«  2015年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年3月28日

銀歯が入っている歯がなんとなく痛いような・・ アルパーク歯科で納得のいく治療を

・出産をきっかけに、歯医者に頻繁に通うようになった

・詰め物のやりかえ、虫歯治療、根の治療(根管治療)など、5~6件病院を転々としましたが、どの歯科医院にも納得がいかない状況

・銀歯が入っている歯がなんとなく痛いような重いような感じがして、伝えても「様子をみましょう」という返事で、何もしてもらえず歯科に疑問をもっていた

・長期になっても、じっくりと、しっかりと治療をして、歯も頭も、精神的にもすっきりさせたいと思い、アルパーク歯科来院

8098


2015年12月03日

3か月ぶりの確認日でした(^^)

お手入れの方は少し癖が出たようで、磨き残しがある場所が数か所
ありましたね。おしい!!
今日染出しをして残っていた所に気を付けて、お手入れをしてみて下さいね☆

下の前歯に少し歯石がついていました。

Before
8098-20151203-1.jpg

After
8098-20151203-2.jpg

下の前歯は、舌のしたに唾液線があり汚れを固めやすいので歯石が付きやすい場所です。

気を付けてお手入れしてみて下さいね(^_^)

また、3か月後にお待ちしています♫


2015年8月25日
8098-20150825-1.jpg
後ろの歯との間の詰め物の下にむし歯が拡がっています。ラバーダムをして治療をしていきます。

8098-20150825-2.jpg
中の詰め物を取っていくとかなり深くなっていました。

8098-20150825-3.jpg
虫歯を除去後、虫歯が残っていないかを調べるため、虫歯が染まる検知液を塗りました。

8098-20150825-4.jpg
洗い流した後、赤く染まっているところはありません。すべて虫歯を取りました。神経に近いところもありましたが、神経をとらないですみましたよ。

8098-20150825-5.jpg

8098-20150825-6.jpg
赤く染まらない場合もありますので、虫歯が残っていないか、硬さをチェックしましたが、大丈夫でしたよ。

8098-20150825-7.jpg
深いところを補ったり、刺激を遮断するように歯を一層覆うようにしました。(間接覆髄)

8098-20150825-8.jpg
仮詰めをしました。あとは最終的な形を作って型取りをしていきますね。


2015年8月18日

8/4~18日の間でホワイトニングを行いました。

このように薬剤を歯に塗布して5分程照射します
8098-20150908-1.jpg


照射後はこのように膨らみます
8098-20150908-2.jpg

この一連の流れを日に3.4回繰り返し行い、それを3日行いました。

Before
8098-20150908-3.jpg

After
8098-20150908-4.jpg

写真だとわかりにくいですが、、、歯の明度があがり白く綺麗になりましたね♪


2015年7月24日
8098-20150724-1.jpg
ラバーダムをして奥歯の根の治療(根管治療)をしていきます。

8098-20150724-2.jpg
舌側の根管に穴が開いていたところを、前回MTAセメントで封鎖しました。しっかり硬化していました。

8098-20150724-3.jpg

8098-20150724-4.jpg
セメントを除去し、以前に詰めてあったお薬を取り除いていきます。

8098-20150724-5.jpg
根管の先まできれいにしましたよ。

8098-20150724-6.jpg
殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

8098-20150724-7.jpg
仮歯をしました。もう少し根管治療が続きますが、頑張ってくださいね。


2015年6月24日

今日は右上の1番奥の7番目の歯の歯石のチェックを前回に引き続き行いました。

8098-20150624-1.jpg

茶色く見えるのが縁下歯石です。

8098-20150624-2.jpg

除去したあとの写真です。

施術後なので、出血がありますが、綺麗に除去することが出来ました。

これで歯石のチェックは終わりになります。


2015年6月19日

今日は右上の歯の歯石のチェックを行いました。

8098-20150619-1.jpg

1番後ろの7番目の歯の歯茎の中に歯石がついていました。

8098-20150619-2.jpg

このように除去していきました。

この歯はまだ歯石が付いている箇所があるので、次回引き続きチェックを
してきます。


2015年6月12日

全体的に縁下歯石は見つからなかったので、今日は左下・左上のチェックが完了しました!

