«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年12月 5日

自分の健康のために治療をしようと決心  無痛治療の歯科医院 アルパーク歯科です

『昔から歯医者は嫌いで、最後に行ったのは10年前で、何度も歯医者に行こうと思いましたが、踏ん切りがつかず、今に至っています。
現在、犬歯が欠損してしまったことで人前で話したり笑うことが出来ずにいます。
今、このタイミングで歯医者に行かないとこのままずるずる行かなくなりそうなので、探してアルパーク歯科にたどり着きました。
自分自身の健康のためにも、これを機にすべてリセット出来たらと思っています。』

8665


2017年2月9日
8665-20170209-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。前回根管充填しましたので、今回は被せ物(クラウン)の土台を作るようにします。

8665-20170209-2.jpg
中をきれいにして、土台を作る準備ができました。

8665-20170209-3.jpg
光ファイバーポストを使って、強固な土台を作りました。

8665-20170209-4.jpg
クラウンを被せる形に整えて、土台が完成しましたよ。

8665-20170209-5.jpg
仮歯をしました。次回は手前の歯のむし歯を治していきますね。

2017年1月26日


8665-20170126-1.jpg
ラバーダムをして、根の中の治療(根管治療)をしていきます。

8665-20170126-2.jpg
根管をきれいにしました。最終的なお薬を入れる(根管充填)準備ができました。

8665-20170126-3.jpg
顕微鏡(マイクロスコープ)で見ながら、根管充填しました。

8665-20170126-4.jpg
仮歯をしました。これで根管治療は終了しましたよ。


2017年1月6日

8665-20170106-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。今後根の中の治療(根管治療)をしていきますが、菌が入りにくくするために根に隔壁を作っていきます。

8665-20170106-2.jpg


前回までに顕微鏡(マイクロスコープ)で見ながら、むし歯を除去、根の破折の有無はチェックしています。

8665-20170106-3.jpg
隔壁を作りました。これで菌が入ってきません。

8665-20170106-4.jpg
仮歯を入れました。次からは根管治療をして中をきれいにしていきましょうね。


2017年1月6日 ②


8665-20170106-2-1.jpg
ラバーダムをして根の中の治療(根管治療)をしていきます。

8665-20170106-2-2.jpg
顕微鏡(マイクロスコープ)で見ながら、根の中をきれいにしていきます。

8665-20170106-2-3.jpg
根管がきれいになりましたよ。

8665-20170106-2-4.jpg
根管の中に殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

8665-20170106-2-5.jpg
仮歯を入れました。次回も根管治療をしていきますので、頑張って下さいね。


2016年12月15日

11月17日に1回目のお手入れ練習が始まり約1か月で3回お手入れの
練習に来ていただきました。

変化はでたでしょうか・・・?

1回目はかのような感じでした
8665-20161215-1.jpg

苦手部位をピックアップしてみました。
下の歯の内側、歯茎よりに濃くプラークが残っていました。
(プラーク=24時間以上経過した悪い菌の塊)

3回目はこのように変化しました
8665-20161215-2.jpg

1回目には赤く残っていたところがほとんどなくなりましたね(*^-^*)!

そこで、今日は下の前歯に付いている歯石を除去しました。
8665-20161215-3.jpg

このように歯の間に白い歯石(縁上歯石)が付いていました
フロスが引っかかって難しかったのではないでしょうか?

除去するとこうなります
8665-20161215-4.jpg

歯と歯の間に隙間ができましたね!

この状態が良い状態なのでキープできるようにお手入れを頑張っていきましょう!


2016年12月6日


8665-20161206-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。歯が崩れて根だけになっています。根の中の治療(根管治療)をするために、まずはむし歯を除去していきますね。

