«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 噛合せが悪い 他院に行って嫌な思いをするより 精密治療のアルパーク歯科で治療したいです | メイン | フロスが引っかかる 口臭や着色も気になる なんでも相談出来るアルパーク歯科です »

2016年8月22日

神経を取らずに治療したい。詳しく検査するアルパーク歯科です

『去年の夏に治療した歯がこの1か月痛みが出るようになりました。
この歯を治療した時に、次に痛みが出たら神経を取らないといけないと言われましたが。
調べると、神経を取った歯は虫歯になっていずれ抜かないといけなくなり、そのうち入れ歯になってしまうと書いてあり、そんなことには絶対になりたくありません。
どうにか神経を取らないで済む治療をと思い、アルパーク歯科に来ました。』

8237


2016年8月20日

今日は3回目のお手入れ確認日です。

1回目
8237-20160820-1.jpg

今日
8237-20160820-2.jpg


奥の歯が少し綺麗になってきました。

なかなかきれいになりにくいようでしたので、ワンタフトブラシの向きや動かし方の再確認を行いました。

もう少しなので、引き続き頑張っていきましょう!


2016年8月7日

少し間隔が空きましたが、2回目のお手入れ確認日です。

8237-20160807-1.jpg

間の染まりが薄くなってきましたね!

前回はウルトラフロスの練習のみだったので、今日は歯ブラシとワンタフトブラシの練習を行いました。

8503-20160512-3.jpg
ワンタフトブラシは毛先の小さな歯ブラシとなっています。
奥歯や前歯の裏など、ハブラシでは難しい場所で使用することをお勧めします(*'▽')


2016年6月23日

今日からお手入れの練習の始まりです。

染出しをして24時間以上経過し悪くなった菌のチェックを行いました

8237-20160623-1.jpg

8237-20160623-2.jpg

表面はだいたいきれいにできていました。
1番奥の歯は苦手のようですね!
あとは、歯の間に残っていました。
最近フロスをしなくなったとのことでしたので、今日からまた再開しましょう!

ウルトラフロスをすることで歯の間の虫歯予防と歯周病予防を行います。

※回数・費用など詳しくはこちら


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.painless-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/910

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。