«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« ほぼ痛くない根管治療をお願いしたい アルパーク歯科です | メイン | 歯の激痛が治まらず、頭の辺りまで痛かった ラバーダムを使うアルパーク歯科です »

2014年4月17日

昔治療した所が内部から虫歯になるのを防ぎたい 広島の精密治療 アルパーク歯科

・7~8年前に虫歯で歯科医院によく通っていたが、その時から神経を抜きたくないと思い、神経を守る3-Mixの処置をしてもらった

・虫歯はあるが、今の所神経を抜いた歯がないのでそれをキープしたい、昔治療した所が内部から虫歯になるのを防ぎたい

・銀歯が白くなったり、前歯の治療が目立つ所が白くきれいになって気分よく笑えて対人関係も良好になれば理想的

7797


2014年4月16日

7797-20140416-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7797-20140416-2.jpg
詰め物を取ると、むし歯が中で拡がっています。

7797-20140416-3.jpg
かなり深い虫歯でした。神経を守るために、神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)はわざと残しました。

7797-20140416-4.jpg
神経を残すために薬を入れました。

7797-20140416-5.jpg
硬いセメントで封鎖して、軟化象牙質が再硬化するのを待ちましょう。半年ほど待ってから、再び、中に残っている虫歯を取りましょうね。


2014年4月16日

7797-20140416(2)-1.jpg
詰め物の下にむし歯が拡がっている歯の治療をしていきます。

7797-20140416(2)-2.jpg
一層目の詰め物を除去したところです。その下に黒く変色しているのが見えますね。

7797-20140416(2)-3.jpg
詰め物を全部除去したところです。黒い部分は軟かく、中にむし歯が拡がっていました。

7797-20140416(2)-4.jpg
神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)はわざと残して、神経を残す薬を入れました。

7797-20140416(2)-5.jpg
硬いセメントで封鎖して、軟化象牙質が再硬化するのを待ちましょう。半年ほど待ってから、再び、中に残っている虫歯を取りましょうね。


2014年03月15日

7797-20140315-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7797-20140315-2.jpg
歯と歯の間に大きなむし歯があります。中はこんなに深くなっていました。

7797-20140315-3.jpg
むし歯を除去して、むし歯が残っていないかむし歯が染まる検知液を塗りました。

7797-20140315-4.jpg
洗い流した後、赤く染まっているところはありません。かなり深かったですがすべて虫歯を取りましたよ。神経が残せてよかったですね。

7797-20140315-5.jpg
赤く染まらないで虫歯が残っていないか、硬さをチェックしました。大丈夫でしたよ。

7797-20140315-6.jpg
深い部分を覆髄して形を整えました。これで後は最終的な形を作って型取りをし、セットするようにしていきますね。

※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/671

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。