フロスがどうしても引っかかっていた左下3番目の遠心(4番目側)

原因はこの歯石でした。

8098-20150612-1.jpg

黄色い〇の中に茶色くボコッと出ているのがわかりますね。

歯と歯のすき間が狭い部分なので除去が意外と難しい場所でした。

8098-20150612-2.jpg

少し時間がかかってしまいましたが、このように除去することが出来ました。

フロスが引っかからない事も確認してあります(^_^)

次回は、残りの左上の歯石のチェックをしていきます。


2015年6月6日

今日は右下を中心に歯石のチェックを行いました。

前回縁上歯石を取り、歯茎の中にまだ残っていた
歯石です。

8098-20150606-1.jpg

風をかけて歯茎を広げた状態での写真です。

8098-20150606-2.jpg

写真を撮影していなかったので、わかりにくい写真になり申し訳ありませんが、赤い矢印の部分が縁下歯石を除去した歯になります。

他の歯には縁下歯石はありませんでしたが、歯茎の中の歯面を機械的に清掃を行っています。

これで、フロスの引っ掛かりもなくなりました♪


2015年5月29日

今日から歯周病治療の開始です。(THP)

今日は前準備なので、歯茎の上に付いている歯石の除去などを行いました。

(※ 上下逆向きです)

8098-20150529-1.jpg

8098-20150529-2.jpg

このように、白い歯石がついていました。

8098-20150529-3.jpg


8098-20150529-4.jpg

除去後はこのような感じです。
今日は、歯茎の上の歯石、いわゆる縁上歯石を除去したので
歯茎の中の歯石である縁下歯石はまだ残っている状態です。

ですが、縁上歯石を除去しただけでも、フロスの引っ掛かりが減り、フロスが通りやすくなったと思います(^_^)

次回からは、縁下歯石の確認・除去を行っていきます。


2015年5月22日

8098-20150522-1.jpg
ラバーダムをして奥歯の根の治療(根管治療)をしていきます。

8098-20150522-2.jpg
3つある根の中(根管)で、ほっぺ側の奥の根管を中心にきれいにしていきます。

8098-20150522-3.jpg
以前に詰めてあったお薬を取り除いていきます。

8098-20150522-4.jpg
根管の先まできれいにしましたよ。

8098-20150522-5.jpg
殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

8098-20150522-6.jpg
仮歯をしました。次回も根管治療が続きますので、頑張ってくださいね。


2015年4月24日

歯周病治療を開始する前に歯周病菌のガスの検査を行いました。

8098-20150424.png

硫化水素・・・舌や口腔内の汚れ
メチルマルカプタン・・・歯周病や虫歯
ジメチルサルファイド・・・消化器系の内蔵の臭いや服用薬

それぞれが閾値を超えている状態です。
歯周病治療を行う事でこの数値が良くなっていきます。


2015年4月15日

3回目のお手入れ確認日です。
前回ワンタフトブラシを取り入れました。
効果は出たでしょうか?

2回目のお手入れ確認時↓
8098-20150415-1.jpg
このように、左下の6番目の歯の歯茎と歯の境目辺りにプラークが多く残っていました。

今回のお手入れ確認時↓

8098-20150415-2.jpg

完璧!!とまではいきませんが、染まりも薄くなり随分良くなりました(^_^)
継続していただくことで更に改善されていくと思うので、頑張りましょう☆


2015年3月25日

前回から2週間ほど経過しました。
お手入れの調子はどうでしょうか?
今日も赤染めをしての確認を行っていきました。

8098-20150325-1.jpg

8098-20150325-2.jpg

前回に比べて、染まっている場所が減り・薄くなりました!

