«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« これ以上、歯を抜きたくない 可能な限り歯を抜かない歯医者、広島のアルパーク歯科です | メイン | 金属アレルギーを改善したい 金属を使用しない広島の歯医者、アルパーク歯科です »

2014年10月22日

差し歯の歯根部にヒビ マイクロスコープで根管治療を行う広島のアルパーク歯科

・昨年の秋、上の前歯の差し歯が取れた

・それは以前にも外れたことがある歯だが、今回も同じように土台ごと取れてしまい、近所の歯科医院で付けてもらった

・硬い物を噛んだ時に割れてしまったが、なんとなく噛めていた
・しかし、みっともないと思い根管治療と併せて治療してもらい差し歯も変えたが、噛み合わせが変に感じ、なにより硬いものが当たると痛くて物を噛めなくなった

・その後、何度か外れてしまい他の歯科医院で診察を受けたが、また動くようになり、大学の歯科で診察してもらうと歯根部にヒビが入っている可能性が高いとのことで、その場合インプラントにする方がよいのではと言われた

・できればインプラントにはしたくない、歯根にヒビがあるのかをはっきり知りたい

7901


2014年11月4日
ホワイトニング最終回です。
このタイプのホワイトニングは歯を真っ白にするというよりも、歯に透明感をだして歯の色を明るくするホワイトニングです。
こちらがホワイトニング前の写真。
7901-20141104-1.jpg

そして、こちらがホワイトニング後の写真。

7901-20141104-2.jpg
右上1番(11)、左上2番(22)は仮歯が入っているので、ホワイトニング前の状態とは違いますが、他の部分を比べると、全体的にトーンが上がっているのがわかりますか?
特に下の前歯は、くすみがとれて明るさが出ました。
このようにホワイトニングで明るさが出たところで、今後最終的なかぶせや詰め物がはいっていきますよ!


2014年10月9日
お手入れの練習5回目

歯ブラシを毛先が平らなタイプに変えられ、お手入れしやすくなったそうですね。
前回、磨き残しのあった部分をみてみると、きれいな状態になっています!
7901-20141009-1.jpg

全体的に良い状態でお手入れされていますね。
しかし、残念ながら不適合な詰め物やかぶせに沿ってプラークがついているところがあります。

7901-20141009-2.jpg
でも、大丈夫です!こういうところは、治療してピッタリと歯にあったものに変えることで、お手入れしやすくなります。


2014年10月2日

お手入れの練習4回目

お手入れもずいぶん上達されて、慣れてこられましたね。
フロスをされているので、歯と歯の間がきれいですね!
しかし、下の前歯の先の方が薄く染まっているのが分かります。
「しっかりお手入れしているのに、なんでだろう・・・」
いつも使われている歯ブラシを聞いてみると、歯ブラシの毛先が細くとがっているシステマタイプを使われていました。
歯茎に炎症のある方や、歯と歯茎の境目のお手入れには適していますが、歯の表面を磨くのは、このように磨き残しが出てきてしまう場合があります。
7901-20141002-1.jpg
こういうところは、歯ブラシの毛先が平らなものがいいですね。
歯に対して、歯ブラシの毛先を直角に当てるのがポイントですよ。


2014年9月24日

お手入れの練習3回目

奥歯は見えづらいので、フロスがどこまで入っているか良く分からないと、ご相談を受けました。アルパーク歯科で使っているウルトラフロスは、奥歯でもフロスが使いやすいように作られていますが、どうしても見えみくいところもありますよね。
7901-20140924-1.jpg
今日は、奥歯のフロスを練習しましょう。

7901-20140924-2.jpg
フロスは、歯と歯ぐきの間に入るようにして、しっかりこするようにします。
鏡で見えづらい部分は、歯や歯ぐきに当たっている感じ、キュッキュッとフロスが歯にこすれる感覚を感じてみてください。
他のお手入れの道具でも、どうやっても鏡で確認しきれないところは、出てくるものです。
こういう感覚を身に着けることは、お手入れの上達の近道ですよ!


2014年9月17日

お手入れの練習2回目
7901-20140917-1.jpg
お口の中に細菌がいることを知っていますか?
プラークという細菌の塊を顕微鏡でみてみるとこんな風に見えます。
細かい粒状のもの、細長いもの、これが細菌なんです。
今は細菌の数もたくさんで、動きも活発です。
お手入れをしていくことで、細菌の数も少なくなって、動きも鈍くなっていきますよ!


※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/718

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。