«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 自由診療で歯を完璧に治したい マイクロスコープを使う広島のアルパーク歯科です | メイン | 痛いのが嫌い 広島のアルパーク歯科です »

2015年6月12日

これ以上虫歯治療を繰り返したくない 広島の精密歯科治療 アルパーク歯科です

・親も歯みがきに熱心ではなかったので、磨き方もよくわからず、小さい頃から虫歯治療を繰り返していた

・3年前に治療した歯も痛みがあり、他の歯医者で相談しましたが原因はわからなかった

・自分なりに気を遣って、フッ素やガム、フロスなどをしてきたが、フロスは詰め物が取れるからあまりしてはダメと言われたり、正直良くわからない

・もうこれ以上、虫歯治療を繰り返したくないと思い、アルパーク歯科に辿り着いた

8167


2015年12月15日
8167-20151215-1.jpg

8167-20151215-2.jpg
ラバーダムをして治療をしていきます。顕微鏡(マイクロスコープ)で見ると、詰め物(インレー)の境目に隙間が空いていますね。

8167-20151215-3.jpg
インレーを除去すると、境目から虫歯になっていました。

8167-20151215-4.jpg
虫歯を除去後、虫歯が残っていないかを調べるため、虫歯が染まる検知液を塗りました。

8167-20151215-5.jpg
洗い流した後、赤く染まっているところはありません。すべて虫歯を取りました。

8167-20151215-6.jpg

8167-20151215-7.jpg
色が変わっているところもチェックしましたが、軟らかいところはなく大丈夫でしたよ。

8167-20151215-8.jpg
刺激を遮断するように歯を一層覆うようにしました。(間接覆髄)

8167-20151215-9.jpg
仮詰めをしました。次はセラミックインレーの型取りをしていきますね。


2015年11月12日

4か月ぶりの確認日です(^^)
お手入れの状態はOKでした♪

やはり着色が付きやすいですね。

Before

8167-20151112-1.jpg

After

8167-20151112-2.jpg

(倍率が違って申し訳ありません(;O;))

このように、着色は綺麗に落とすことが出来ました!

着色は気になるようでしたら早めにご来院下さいね☆

次回はまた3か月後にお待ちしています(^^)


2015年11月4日
8167-20151104-1.jpg
ラバーダムをして、クラウンをセットする歯をきれいにしました。

8167-20151104-2.jpg
セラミッククラウンをセットした後、染色液を塗りました。

8167-20151104-3.jpg
水で流せばさっととれます。

8167-20151104-4.jpg

8167-20151104-5.jpg

8167-20151104-6.jpg

8167-20151104-7.jpg

8167-20151104-8.jpg

8167-20151104-9.jpg
前後の歯との間にフロスを通しても、切れたりしません。これでお手入れしやすくなりましたね。


2015年10月22日
8167-20151022-1.jpg
被せ物(クラウン)の形を作っていきます。

8167-20151022-2.jpg

8167-20151022-3.jpg
顕微鏡(マイクロスコープ)で拡大して精密に形成していきます。

8167-20151022-4.jpg
最終的な形を作りました。

8167-20151022-5.jpg

8167-20151022-6.jpg

8167-20151022-7.jpg
型取りしました。きれいに採れましたよ。

8167-20151022-8.jpg
仮歯をしました。次回にはセラミッククラウンが入りますので、楽しみにして下さい。


2015年10月1日
8167-20151001-1.jpg
ラバーダムをして、前回根管充填した歯に被せる物(セラミッククラウン)の土台を作っていきます。

8167-20151001-2.jpg
中で穴が開いていたところを封鎖したセメントも、しっかり固まっています。

8167-20151001-3.jpg
土台の形を作って、接着の邪魔になるものをとりました。顕微鏡(マイクロスコープ)で見ると、きれいになったのがわかりますね。

8167-20151001-4.jpg
光ファイバーポストを使って、セラミッククラウンの土台を作りました。

8167-20151001-5.jpg
形を整えて、土台が完成しました。

8167-20151001-6.jpg
仮歯を入れました。次は最終仕上げをしたあとに、セラミッククラウンの型取りをしますね。

2015年9月3日
8167-20150903-1.jpg
ラバーダムをして、奥歯の根の中の治療(根管治療)をしていきます。

8167-20150903-2.jpg
きれいにしたほっぺ側の手前の根管です。

8167-20150903-3.jpg
きれいにしたほっぺ側の奥の根管です。

8167-20150903-4.jpg
舌側の根管です。こちらもきれいにしましたよ。
細菌検査の結果も良好でした。

8167-20150903-5.jpg

8167-20150903-6.jpg
根管内を最終的なお薬で充たしましたよ。(根管充填)

