«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯の激痛が治まらず、頭の辺りまで痛かった ラバーダムを使うアルパーク歯科です | メイン | 麻酔の注射もほぼ痛くないほうがいい アルパーク歯科です »

2014年5月27日

しっかり検査をして現状を知りたい 精密検査を行う歯科ドック アルパーク歯科です

・中学生くらいから虫歯が多く、知識がなかったのでなすがまま治療を受けてきた

・20代でおかしいと思いながらもそのまま、30代で本やネットで調べたりしていたが、そのまま行って結果として満足のいく結果にはならなかった

・他院では「根管治療や、抜歯しかない!」と言われたが、できれば避けたい

・また、しっかり検査をして現状を知りたいとも思い、アルパーク歯科に来院

7815


2014年4月2日

7815-20140402-1.jpg
染出し直後です。欠損部の隣や、歯頸部の細かいところが残ります。
フロスは歯と歯の間だけでなく、歯周ポケットに入れ込むこと、糸を歯面にしっかりこすりつけることで細かいところをカバーすることができます。

7815-20140402-2.jpg
ほぼフロスのみでお手入れしてもらった状態です。しっかり時間をかけてフロスすることでかなり汚れが落ちています。

7815-20140402-3.jpg
次回からは補綴周りをしっかりお手入れできるようにご指導させていただきますね♪
※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/682

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。