«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« インプラントや金属の詰め物をしたくない 広島市西区のアルパーク歯科です | メイン | 虫歯が多く、気がついたら口の中が銀歯だらけ メタルフリーのアルパーク歯科です »

2014年9月 5日

歯磨きをしていても、虫歯ができてしまう 虫歯から抜け出せる広島のアルパーク歯科

・今まで歯が悪くなると、削って治して悪くなってまた削って...の繰り返し
・歯磨きをしても、虫歯ができる、定期的にメンテナンスに通っても歯周ポケットは良くない

・第一目標は、「歯をとにかく残したい、死ぬまで自分の歯で食べたい」、それを実現したい。
・そう思い、インターネットで情報を知ってアルパーク歯科に来院

7816


2015年1月4日
お手入れの練習 3回目

前回から少し期間が空いて久しぶりのお手入れの練習です。
お手入れの状態はどうでしょうか?
7816-20150104-1.jpg

7816-20150104-2.jpg
これは歯の裏側の写真です。
歯と歯の間、歯と歯ぐきの際の所にプラークが付いているのが分かりますね。
お手入れは、歯ブラシ、フロス、ワンタフトブラシと使い分けておられます。
「・・・ではなぜ残るの?」と不思議ですよね。
実際のお手入れの方法を確認してみると、歯ブラシ、フロス、ワンタフトとそれぞれの使い方は問題なく、お手入れの時間が少し短いようでした。
それぞれ使ってお手入れしているのに、プラークが落ちていないのは、もったいないですよね。
お手入れの時間は大切です。出来る限り時間を作ってお手入れしてみて下さいね!


2014年6月1日

7816-20140601-1.jpg
お手入れの練習2回目
前回、フロスの練習をしました。
1回目に比べるとプラーク(細菌の塊)のつき方が薄くなっていますよ。

7816-20140601-2.jpg
しかし、まだプラークがついているのが分かりますね。
この残っているところが、虫歯や歯周病の原因になります。
お手入れしている時に、今どの部分のお手入れをしているかを意識してみてくださいね。
スミズミまで、きれいになるようにお手入れしていきましょう!

2014年5月1日

7816-20140501-1.jpg
お手入れの練習1回目
顕微鏡をつかって、お口の中にいる細菌を見てみましょう。
虫歯や歯周病の原因菌がいるのがわかります。
実際には動画なので、菌の動きがよくわかりますよ。
お手入れを継続していくことで、細菌の数が減少したり、動きが抑えられますよ。


※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/705

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。