ここで、更にレベルアップをすべく取り入れたお手入れ度具がこちらです!

8098-20150325-3.jpg

ワンタフトブラシという先の小さな歯ブラシです。
この歯ブラシを上手に活用してみてください☆


2015年3月11日

今日からお手入れの練習の始まりです(^_^)
何処に悪くなった菌の塊がいるのか。を目で確かめていきます。
赤染めの粒を使用して歯を染めていきます。

結果がこちらです↓

8098-20150311-1.jpg
綺麗にされていますね!!!驚きです!!

8098-20150311-2.jpg

8098-20150311-3.jpg
残っていた場所(悪い菌)は、奥歯の内側でした。
歯茎に近い場所に濃く残っていましたね!
なかなか、歯ブラシでは当たりにくく、難しい場所です。
今回はハブラシでのアドバイスとなりましたが、次回は違ったお手入れ道具を活用して
より良いお手入れ方法を勉強していきましょう!

※回数・費用など詳しくはこちら

2015年3月 5日

歯を抜かれる前に、マイクロスコープで診て欲しい JR新井口駅前のアルパーク歯科

・根っこの治療(根管治療)をしている歯の治療が上手くいっておらず、ヒビが入っているから「抜かないといけない」と言われた

・過去にインプラントをした経験もあったが、その歯を残せる方法があればと思い、インターネットでいろいろ検索をした

・マイクロスコープを使って治療しているとのことなので、マイクロスコープで診て、その歯が残せるかどうか判断してもらいたいと思い、アルパーク歯科来院

8044


2016年2月7日
8044-20160207-1.jpg
奥歯の治療をしていると、手前の歯が虫歯になっているのが確認できました。今なら横から治療できるので、健全なところを削らないで虫歯だけを削ることができます。

8044-20160207-2.jpg
ラバーダムをしてむし歯を除去した後、むし歯が残っていないか見るために、虫歯が染まる検知液を塗りました。

8044-20160207-3.jpg
洗い流すと検知液は残っていません。虫歯はすべて除去しましたよ。

8044-20160207-4.jpg
軟らかいところが残っていないか、硬さもチェックしましたが、問題なかったですよ。

8044-20160207-5.jpg
歯と同じような色のコンポジットレジンを詰めました。

8044-20160207-6.jpg
赤く染まる液を塗っても、

8044-20160207-7.jpg
洗い流すとさっと取れます。汚れも付きにくくなりました。

8044-20160207-8.jpg

8044-20160207-9.jpg

8044-20160207-10.jpg
フロスを通しても引っかかったり、切れることありません。健全なところを削らないで虫歯を治すことができましたよ。


2016年1月27日
8044-20160127-1.jpg
ラバーダムをして虫歯を除去した2本の歯を、インレーを入れる形に作っていきます。

8044-20160127-2.jpg

8044-20160127-3.jpg
まずは奥の歯から、顕微鏡(マイクロスコープ)で拡大して精密に形成していきます。

8044-20160127-4.jpg
全体をなめらかに形成しました。

8044-20160127-5.jpg
続いて手前の歯も顕微鏡(マイクロスコープ)を見ながら形成していきます。

8044-20160127-6.jpg
こちらもなめらかに形成しました。

8044-20160127-7.jpg
どちらも仮歯を入れました。次回は最終チェックをして、型取りをしていきましょうね。


2016年1月23日
8044-20160123-1.jpg

8044-20160123-2.jpg
しみるとのことなので、ラバーダムをして右上の歯を治療していきます。

8044-20160123-3.jpg
インレーを除去すると、手前の歯との間が虫歯になっていますが、思ったほどは大きくなかったですよ。

8044-20160123-4.jpg
虫歯を除去後、虫歯が残っていないかを調べるため、虫歯が染まる検知液を塗りました。

8044-20160123-5.jpg
洗い流した後、顕微鏡(マイクロスコープ)で見ても赤く染まっているところはありません。すべて虫歯を取りました。

8044-20160123-6.jpg

8044-20160123-7.jpg
他より色が濃いところの硬さもチェックしましたが、問題ありません。

8044-20160123-8.jpg
刺激を遮断するように歯の内側を一層覆いました。(間接覆髄)