8167-20150903-7.jpg
ほっぺ側の手前の根管の上部の穴を塞ぎました。

8167-20150903-8.jpg
仮歯をしました。これで根管治療は終了しましたよ。


2015年8月29日
8167-20150829-1.jpg
ラバーダムをしてから根の治療(根管治療)をしていきます。

8167-20150829-2.jpg
3つある根の中(根管)をきれいにしていきます。

8167-20150829-3.jpg

8167-20150829-4.jpg

8167-20150829-5.jpg
3根管とも先まできれいにしました。

8167-20150829-6.jpg

8167-20150829-7.jpg

8167-20150829-8.jpg
細菌が残っていないかを調べるためにサンプルをとります。

8167-20150829-9.jpg
殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

8167-20150829-10.jpg
仮歯をしました。細菌検査の結果が良好なら、最終的なお薬を詰めること(根管充填)ができると思います。


2015年7月18日
8167-20150718-1.jpg
ラバーダムをして奥歯の根の治療(根管治療)をしていきます。

8167-20150718-2.jpg
3つある根の中(根管)で、ほっぺ側の手前の根管をきれいにしていきます。

8167-20150718-3.jpg
残っていた詰め物を取り除いていきます。

8167-20150718-4.jpg
根管の先まできれいにしましたよ。

8167-20150718-5.jpg
穴が開いているところです。出血はおさまっています。

8167-20150718-6.jpg
殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

8167-20150718-7.jpg
仮歯をしました。次回は最終的なお薬を詰めること(根管充填)ができると思います。


2015年7月15日
8167-20150715-1.jpg
ラバーダムをして奥歯の根の治療(根管治療)をしていきます。

8167-20150715-2.jpg
3つある根の中(根管)で、ほっぺ側の奥の根管をきれいにしていきます。

8167-20150715-3.jpg
根管内をきれいにしています。

8167-20150715-4.jpg
根管の先まできれいにしましたよ。

8167-20150715-5.jpg
ほっぺ側の手前の根管もきれいにしていきます。

8167-20150715-6.jpg
以前に詰めていたお薬を除去していくと、出血してきました。

8167-20150715-7.jpg
顕微鏡(マイクロスコープ)で見ると、どこから出血しているかがわかります。根管の横の壁に穴があいていました。

8167-20150715-8.jpg
残っている詰め物を取っていきます。

8167-20150715-9.jpg
若干残っていますが、ほぼ取れました。次回根管内をきれいにしていきます。

8167-20150715-10.jpg
殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

8167-20150715-11.jpg
仮歯をしました。もう少し根管治療が続きますので、頑張ってくださいね。


2015年7月14日

8167-20150714-1.jpg
ラバーダムをして奥歯の根の治療(根管治療)をしていきます。

8167-20150714-2.jpg
3つある根の中(根管)で、舌側の根管を中心にきれいにしていきます。

8167-20150714-3.jpg
以前に詰めてあったオレンジ色のお薬を取り除いていきます。

8167-20150714-4.jpg
顕微鏡(マイクロスコープ)を見ながら、根管の先まできれいにできましたよ。

8167-20150714-5.jpg
ほっぺ側の奥の根管もきれいにしていきます。

8167-20150714-6.jpg
前のお薬は除去できました。もう少し中をきれいにしていく予定です。

8167-20150714-7.jpg
殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

8167-20150714-8.jpg
仮歯をしました。次回も根管治療をしますので、頑張ってくださいね。


2015年7月6日

今日は着色除去を行いました。
着色の濃い部分をピックアップして写真に撮ったので比較してみます

Before
8167-20150706-1.jpg

After
8167-20150706-2.jpg

Before
8167-20150706-3.jpg

After
8167-20150706-4.jpg

取れる範囲で着色を除去しましたが、着色が濃かったので、それだけで歯が白くなりましたね♪

お茶の着色が付きやすいようなので、お茶を飲んだら水でうがいをするなどの工夫をされてみてもいいかもしれません☆


2015年6月24日

3回目のお手入れ確認日です。

8167-20150624-1.jpg

8167-20150624-2.jpg

前回も良くなっていましたが、今回は更に良くなりました!!
もうほとんど赤く染まる箇所は無くなりました!(^^)!

この調子でお手入れを続けていきましょう!!


2015年6月12日

2回目のお手入れ確認日です。

今日も、赤染めをし確認していきました。

8167-20150612-1.jpg

8167-20150612-2.jpg

前回との比較をしてもても随分良くなっているのがわかりますね♪

今日は、歯ブラシのポイントと、ワンタフトブラシの使用方法について、をメインで行いました。

ワンタフトブラシはとても万能な歯ブラシなので上手に活用して
いきましょう!(^^)!


2015年6月1日

今日からプラークコントロールの練習の始まりです。
歯を赤く染める事で、24時間以上経過し悪くなってしまった菌を
確認しました。

8167-20150601-1.jpg

8167-20150601-2.jpg

とても綺麗にしていただいていましたが、矢印で指した場所に悪くなった菌の塊がありました。

今日は、フロスの練習を主に行いましたが、フロスの当て方次第で
落ちる場所もあるので、確実に当てれるよう練習頑張りましょう(^^)


※回数・費用など詳しくはこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/787

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。