«  2016年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年5月16日

噛合せが悪い 他院に行って嫌な思いをするより 精密治療のアルパーク歯科で治療したいです

『サックスを吹く時に負担がかかるからか、左上の前歯がじーんとしたり、ピリピリする時があります。
また、右下の奥歯もフランスパンを噛むと痛みがあり、職場の近くの歯医者に行ったところ、神経を取らないといけないと言われ、本当は嫌だったけれど、神経をとる治療をしました。
その後、噛み合わせが高かったので、2度調整をしてもらいましたが、まだそこだけ噛み合わせが高く感じています。
歯医者は新しいところに行って嫌な思いをするより、初めから良い歯医者に行った方が良いと思い、アルパーク歯科に来ました。』

8503


2016年7月13日

歯周病治療が約1か月前に終了したので再検査を行いました。

検査の時との比較をしてみます。
まずはお口の写真です。

術前
8503-20160713-1.jpg


術後
8503-20160713-2.jpg

歯茎が引き締まっているのがわかりますね(^^)

次は位相差顕微鏡です

術前
8503-20160713-3.jpg

術後
8503-20160713-4.jpg

術前の写真では、プラークが多いこと、静止画なのでわかりにくいですが、糸状や棒状の歯周病菌がたくさんいましたが、歯周治療後は全くいなくなりました!

最後にオーラルクロマの結果です

術前
8503-20160713-5.jpg

術後
8503-20160713-6.jpg

硫化水素・メチルメルカプタン共にまだ、閾値を超えてはいますが数値は大幅に改善されました。
あとは、不良補綴物や虫歯を治していくことで改善されると思います。

引き続き、日ごろのお手入れと、3か月に1度のメンテナンスで今の状態をキープしていきましょう☆


2016年06月08日~13日

3日間に渡り全ての歯の歯石のチェックを行いました。

8503-2016008-1.jpg

8503-2016008-2.jpg

このように歯茎を広げるようにしてチェックしていきました。

8503-2016008-3.jpg

8503-2016008-4.jpg

そして、このように歯石があれば除去していきました。(わかりにくい写真しかなくすみません)

基本的には、あまり歯石は付いていなかったので、ある歯石は取りつつ、歯周ポケットの中を除菌を行いました。


2016年06月01日

今日から歯周病治療を開始します。
8503-20160601-1.png

事前の検査で口臭測定を行いました。


それぞれの、数値はこのように分けられます。

硫化水素・・・舌・口腔内の汚れ
メチルメルカプタン・・・歯周病・虫歯
ジメチルサルファイド・・・消化器系の内蔵の臭い、服用薬

歯周病治療を行い、この左側2つの数値を改善していきます!

今日は前段階の治療で、歯石のチェックは行っていませんが、次回より、歯茎の中の
歯石のチェックを行っていきます(^^)


2016年5月25日

ワンタフトブラシを使用し始めて2週間が経過しました。

使用前
8503-20160525-1.jpg

使用後
8503-20160525-2.jpg

苦手な前歯の裏も随分よくなりました!!
もう一息ですね(^^♪


2016年5月12日

今日は2回目のお手入れ確認日です。
前回から変化はあったでしょうか・・・(^^?

8503-20160512-1.jpg

8503-20160512-2.jpg

ハブラシとフロスのみで10日間お手入れを頑張っていただきましたが、こんなにも良くなりました(*'▽')!驚きました

鏡を見てしっかりフロスやハブラシを頑張ってもらった成果が出ましたね!!

あとは、細かい箇所のみ!
ということで、今日からワンタフトブラシの導入です。
以前も使用したことがあるとのことでしたが、ハブラシとワンタフトブラシを上手に使い分け、お手入れしてみてくださいね☆(時間も短縮されるかも!?)

8503-20160512-3.jpg


2016年5月02日

今日からお手入れの練習が始まりました。
検査の時にフロスの練習をして、今日まで頑張っていただいた成果も確認していきます!

