«  2014年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年7月 1日

インプラントや金属の詰め物をしたくない 広島市西区のアルパーク歯科です

・妊娠中に銀歯がボロボロ取れ、何か所かは他の歯医者でインプラントしか方法がないと言われ、恐くなって放置している所もある

・金属アレルギー、肌も弱い、なるべく金属を骨に埋め込むインプラントや金属の詰め物をしたくない

・不自然な物を体に入れたくない、金属を使わない県外の自然診療をする歯科に通ったりもしたが、そこでの詰め物が取れた歯が夜中にのた打ち回る程痛くて一週間何も手につかない事もあった

・今度はきちんと治してもらおうと時間をかけて調べて、ホームページに説明が丁寧に載せてあり、こだわりを持って治療をしているんだなと思いアルパーク歯科に来院

・前歯とか欠けている所もある、とりあえずは綺麗な歯になりたい


7361


2014年6月12日

7361-20140612-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7361-20140612-2.jpg
3つある根の中(根管)の1つ(舌側)をきれいにしていきます。

7361-20140612-3.jpg
3つある根の中(根管)の1つ(ほっぺ側の奥側)をきれいにしていきます。

7361-20140612-4.jpg
舌側の根管を綺麗にしました。

7361-20140612-5.jpg
ほっぺ側の奥側の根管を綺麗にしました。3つある根管の2つを綺麗にしていきました。

7361-20140612-6.jpg
中に殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7361-20140612-7.jpg
硬いセメントで封鎖しました。もう少し綺麗にしていく予定ですので、頑張ってくださいね。

※回数・費用など詳しくはこちら

根の治療で再発を繰り返したくない 顕微鏡で根管治療をするアルパーク歯科です

・小さい頃から虫歯が多く、痛くなってから歯医者に行っていた

・面倒臭がりで歯磨きをしっかりしてこなかった

・歯医者さんにいくのが億劫で虫歯を放置し、その歯は失ってしまい、他の歯の何度か神経を取る事になった

・根の治療をしてもらったところ、終わった時に「数年後におそらくまた同じ症状が出ます」と言われ、再発を繰り返すものなら普通の歯科医院で治療すれば良いと思ったが、
顕微鏡を使って100%と言わないまでも完治するならと思い、アルパーク歯科に来院


7853


2015年2月15日

今日はホワイトニングの最終回でした。
今日を含めて3回ホワイトニングをおこないました。
785320150215-1.jpg
こちらはホワイトニング2回目(2015.1.4)の写真です。
まだ歯の色にムラがあるのが分かりますね。

785320150215-2.jpg
そして、こちらはホワイトニング3回目が終わった時の写真です。
歯の色が均一になっているのが分かりますか?
ホワイトニングの効果が出てよかったですね♪


2014年11月3日
お手入れの練習5回目
7853-20141103-1.jpg
とても良い状態で、お手入れができていますね!
一部フロスが難しい所があったようで、お話を伺うと「押しながらフロスを使いにくい」とのことでした。フロスの使い方をみてみると、確かに力が入りづらいようです。
そんな時は、他の所よりフロスで歯面をこする回数を増やして、カバーしましょう。

お手入れもお上手なので・・・、今日は着色を除去しました。

7853-20141103-2.jpg

7853-20141103-3.jpg
コーヒーを良く飲まれるという事で、前歯の裏が着色していたので着色を除去しました。
着色しやすい方は、コーヒーや紅茶など着色しやすいものを飲まれた後に、水でお口をゆすぐと、着色しにくくなりますよ。


2014年9月27日

お手入れの練習4回目
ずいぶん上達されていますね!
完璧なお手入れまであと一歩という感じです。
細かいところをチェックしてみると・・・
7853-20140927-1.jpg
歯と歯の間に、うっすらプラークが付いているのが分かりますね。

7853-20140927-2.jpg
下の奥歯の裏側、ここは残りやすい所です。
プラークが付いているのは、あとわずかなのですが、この「わずか」が重要です!
虫歯を繰り返さないためにも、「わずか」を無くして、完璧なお手入れを目指しましょうね。


2014年8月9日

7853-20140809-1.jpg
お手入れの練習3回目

7853-20140809-2.jpg
前回残っていた、上の小臼歯のプラークが改善されていますね。
フロスの使い方が上達されています。
下の小臼歯、もう少し残っている所がありますが、ここもフロスの使い方を変えるときれいになります。

7853-20140809-3.jpg
下の奥歯の裏側です。
歯と歯ぐきの境目に沿ってプラークが付いているのが分かりますね。
こういう所は、ワンタフトブラシというブラシを使ってお手入れすると、きれいになりますよ。
今日から、ワンタフトブラシを使ってみましょう。


2014年6月1日

7853-20140601-1.jpg
お手入れの練習二回目
前回は、赤く染まっていた歯と歯の間は、どうでしょうか・・・歯と歯の間のプラークは改善しています。
フロスでお手入れされた成果が出ていますね!