8044-20160123-9.jpg
仮詰めをしました。強くしみるほどの虫歯ではないと思いましたが、これでしばらく様子をみてみましょう。


2016年1月10日
8044-20160110-1.jpg

8044-20160110-2.jpg
ラバーダムをして治療をしていきます。前回処置した歯の1つ手前の歯です。

8044-20160110-3.jpg
インレーを除去すると、下の歯茎側の境目から虫歯になっていますね。

8044-20160110-4.jpg
虫歯を除去後、虫歯が残っていないかを調べるため、虫歯が染まる検知液を塗りました。

8044-20160110-5.jpg
洗い流した後、顕微鏡(マイクロスコープ)で見ても赤く染まっているところはありません。すべて虫歯を取りました。

8044-20160110-6.jpg

8044-20160110-7.jpg
他より色が濃いところの硬さもチェックしましたが、大丈夫でしたよ。

8044-20160110-8.jpg
刺激を遮断するように歯を一層覆いました。(間接覆髄)

8044-20160110-9.jpg
仮詰めをしました。次からは奥の歯も一緒にセラミックインレーの形を作っていきますね。


2015年12月26日
8044-20151226-1.jpg

8044-20151226-2.jpg
ラバーダムをして治療をしていきます。詰め物(インレー)の中にむし歯があるのが透けて見えています。

8044-20151226-3.jpg
インレーを除去すると、手前の歯との間から虫歯になっていますね。

8044-20151226-4.jpg
虫歯を除去後、虫歯が残っていないかを調べるため、虫歯が染まる検知液を塗りました。

8044-20151226-5.jpg
洗い流した後、顕微鏡(マイクロスコープ)で見ても赤く染まっているところはありません。すべて虫歯を取りました。

8044-20151226-6.jpg

8044-20151226-7.jpg
色が変わっているところの硬さもチェックしましたが、大丈夫でしたよ。

8044-20151226-8.jpg
刺激を遮断するように歯を一層覆うようにしました。(間接覆髄)

8044-20151226-9.jpg
仮詰めをしました。次は手前の歯を同じように処置していきますね。


2015年12月10日
8044-20151210-1.jpg
ラバーダムをして、歯をきれいにしました。

8044-20151210-2.jpg
セラミックインレーをセットして染色液をつけたところです。境目があまり分からないくらいです。

8044-20151210-3.jpg
水で流すとさっととれます。隙間にもしみこみません。これで菌も付きにくくなり、お手入れも簡単になりますよ。

8044-20151210-4.jpg

8044-20151210-5.jpg

8044-20151210-6.jpg
フロスをしても切れたりしませんよ。これで左下の奥歯はきれいになりましたね。次はご希望の右下の治療をしていきますね。


2015年11月29日
8044-20151129-1.jpg
仮歯を外して詰め物(インレー)の形を作っていきます。

8044-20151129-2.jpg

8044-20151129-3.jpg
顕微鏡(マイクロスコープ)で拡大して精密に形成していきます。

8044-20151129-4.jpg
最終的な形を作りました。

8044-20151129-5.jpg

8044-20151129-6.jpg

8044-20151129-7.jpg
型取りしました。きれいに採れましたよ。

8044-20151129-8.jpg
仮歯をしました。次回にはセラミックのインレーが入りますので、楽しみにして下さい。


2015年10月31日
8044-20151031-1.jpg

8044-20151031-2.jpg
詰め物(インレー)が取れてしまいましたね。ラバーダムをして治療をしていきます。

8044-20151031-3.jpg
顕微鏡(マイクロスコープ)で見ると、金属が一部残っています。このまま形を作ってつめていたようですね。

8044-20151031-4.jpg
虫歯を除去後、虫歯が残っていないかを調べるため、虫歯が染まる検知液を塗りました。

8044-20151031-5.jpg
洗い流した後、赤く染まっているところはありません。すべて虫歯を取りました。

8044-20151031-6.jpg
刺激を遮断するように歯を一層覆うようにしました。(間接覆髄)