まず、歯を赤く染めて24時間以上経過し、悪くなった最近の塊(バイオフィルム)
のチェックをしていきます。

8503-20160502-1.jpg

8503-20160502-2.jpg

歯の表面は概ね綺麗でしたが、噛む面の溝や歯の間から歯茎にかけてがライン状に残っていましたね。

今回の、改善点は鏡を見ていなかったこと!です。
せっかくやってもらっていたので、鏡を見て確実にきれいにするよう心掛けてみてください(^^)✧

2016年5月 9日

金属アレルギーを改善したい 虫歯の再発を止めたい 金属を使わないアルパーク歯科です

『10年ほど前に成人してからのひどいアトピーを発症し、悩まされてきました。
幼少期の頃にあった軽いアトピーとは違いあまりにアトピーがひどいので、検査をしたところ金属アレルギーである事が判明しました。
銀歯を初めて入れた時期とひどいアトピー発症の時期が同じなので、その時点から金属アレルギーだったのだと思います。
金属アレルギーで検索をすると、アルパーク歯科のブログに書いてあり、どうせ治すのであれば、再度虫歯にならないような治療をしたいと思い、アルパーク歯科に来ました。』

8496


2016年06月29日

今日は歯周病治療が完了したので、再検査を行いました。
8496-2016-0629-1.jpg

元々メチルメルカプタンの数値は0でしたので、この度も0でした。
硫化水素の値は200→92まで減少しましたが、完全に良くはなりませんでした。

その原因は、体調不良などもあり、お手入れが少し疎かになってしまっていたことかと思います。
体調も良くなっているようなので、また頑張っていきましょう!

8496-2016-0629-2.jpg

8496-2016-0629-3.jpg

しかし、このように比べると(上が検査の時 下が歯周治療後)随分歯茎の状態も
良くなっているのがわかりますね(^^)/


2016年5月20~6月8日

3回に分けて歯石のチェックを行いました。
8496-2016-0520-1.jpg

8496-2016-0520-2.jpg
このようにして、すべての歯の歯石のチェックを行いました。
大きな歯石はほぼなかったのですが、左上7番の奥に唯一大きな歯石が見つかりました。

(写真は非常にわかりにくくてすみません)
除去前
8496-2016-0520-3.jpg

8496-2016-0520-4.jpg

除去後(出血しており見えづらいですが・・・
8496-2016-0520-5.jpg

当初2回でチェックする予定でしたが、この歯石が取り切れず1回追加で治療を行いました(>_<)
難しい部位ではありましたが、無事に全ての歯の歯石の除去が終わりました。


2016年05月02日

今日から歯周病治療開始です。

8496-20160502-1.jpg

事前の検査で口臭測定を行いました。

それぞれの、数値はこのように分けられます。

硫化水素・・・舌・口腔内の汚れ
メチルメルカプタン・・・歯周病・虫歯
ジメチルサルファイド・・・消化器系の内蔵の臭い、服用薬


元々メチルメルカプタンの数値は0でしたので、歯石のチェックを中心に行っていきます。


2016年4月27日

今日は3日目のお手入れ確認日です。

前回ワンタフトブラシを導入しました
8503-20160512-3.jpg
このような毛先の小さなハブラシです。

変化をみてみます。
8496-20160427-2.jpg

残念ながら今回は使用していただけていなかったので、あまり変化がありませんでした。
やはりフロスとハブラシだけでは限界があるようなので、ワンタフトブラシを上手に活用しましょうね!!


2016年4月7日

今日からお手入れの練習の始まりです。
歯に24時間以上住み着いた菌が悪い菌になるので、その菌をチェックするため
赤染を行いました。

8496-20160407-1.jpg

8496-20160407-2.jpg

8496-20160407-3.jpg

1回目の出来としてはGoodです!
やはり、歯と歯の間は赤く染まっていますね(>_<)
今日はフロスの動かし方の確認・ハブラシの確認を行いました。
次回はワンタフトブラシの使い方を練習します。


2016年5月 2日

セラミックの詰め物と歯の間に段差がある 治療後のメンテナンスも充実のアルパーク歯科です

『前の歯医者でセラミックの詰め物を入れたのですが、指で段差があるのがわかり、またその場所に虫歯があります。
まだ、治療をして数ヶ月しか経過していないのに何故なのかと思っています。
その歯医者はメンテナンスも勧めてくれませんでした。
色々調べる中でアルパーク歯科に辿り着き、治療をうけてみようと思いました。』

8459


2016年06月06日・07月02日


2日に亘って歯石のチェックを行いました。

8459-20160606-1.jpg

8459-20160606-2.jpg

このようにして歯茎と歯の間の隙間を広げながらマイクロ顕微鏡を使用し、チェックしていきます。

唯一歯石があった個所がココです

8459-20160606-3.jpg

8459-0606-4.jpg

白っぽいのが歯石です。

8459-20160606-5.jpg
除去するとこんな感じです。
これで歯石のチェックは完了です☆


2016年05月01日

3回目の確認日でした。

8459-20160501-1.jpg

随分良くなりましたね(^^)
どうしても脱灰している場所(歯が溶けて弱っている個所)は染まってしまうので、
そこは仕方がないので、大丈夫です!
この調子で頑張りましょう(^^♪


2016年4月17日

今日は2回目のお手入れ確認日でした。

変化はあったでしょうか・・・?


