«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« ブリッジが外れてしまったのでほぼ痛くなく綺麗に治したい 自由診療のアルパーク歯科です | メイン | 金属アレルギーを改善したい 虫歯の再発を止めたい 金属を使わないアルパーク歯科です »

2016年5月 2日

セラミックの詰め物と歯の間に段差がある 治療後のメンテナンスも充実のアルパーク歯科です

『前の歯医者でセラミックの詰め物を入れたのですが、指で段差があるのがわかり、またその場所に虫歯があります。
まだ、治療をして数ヶ月しか経過していないのに何故なのかと思っています。
その歯医者はメンテナンスも勧めてくれませんでした。
色々調べる中でアルパーク歯科に辿り着き、治療をうけてみようと思いました。』

8459


2016年06月06日・07月02日


2日に亘って歯石のチェックを行いました。

8459-20160606-1.jpg

8459-20160606-2.jpg

このようにして歯茎と歯の間の隙間を広げながらマイクロ顕微鏡を使用し、チェックしていきます。

唯一歯石があった個所がココです

8459-20160606-3.jpg

8459-0606-4.jpg

白っぽいのが歯石です。

8459-20160606-5.jpg
除去するとこんな感じです。
これで歯石のチェックは完了です☆


2016年05月01日

3回目の確認日でした。

8459-20160501-1.jpg

随分良くなりましたね(^^)
どうしても脱灰している場所(歯が溶けて弱っている個所)は染まってしまうので、
そこは仕方がないので、大丈夫です!
この調子で頑張りましょう(^^♪


2016年4月17日

今日は2回目のお手入れ確認日でした。

変化はあったでしょうか・・・?


8459-20160417-1.jpg

苦手部位です。
前回から比べると染まる範囲が少なくなり、色も薄くなりましたね。
しかし、まだもう一歩!といったところでしょうか。

ちょうど歯ブラシの向きが変わる場所になり、他の部位に比べプラークが残りやすい
場所にはなりますので、注意して下さいね☆

2016年3月27日

今日はお手入れ練習の初日でした。
検査から今までの間にウルトラフロスには随分慣れてきたかな?と思います。
今日は歯を赤く染めて、今現在の磨き残しの場所が何処にあるのかを
確かめました。

歯の裏側はとても綺麗な状態です!!
8459-20160327-1.jpg

その中で苦手部位も発覚しましたね。それがここです↓

8459-20160327-2.jpg
右下の3.4番目になります。
ここは唯一歯並びが少し悪い場所なので残りやすかったのかもしれませんね。
そこでワンタフトブラシをお勧めしました☆

8459-20160327-3.jpg
以前にも使用したことはあったようですが、この歯ブラシは毛先が小さいので上手に
活用すればとても便利です!!
試しに使用してみて下さいね♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/895

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。