8044-20151031-7.jpg
仮詰めをしました。あとは最終的な形を作って型取りをしていきますね。


2015年9月20日
8044-20150920-1.jpg
ラバーダムをして、クラウンをセットする歯をきれいにしました。

8044-20150920-2.jpg
セラミッククラウンをセットした後、染色液を塗りました。

8044-20150920-3.jpg
水で流せばさっととれます。

8044-20150920-4.jpg

8044-20150920-5.jpg

8044-20150920-6.jpg

8044-20150920-7.jpg

8044-20150920-8.jpg

8044-20150920-9.jpg
前後の歯との間にフロスを通しても、引っかかりません。これでさらにお手入れしやすくなりましたね。


2015年9月6日
8044-20150906-1.jpg
ラバーダムをして、仮歯をとった後、歯をきれいにしました。

8044-20150906-2.jpg
インレーをセットして染色液をつけたところです。

8044-20150906-3.jpg
水で流すとさっととれます。隙間にもしみこみません。これで菌も付きにくくなりますよ。

8044-20150906-4.jpg

8044-20150906-5.jpg

8044-20150906-6.jpg
フロスも引っかかりませんよ。次は後ろのクラウンをセットしますね。


2015年8月22日
8044-20150822-1.jpg

8044-20150822-2.jpg
仮歯をはずしました。歯と歯の間の歯肉も良好です。

8044-20150822-3.jpg

8044-20150822-4.jpg
手前のインレーの型です。

8044-20150822-5.jpg

8044-20150822-6.jpg

8044-20150822-7.jpg
奥のクラウンの型です。どちらの歯もきれいに型取りができましたよ。

8044-20150822-8.jpg
仮歯をしました。歯肉の状態が良かったので、きれいに型がとれました。このままいい状態を保ってくださいね。次は手前のインレーをセットしますね。


2015年8月8日
8044-20150808-1.jpg
前回虫歯を除去した歯を、インレーを入れる形に作っていきます。

8044-20150808-2.jpg
顕微鏡(マイクロスコープ)で拡大して精密に形成していきます。

8044-20150808-3.jpg
全体をなめらかに形成しました。

8044-20150808-4.jpg
後ろの歯もクラウンを被せる形に仕上げていきます。

8044-20150808-5.jpg
後ろの歯を上から見たところです。

8044-20150808-6.jpg
どちらも仮歯をしました。次回は最終チェックをして、型取りをしていきましょうね。


2015年7月26日
8044-20150726-1.jpg
深い虫歯のため、神経を守るためにお薬を入れておいた歯です。ラバーダムをして、中の状態を見ていきます。

8044-20150726-2.jpg
仮詰めと中のお薬を取りました。虫歯の深かったところは硬くなっていましたよ。

8044-20150726-3.jpg
虫歯が染まる検知液を塗りました。

8044-20150726-4.jpg
洗い流した後、顕微鏡(マイクロスコープ)で見ても、赤く染まっているところはありません。虫歯は残っていませんよ。神経をとらないで良かったですね。