8459-20160417-1.jpg

苦手部位です。
前回から比べると染まる範囲が少なくなり、色も薄くなりましたね。
しかし、まだもう一歩!といったところでしょうか。

ちょうど歯ブラシの向きが変わる場所になり、他の部位に比べプラークが残りやすい
場所にはなりますので、注意して下さいね☆

2016年3月27日

今日はお手入れ練習の初日でした。
検査から今までの間にウルトラフロスには随分慣れてきたかな?と思います。
今日は歯を赤く染めて、今現在の磨き残しの場所が何処にあるのかを
確かめました。

歯の裏側はとても綺麗な状態です!!
8459-20160327-1.jpg

その中で苦手部位も発覚しましたね。それがここです↓

8459-20160327-2.jpg
右下の3.4番目になります。
ここは唯一歯並びが少し悪い場所なので残りやすかったのかもしれませんね。
そこでワンタフトブラシをお勧めしました☆

8459-20160327-3.jpg
以前にも使用したことはあったようですが、この歯ブラシは毛先が小さいので上手に
活用すればとても便利です!!
試しに使用してみて下さいね♪

2016年5月 1日

ブリッジが外れてしまったのでほぼ痛くなく綺麗に治したい 自由診療のアルパーク歯科です

・10年ぐらい歯科には行っていない
・今回、左上のブリッジがはずれてしまったが、一度保険ではない歯科で相談したいと思い、痛くなく綺麗に治せそうな感じだったのでアルパーク歯科を受診

・虫歯から抜け出し、綺麗な歯を取り戻すことで何でもおいしく食べ、思い切り笑えるようになりたい

8456


2016年7月23日

今日は歯周治療後の再検査を行いました。

治療前と後を比較してみます。

まずはお口の写真です↓
術前
845620160723-1.jpg

術後
845620160723-2.jpg
全体的に、お手入れと歯周治療の効果で、歯肉が引き締まっています。
⇒の場所は特に変化がわかりやすく出ていますね!

次に、位相差顕微鏡の比較です↓

845620160723-3.jpg
プラークが多く菌がわかりにくいですが枝状や糸状の菌がたくさん動いていました。
(静止画なのでわかりにくいですが、、)


845620160723-4.jpg
あんなにたくさんいた歯周病菌がほぼゼロになりました(^^)

次にオーラルクロマの結果です↓(歯周病菌のガス測定)

845620160723-5.jpg
硫化水素・メチルメルカプタン共に閾値を大幅に上回っていました。


845620160723-6.jpg
硫化水素は閾値以下に、メチルメルカプタンはまだ閾値をやや超えていますが大幅に
減少しました。
まだ、閾値を超えているのは、虫歯が大きい箇所や詰め物があっていない歯があるためと思われます。

この現状を維持する(良くする)ために、日々のお手入れと3か月ごとのメンテナンスを
続けていきましょう(^^)

2016年6月26.日・7月10日
 
2日間にわたり、上の歯の歯石のチェックを行いました。


8456-20160626-1.jpg


8456-20160626-2.jpg


8456-20160626-3.jpg


8456-20160626-4.jpg


全体的に歯石は多く付いていましたが、全てこのようにマイクロ顕微鏡でチェックをしながら除去を行いました。

これで、フロスも随分楽になるかと思います(^^)


2016年06月19日・25日

2日間に亘り下の歯の歯石のチェックを行いました。

Befre
8456-20160619-1.jpg
After
8456-20160619-2.jpg


Before
8456-20160619-3.jpg

After
8456-20160619-4.jpg

このように、全体的に歯石が多く見受けられました。
しっかり時間をかけてマイクロ顕微鏡でチェックしながらそれらの歯石をすべて
除去しました(^^)

今までフロスが引っかかっていた場所も、引っかかることなくやりやすくなったと
思います!
歯石がなくなったのでお手入れで更に歯肉を引き締めていきましょう🎵

次回からは上の歯の歯石のチェックを行います!


