«  2014年12月15日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年12月15日

保険診療と自由診療ではできる事に差がある 完全自由診療の歯医者、アルパーク歯科です

・今まで矯正治療以外で歯医者さんに行くことがなく、3年前に東京の歯医者さんで10本近く虫歯の治療をした

・そのうちの一本が治療してそれ程たたないうちに痛みが出始め、今でもフロスをすると痛みが走る

・これまで虫歯の経験がそれ程なかったので、フロスや冷たいものがしみるだけで、神経を抜く治療をしないとけなくなるのでは・・と不安

・3年前に治療した歯がこんな風に痛むのなら、今度はきちんとした治療をしてもらおうと思った

・親戚に歯科医がいるが、その人も保険診療と自由診療ではできる事に差があるから、きちんと治療するなら自由診療が良いと勧められた

・矯正で歯をたくさん抜いたので残った歯を大事にし、一生自分の歯で食べられるようにしたい

7789


2015年6月17日
7789-20150617-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。奥歯の詰め物の周りに色が付いています。

7789-20150617-2.jpg
詰め物とむし歯を除去した後、虫歯が染まる検知液を塗り、むし歯が残っていないかをみます。

7789-20150617-3.jpg
洗い流すときれいに取れます。虫歯はすべて除去しましたよ。

7789-20150617-4.jpg
赤く染まらないで虫歯が残っていないか、硬さをチェックしましたが、問題なかったですよ。

7789-20150617-5.jpg
歯と同じような色のコンポジットレジンを詰めました。

7789-20150617-6.jpg
赤く染まる液を塗っても、

7789-20150617-7.jpg
洗い流すとさっと取れます。これで汚れが付きにくくなりました。


2015年6月4日
7789-20150604-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。詰め物の周りに小さなむし歯があります。

7789-20150604-2.jpg
むし歯を除去した後、虫歯が染まる検知液を塗り、むし歯が残っていないかをみます。

7789-20150604-3.jpg
洗い流しても染まっていません。虫歯はすべて除去しましたよ。

7789-20150604-4.jpg
赤く染まらずに残っている虫歯がないか、硬さをチェックしました。大丈夫でしたよ。

7789-20150604-5.jpg
歯と同じような色のコンポジットレジンを詰めました。

7789-20150604-6.jpg

7789-20150604-7.jpg
赤く染まる液を塗っても、洗い流すとさっと取れます。これで汚れが付きにくくなりました。


2015年4月24日
7789-20150424-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。ほっぺ側の歯が一部剥がれたようになっています。

7789-20150424-2.jpg
むし歯を除去した後、虫歯が染まる検知液を塗り、むし歯が残っていないかをみます。

7789-20150424-3.jpg
洗い流しても染まっていません。虫歯はすべて除去しましたよ。

7789-20150424-4.jpg
赤く染まらないで虫歯が残っていないか、硬さをチェックしました。大丈夫でしたよ。

7789-20150424-5.jpg
歯と同じような色のコンポジットレジンを詰めました。

7789-20150424-6.jpg

7789-20150424-7.jpg
赤く染まる液を塗っても、洗い流すとさっと取れます。これで汚れが付きにくくなりました。


2015年2月25日

7789-20150225-01.jpg
仮歯を外して詰め物(インレー)の形を作っていきます。

7789-20150225-02.jpg
マイクロスコープで拡大して精密に形成していきます。

7789-20150225-03.jpg
形成しました。

7789-20150225-04.jpg

7789-20150225-05.jpg
キレイに型取りができましたよ。

7789-20150225-06.jpg
仮歯をしました。次回にはセラミックのインレーが入りますので、楽しみにして下さい。


2014年12月10日

7789-20141210-1.jpg
7789-20141210-2.jpg
今日はお手入れの練習2回目です。ワンタフトでのお手入れが習慣になられたそうで、それだけでこれだけプラークがない状態になりました。

7789-20141210-3.jpg
7789-20141210-4.jpg
前回帯状にプラークが残っていた左下一番奥の内側のプラークもかなり薄くなりましました。
ただ、手前と奥にまだブラシが届いていませんね。惜しいです。
一回目でここまでお手入れが改善されたので、あとは細かい難しい所のプラークを落とすテクニックを習得していきましょう。


2014年12月3日

7789-20141203-1.jpg
7789-20141203-2.jpg
今日はお手入れの練習一回目でした。
歯並びも綺麗で、一見お手入れが行き届いているようでしたが、細菌の塊であるプラークを
染め出してみると、意外と広範囲にプラークはこびりついています。
無色透明のプラークは、染出しをしないと歯のどこにこびりついているのかわからないのです。
7789-20141203-3.jpg
7789-20141203-4.jpg
下の奥歯の内側もツルンとして綺麗に見えますが、染出しをしてみると、歯と歯茎の境目に帯状にプラークがついています。
ここはいつも歯ブラシが当たっていなくて、プラークが取り残されているところです。
このプラークの中にいる細菌が、歯ぐきのポケットに張り込んで歯周病の原因になっていくのです。

※回数・費用など詳しくはこちら

自分の歯と向き合って治療をしようと決心 アルパーク歯科です

・小さい頃に虫歯の治療に通っていた、歯を削るときの独特な振動や痛みが嫌だった

・麻酔を打ってもらっても効かず、なかなか治療に足が向かなった
・二十歳を迎え、ちゃんと自分の歯と向き合って治療をしようと決心、調べているとアルパーク歯科を見つけた

・無痛というワードが惹かれた、ここで治療してみようと思った

8033

2014年12月15日

2014年12月01日、お手入れ練習がスタートしました。
この日はフロスの使い方と奥歯の磨き残しの歯ブラシの当て方について説明しました。
8033-20141215-1.jpg

8033-20141215-2.jpg

2014年12月10日
お手入れ練習2回目です。お手入れの成果はでているでしょうか?
8033-20141215-3.jpg

8033-20141215-4.jpg

多少表面の磨き残しが1回目より目立っていますが・・・
下の前歯の歯と歯の間、上の奥2本の歯の磨き残しが少なくなっています!
この調子でお手入れを頑張っていただければもっとよくなりそうです。

※回数・費用など詳しくはこちら

« 2014年11月28日 | メイン | 2014年12月27日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。