8044-20150726-5.jpg
軟らかいところが残っていないか、硬さをチェックしましたが、大丈夫でしたよ。

8044-20150726-6.jpg
深くなっていたところを補い、刺激を遮断するように全体を一層覆うようにしました。

8044-20150726-7.jpg
仮詰めをしました。後ろの歯と一緒に最終的な形を形成して、型取りをしていきましょう。


2015年7月18日
8044-20150718-1.jpg
フロスが引っかかる詰め物を治していきます。ラバーダムをして治療していきます。

8044-20150718-2.jpg
詰め物とむし歯を除去した後、虫歯が染まる検知液を、むし歯が残っていないか見るために塗りました。

8044-20150718-3.jpg
洗い流すと検知液は残っていません。虫歯はすべて除去しましたよ。

8044-20150718-4.jpg
軟らかいところが残っていないか、硬さをチェックしましたが、大丈夫でしたよ。

8044-20150718-5.jpg
歯と同じような色のコンポジットレジンを詰めました。

8044-20150718-6.jpg
赤く染まる液を塗っても、

8044-20150718-7.jpg
洗い流すとさっと取れます。汚れも付きにくくなりました。

8044-20150718-8.jpg

8044-20150718-9.jpg

8044-20150718-10.jpg
フロスを通しても引っかかりません。これでフロスが切れることもなくなりましたので、お手入れも簡単になりましたよ。


2015年6月21日
8044-20150621-1.jpg
前歯の歯と歯の間の詰め物が取れてしまっています。ラバーダムをして治療

※回数・費用など詳しくはこちら

2015年3月 4日

虫歯や歯周病も検査をして悪い所は全て治しておきたい 広島市西区のアルパーク歯科

・昔矯正治療をしたが、ずっと下の前歯の裏に装置がついており、そのままでいいのかな?と思っている

・歯茎が白くなって膨らんでいる場所もあり、そこも大丈夫なのか気になっている

・せっかくなので、検査をして悪い所は全て治しておきたいと思い(虫歯や歯周病も)検査をし、治療を決意

8076


2015年6月24日

前回と、前々回で歯ぐきの中の歯石チェックを行いました。
歯石は付いていなかったので、歯面の清掃を中心に行っていきました。

約1ヶ月が経過したところで、最初にも測ったオーラルクロマのデータを
取りました。

Before
8076-20150624-1.jpg

After

8076-20150624-2.jpg

このように、大幅に値が良くなっているのがわかります!

これからは、メンテナンスを継続し、この状態が維持できるようにしていきましょう♪


2015年5月18日

今日から歯周治療の開始です。
初日は、歯ぐきの上の歯石のチェックを行いました。

8076-20150518-1.jpg

黄色い○をしてあるところに歯石がついているのがわかりますね。
こういった歯石を除去していきました。

8076-20150518-2.jpg

この写真が除去後の写真です。

次回からは歯ぐきの中をチェックしていきます。


2015年4月27日

ホワイトニング最終日です。
今日は、ホワイトニング前と、ホワイトニング後の写真で比較してみようと思います。

Before

8076-20150427-1.jpg

After

8076-20150427-2.jpg

すごく良い効果がでました!
歯が白くなったことで詰めもの(CR)との色の差がはっきり出ました。
この白くなった歯に合わせて、治療をしていきましょう!

次回からは歯周病の治療を行います!


2015年4月22日

今日はホワイトニング2回目です。
どのようにホワイトニングが行われているかを紹介しますね☆

8076-20150422-1.jpg

このように歯に薬液を塗布します。
このとき、だいたいは犬歯の後の歯まえを範囲に上下8本ずつ行います。
5分間光をあてていきます。

8076-20150422-2.jpg

5分後はこのように、薬液が膨らんでいます。
薬液が歯ぐきについてしまうと、軽い火傷をしてしまうので、あえて
歯ぐきから数ミリ離れたところまでしか薬液は塗布しません。
それでも、効果は歯全体に出るので大丈夫です!

これを、日に3回・計3日行います。

次回が3回目です。


2015年4月15日

お手入れの確認(練習)が5回終り、プロのお手入れをマスターされたので、
今日からホワイトニングの開始です♪

8076-20150415-1.jpg

ホワイトニング前の写真です。
今回行っていくホワイトニングは、明度を上げていく事で歯が白くなります。(白く見える)

効果には個人差があるので、どの程度明るくなるかはわかりませんが、結果が楽しみですね!(^^)!


2015年4月13日

今日はお手入れ確認最終日でした。
今まで課題だった、奥歯の内側の変化はあったでしょうか・・・?