2016年6月12日

今日から歯周病治療開始です!
事前に口腔内のガスの検査を行いました。

8456-20160612-2.png

それぞれの、数値はこのように分けられます。

硫化水素・・・舌・口腔内の汚れ
メチルメルカプタン・・・歯周病・虫歯
ジメチルサルファイド・・・消化器系の内蔵の臭い、服用薬

歯周病治療を行い、この左側2つの数値を改善していきます!

次回より、歯茎の中の歯石のチェックを行っていきます(^^)


2016年5月22日

2回目のお手入れ確認から約2か月が経過しました。

変化をみてみましょう!!
8456-20160522-1.jpg

8456-20160522-2.jpg

苦手な奥歯の内側もすごくよくなりましたね(*^-^*)✨
前歯はもう一息!
ですが、どうしても治療個所や虫歯が染まってしまうので難しいですね・・・
引き続き頑張っていきましょう🎵


2015年3月19日

今日からお手入れの練習の始まりです(^_^)
検査から今日までの間にウルトラフロスの練習はしていただきました。習慣づけは出来ましたか?
さて、今のお手入れ状態を確認するために赤染めをしました。
(※24時間以上たった悪い最近の塊がそまります)

8456-20160319-1.jpg

8456-20160319-2.jpg

検査から今日までの間に自分なりに頑張っていただいていたので良い場所もありましたが、
今回は苦手部位をピックアップしました。

左下の内側と上の前歯の裏です。
前歯の裏は盲点だったかもしれませんね!

フロスのより良い動かし方、歯ブラシのポイントを今日はお伝えし練習をしました。
次回までにどれくらい改善されているか楽しみにしています。


2016年3月27日

今日は2回目のお手入れ確認日でした。
まずは、ウルトラフロスと歯ブラシでのお手入れを頑張っていただきました。

前回と比べ変化はあったでしょうか・・・?

8456-20160327-1.jpg

8456-20160327-2.jpg


苦手部位だった左下の内側と、上の前歯の裏を比較してみると、前回に比べ随分と
良くなっているのがわかりますね!(^^)!

確かに、まだ完璧とまではいきませんが確実に染まり方が薄くなっています☆

今日は更なるレベルアップをめざし、ワンタフトブラシを導入しました!
8456-20160327-3.jpg
毛先が小さな歯ブラシなので、ハブラシでは難しい部位に使用します。
(前歯の裏や奥の歯、噛む面など・・・)
実際使用してみると使用しやすかったですよね(^^)
フロス・歯ブラシ・ワンタフトブラシを上手に活用してみて下さいね♪


2016年4月9日

今日はお手入れの練習のあとに歯茎の上(歯面)に付いている大きな歯石や着色をとっていきました。

右下の前歯の裏側  歯面全体に歯石が付いている状態です。
8456-20160409-1.jpg

左下の前歯の裏側   右ほどではありませんが歯石が多く付いている状態です。
8456-20160409-2.jpg

下の前歯の表側  着色が頑固についていました。
8456-20160409-3.jpg

上の前歯の表側  こちらも着色が頑固についてました。
8456-20160409-4.jpg

マイクロ顕微鏡で診ながら、超音波スケーラーを使用し歯石を除去していきました。
歯石が分厚く付いている状態でしたので、このように振動で割れて剥がれています。
8456-20160409-5.jpg

8456-20160409-6.jpg

歯石を大まかに除去し終わった後の状態です。
今まで歯石で押されていた歯茎はまだ腫れており、出血も多い状態でした。
また、縁下歯石は取っていないので、歯と歯の間辺りに黒い歯石があるのもわかるかと思います。
歯茎の中には歯石が残っているので、完全に歯茎が引き締まるのは、歯周治療後になりますが、フロスも通しやすくお手入れは前よりしやすいかと思います(^^)
8456-20160409-7.jpg

8456-20160409-8.jpg

着色も10年間の蓄積のせいか、頑固になっており除去しにくい状態になってはいましたが、
ハンディジェットという機械を使用しここまでは綺麗にすることができました!(^^)!
8456-20160409-9.jpg

8456-20160409-10.jpg

見た目の印象も少しは変わったのではないでしょうか(^○^)?


※回数・費用など詳しくはこちら

« 2015年12月 | メイン | 2016年8月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。