管から薬液が出てきました。中でつながっているようです。

7696-20150215-5.jpg
中には殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7696-20150215-6.jpg
仮歯をしました。次には最終的なお薬を詰めることができそうです。


2014年12月14日
7696-20141214-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます

7696-20141214-2.jpg
中は二股になっています。舌側の根の中(根管)をきれいにしています。

7696-20141214-3.jpg
ほっぺ側の根管をきれいにしています。

7696-20141214-4.jpg
どちらもきれいにしていきました。

7696-20141214-5.jpg
中には殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7696-20141214-6.jpg
仮歯をしました。もう少し根管治療をしていきましょうね。


2014年11月9日
7696-20141109-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7696-20141109-2.jpg
詰め物を取ると、むし歯が中で拡がっています。

7696-20141109-3.jpg
かなり深い虫歯でした。神経を守るために、神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)はわざと残しました。

7696-20141109-4.jpg
神経を残すために薬を入れました。

7696-20141109-5.jpg
硬いセメントで封鎖して、軟化象牙質が再硬化するのを待ちましょう。半年ほど待ってから、再び、中に残っている虫歯を取りましょうね。


2014年10月05日

前回も課題だった前歯です。
7696-20141005-1.jpg
前回よりは随分良くなっていましたね☆
ですが、やはりまだしぶといプラークが残っていました。
そのプラークを落とすべく、更にハブラシを追加しました!
今回は、今まで毛先が少し軟かかったので、少しだけ固いものを加えました♪

また次回結果を楽しみにしています(^^♪

2014年9月23日

前回から5ヶ月間が空いてしまいましたね。
久しぶりのお手入れの確認です!

7696-20140923-1.jpg

前回の課題でもありました前歯がやはり染まりました。残念!
奥歯は綺麗だったのでおしいですねー!!
使用中の歯ブラシでは表面のプラークは落としにくそうだったので、歯ブラシを
変えてみました☆
次回良い結果が出るよう楽しみにしています♪

2014年03月21日

7696-20140321-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7696-20140321-2.jpg
仮の詰め物を除去しました。内部でむし歯がかなり拡がっています。

7696-20140321-3.jpg
虫歯が残っていないか虫歯が染まる検知液を塗りました。

7696-20140321-4.jpg
洗い流した後、赤く染まっているところはありません。でも一部むし歯が深くて、穴があいているところ(穿孔)があります。そこを封鎖していきますね。

7696-20140321-5.jpg
穴(穿孔)を封鎖していきました。

7696-20140321-6.jpg
中には殺菌作用のあるお薬を入れて、仮の詰め物をしました。次回は、根の治療(根管治療)がしやすいように隔壁を作る予定です。


2014年4月19日

今日は4回目のお手入れ確認日でした。
前回から間が空きましたが、良くなっているところもありますが、あれ?な場所もありましたね!
良くなっているところは引き続きこの調子で頑張って下さいね☆

7696-20140419-1.jpg

前歯が今回の課題になりそうですね。
今日、フロスの確認や歯ブラシの確認を行いましたので、次回は、現在使用中の歯ブラシで、チェックしていきましょう!!


2014年03月21日

今日は3回目のお手入れ確認日でした。
前回の写真と今回の写真を一部比べてみます。

前回↓
7696-20140321-1.jpg

今回↓
7696-20140321-2.jpg

黄色い○の所は良くなっていました♪
が、青い○の所は悪くなっていましたね。

治療中は全ての箇所を写真で比較してみました。
これをふまえて、良かったところは更に良く、今回残念だったところは次回改善されるよう
に、頑張っていきましょう♪

※回数・費用など詳しくはこちら

2014年4月17日

昔治療した所が内部から虫歯になるのを防ぎたい 広島の精密治療 アルパーク歯科

・7~8年前に虫歯で歯科医院によく通っていたが、その時から神経を抜きたくないと思い、神経を守る3-Mixの処置をしてもらった

・虫歯はあるが、今の所神経を抜いた歯がないのでそれをキープしたい、昔治療した所が内部から虫歯になるのを防ぎたい

・銀歯が白くなったり、前歯の治療が目立つ所が白くきれいになって気分よく笑えて対人関係も良好になれば理想的

7797


2014年4月16日

7797-20140416-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7797-20140416-2.jpg
詰め物を取ると、むし歯が中で拡がっています。

7797-20140416-3.jpg
かなり深い虫歯でした。神経を守るために、神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)はわざと残しました。

7797-20140416-4.jpg
神経を残すために薬を入れました。

7797-20140416-5.jpg
硬いセメントで封鎖して、軟化象牙質が再硬化するのを待ちましょう。半年ほど待ってから、再び、中に残っている虫歯を取りましょうね。


2014年4月16日

7797-20140416(2)-1.jpg
詰め物の下にむし歯が拡がっている歯の治療をしていきます。

7797-20140416(2)-2.jpg
一層目の詰め物を除去したところです。その下に黒く変色しているのが見えますね。

7797-20140416(2)-3.jpg
詰め物を全部除去したところです。黒い部分は軟かく、中にむし歯が拡がっていました。

7797-20140416(2)-4.jpg
神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)はわざと残して、神経を残す薬を入れました。

7797-20140416(2)-5.jpg
硬いセメントで封鎖して、軟化象牙質が再硬化するのを待ちましょう。半年ほど待ってから、再び、中に残っている虫歯を取りましょうね。


2014年03月15日

7797-20140315-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7797-20140315-2.jpg
歯と歯の間に大きなむし歯があります。中はこんなに深くなっていました。

7797-20140315-3.jpg
むし歯を除去して、むし歯が残っていないかむし歯が染まる検知液を塗りました。

7797-20140315-4.jpg
洗い流した後、赤く染まっているところはありません。かなり深かったですがすべて虫歯を取りましたよ。神経が残せてよかったですね。

7797-20140315-5.jpg
赤く染まらないで虫歯が残っていないか、硬さをチェックしました。大丈夫でしたよ。

7797-20140315-6.jpg
深い部分を覆髄して形を整えました。これで後は最終的な形を作って型取りをし、セットするようにしていきますね。

※回数・費用など詳しくはこちら

« 2014年3月 | メイン | 2014年5月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。