【左上内側】
前回
8076-20150413-1.jpg
今回

8076-20150413-2.jpg

【左下内側】
前回

8076-20150413-3.jpg
今回

8076-20150413-4.jpg

比べてみるとかなり良くなったのがわかります(^^♪

この調子でこれからもお手入れを続けておいてくださいね☆


2015年4月1日

前回、下の歯の裏側についていた保定用の矯正器具を外しました。

(TBI③までの状態)
8076-20150401-1.jpg
装置が付いていることでお手入れが難しい場所もありました。

今回装置を外してから最初の赤染めの結果です。

8076-20150401-2.jpg

装置が取れたことで、お手入れの状態がとても良くなりました!

今回は、細かいお手入れの確認を苦手部位を中心に行っていったので、次回の最後のお手入れ確認日で1番良い結果がでるよう楽しみにしています。


2015年3月13日


3回目のお手入れ確認日です。

綺麗になってくるとなかなか変化が出にくくなってきますが、、、
8076-20150313-1.jpg
2日目の時に比べると、

8076-20150313-2.jpg
3回目の方が歯の間辺りも綺麗になってきました☆

この辺りからは変化が出にくいかもしれませんが、確実に成果はでていますので
引き続き頑張っていきましょうね♪


2015年03月03日

今日は2回目のお手入れ確認日です。
前回から変化はあったでしょうか・・・?

8076-20150303-1.jpg

8076-20150303-2.jpg

すごく綺麗になりました!(^^)!
前回はフロスを中心に行い、歯ブラシのことはあまりお伝えしていませんでしたが、意識してお手入れをしていただいたので、その成果が出ましたね☆
今日は、歯ブラシの使い方について行いました。
いくつかあるポイントをお伝えしたので、そこを意識して行って下さいね♪
次回は、応用編を行っていきます!


2015年2月28日
8076-20150228-1.jpg
詰め物の下にむし歯が拡がっている歯の治療をしていきます。

8076-20150228-2.jpg
金属の詰め物を除去しました。手前の歯との間から中にむし歯が拡がっています。

8076-20150228-3.jpg
かなり軟らかく、塊で取れてきます。

8076-20150228-4.jpg
前回と同じように、神経を残すために、神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)はわざと残して薬を入れました。

8076-20150228-5.jpg
硬いセメントで封鎖しました。こちらも数ヶ月ほど待ってから、軟化象牙質が硬化するのを待ちましょう。


2015年2月23日
8076-20150223(2)-1.jpg
手前の歯との間にむし歯が拡がっています。ラバーダムをして治療します。

8076-20150223(2)-2.jpg
金属の詰め物を除去しました。むし歯が拡がり、横には穴が開いています。

8076-20150223(2)-3.jpg
中はとても軟らかいので、このままむし歯を除去していくと、神経にまで行きそうです。

8076-20150223(2)-4.jpg
かなり深いですので、神経を残すため、神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)はわざと残して、殺菌力のある薬を入れました。

8076-20150223(2)-5.jpg
硬いセメントで封鎖して、軟化象牙質が硬化するのを待ちましょう。数ヶ月待ってから、再び、中に残っている虫歯を取りましょうね。


2015年02月23日

お手入れ練習初日です。
1日目は、悪い菌がどこにいるのか、何処が今までの自己流のお手入れで不足しているのか、
を知る日です。
まず、それを確認するために赤染めを行いました。
赤く染まっている場所が悪い菌がいる場所になります。
結果がこちらです↓↓

8076-20150223-1.jpg

8076-20150223-2.jpg

染めてみてびっくりでしたね!!

歯と歯の間や、歯肉のきわ、前歯の裏など、お手入れの難しい場所にだいたい残っていましたね。

今日から5回のお手入れの練習でキレイにできるよう頑張っていいましょう♪

※回数・費用など詳しくはこちら

« 2014年12月 | メイン | 2015年5月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。