7853-20140601-2.jpg
横から見てみると・・・、まだプラークが付いている所が分かりますね。
ここは、フロスの使い方を変えると、改善できますよ。練習しましょう!


2014年5月25日

7853-20140525-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7853-20140525-2.jpg
虫歯を除去していくと、土台になっていた金属の杭が2本見えてきました。その杭を除去していきます。

7853-20140525-3.jpg
かなり長い杭でしたが、2本とも除去しました。

7853-20140525-4.jpg
中には殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7853-20140525-5.jpg
仮歯を入れました。今後根の中の治療(根管治療)をしていきますが、次回は菌が入りにくくするために根に隔壁を作っていきます。


2014年5月18日

7853-20140518-1.jpg
お手入れの練習1回目
どこにプラーク(細菌の塊)が付いているのか見るために、カラーテスターというものを使いました。
赤く染まっているところがプラークです。
一見きれいにされているようですが、よーく見てみると・・・、歯と歯の間が赤く染まっていますね。

7853-20140518-2.jpg
歯と歯の間のお手入れは、歯ブラシだけではできません。
そこで、フロスというものを使って歯と歯の間のお手入れを練習しました。
フロスを使ったお手入れは、虫歯のと歯周病の予防になりますよ。

※回数・費用など詳しくはこちら

痛くて噛めない 金属の詰め物は使用しない、広島のアルパーク歯科です

・左の歯が痛くて上の歯が痛いのか下の歯が痛いのかもよくわからない状態

・今は痛くて噛めない状態、ご飯もあまり噛まずに食べて過食気味

・奥歯のほとんどに金属の詰め物が入っていて、左下の金属の詰め物をやりかえる時に白い詰め物にしてもらおうと思ってその時通っていた歯医者さんに聞いてみたところ、白い詰め物だと削る量が増えるので神経に近くなると言われ、諦めて金属の詰め物にした

・親戚の子どもの歯を仕上げ磨きしたときに、その子が天然のとてもきれな白い歯をしていて羨ましくて、私も笑った時に銀歯が見えない口の中になれば良いなと思っている


7830


2014年9月20日
7830-20141007-1.jpg
今日は楽しみにされていたホワイトニングの最終日です。
この写真はホワイトニング前の写真です。お手入れを頑張っていただいていたので、歯茎も引き締まって、清潔感のあるお口の中になっていますね。
こ れ で 歯 が も う 少 し 白 く な れ ば 言 う 事 あ り ま せ ん ね。

7830-20141007-2.jpg
これがホワイトニング終了後です。
かなり白くなって、気にされていた犬歯と前歯の色の差も、かなり解消されました。
全体的に明るくなって、とても清潔感のあるお口に見えますね。良かったです。

2014年6月22日

7830-20140622-1.jpg
前回しっかりしたプラークがついていた、下の歯の内側です。
先の細いワンタフトで毎日お手入れをしていただきました。
かなり歯のツルツルの面が出てきていますね!歯と歯の間が惜しいです。
これはフロスやワンタフトの当て方で改善されると思います。

7830-20140622-2.jpg
奥歯はほぼ完璧です!
これを毎日続けていただくことで虫歯や歯周病から抜け出せますよ。


2014年5月24日

7830-20140524-1.jpg

7830-20140524-2.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7830-20140524-3.jpg
金属の詰め物(インレー)とむし歯を除去した後、むし歯が残っていないかむし歯が染まる検知液を塗りました。

7830-20140524-4.jpg
洗い流した後、赤く染まっているところはありません。すべて虫歯を取りましたよ。

7830-20140524-5.jpg
赤く染まらないで虫歯が残っていないか、硬さをチェックしました。大丈夫でしたよ。

7830-20140524-6.jpg
むし歯が深かったところを含め、刺激を遮断するように歯を一層覆うようにしました。

7830-20140524-7.jpg
硬いセメントで仮詰めして形を整えました。
今回はいちばん奥の歯でしたが、よく頑張っていただき、治療がうまくいきましたよ。
ありがとうございました。
※回数・費用など詳しくはこちら

« 2014年5月 | メイン | 2014年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。