8665-20161206-2.jpg


顕微鏡(マイクロスコープ)で見ながら、むし歯をとった後、虫歯が残っていないかを調べるために、虫歯が染まる検知液を塗りました。

8665-20161206-3.jpg
洗い流した後、赤く染まっているところはありません。虫歯はすべて除去しましたよ。

8665-20161206-4.jpg
軟らかいところはないか、硬さをチェックしています。大丈夫でしたよ。

8665-20161206-5.jpg
根が割れたりしていないかをチェックしました。

8665-20161206-6.jpg
洗浄しても、破折しているような線は残りません。大丈夫です。

8665-20161206-7.jpg
中には殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

8665-20161206-8.jpg
仮歯を入れました。次からは根管治療をしていきましょうね。


2015年11月27日

硬いものを食べたら歯が欠けた 精密治療で再発を防ぐ広島のアルパーク歯科です

・最近、硬いものを食べたら歯が欠けた
・歯医者は痛いのや、削る時の音が苦手、横に長時間なると腰が痛くなったり
するので、億劫になっていた

・仕事や、家のことが忙しくて歯医者に行くのを避けていたが、これを機に悪いところは全てきちんと治しておきたいと思い、アルパーク歯科に来院

8371

2016年8月19日
8371-20160819-1.jpg
以前大きな虫歯を取って、神経をとらないでいいように、お薬を入れておいた歯です。数ヶ月経過したので、ラバーダムをして、中の状態を見ていきます。
8371-20160819-2.jpg
以前入れていたお薬を除去しました。
8371-20160819-3.jpg
虫歯を除去後、虫歯が残っていないかを調べるため、虫歯が染まる検知液を塗りました。
8371-20160819-4.jpg
洗い流した後、赤く染まっているところはありません。すべて虫歯を取りました。
8371-20160819-5.jpg
顕微鏡(マイクロスコープ)で見て、色が変わっているところもチェックしましたが、軟らかいところはなかったです。神経を残すことができてよかったですね。
8371-20160819-6.jpg
刺激を遮断するように歯を覆うようにして仮詰めをしました。(間接覆髄)次はセラミックインレーの型取りをしていきますね。


2016年2月22日
8371-20160222-1.jpg
前回はブリッジの後ろの歯を処置しました。今回は手前の歯を処置していきます。
8371-20160222-2.jpg
こちらもかなり深い虫歯でした。前回と同様に神経を残すために、神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)はわざと残しています。
8371-20160222-3.jpg
神経を残すための薬を入れました。
8371-20160222-4.jpg
8371-20160222-5.jpg
こちらも硬いセメントで封鎖して、軟化象牙質が再硬化するのを半年ほど待ってから、再び、中に残っている虫歯を取りましょうね。何とか歯の神経を残せるといいですね。


2016年2月18日
8371-20160218-1.jpg
前回ブリッジを除去して、中でむし歯がかなり拡がっていました。今回はむし歯を除去していきます。
8371-20160218-2.jpg
まずは後ろの歯からやっていきます。中はこんなに深くなっていました。
8371-20160218-3.jpg
かなり深い虫歯でした。このままむし歯をとっていくと神経までいきそうでした。神経を残すために、神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)はわざと残しました。
8371-20160218-4.jpg
神経を残すために薬を入れました。
8371-20160218-5.jpg
8371-20160218-6.jpg

硬いセメントで封鎖して、軟化象牙質が再硬化するのを待ちましょう。半年ほど待ってから、再び、中に残っている虫歯を取りましょうね。何とか神経を残せればいいですね。

2016年1月14日
8371-20160114-1.jpg
8371-20160114-2.jpg
8371-20160114-3.jpg
見た目では分かりにくいですが、ブリッジの銀歯の下にむし歯が拡がっています。
8371-20160114-4.jpg
8371-20160114-5.jpg

ブリッジを除去すると、銀歯の中は黒くむし歯になっていますね。
8371-20160114-6.jpg
8371-20160114-7.jpg
虫歯を大まかに取った後です。
8371-20160114-8.jpg
ブリッジの仮歯を入れました。中でかなりむし歯が拡がっていましたね。次回は歯の神経を残す処置をしていきますね。

2015年12月10日
8371-20151210-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。見た目では分かりませんが、銀歯の下にむし歯があります。

8371-20151210-2.jpg
顕微鏡(マイクロスコープ)で見ると、銀歯の中は黒くむし歯になっていますね。

8371-20151210-3.jpg
虫歯を取った後、虫歯が染まる検知液を塗りました。

8371-20151210-4.jpg
水で洗い流した後です。ほぼ除去できましたがかなり神経に近い深い虫歯でした。まだ軟らかいところがありますが、神経に達しそうなのでここまでにします。

8371-20151210-5.jpg
神経に近い軟らかいところ(軟化象牙質)をわざと残して、神経を残す薬を入れました。

8371-20151210-6.jpg
硬いセメントで蓋をして数ヶ月ほど軟化象牙質が硬化するのを待ちます。硬化してから中に残っている虫歯を再び取りましょうね。神経をとらないで済みそうですよ。

※回数・費用など詳しくはこちら

2015年5月 7日

自由診療で歯を完璧に治したい マイクロスコープを使う広島のアルパーク歯科です

・もともと、歯に対する意識は低い方
・昔から歯医者が恐く、中高生のときは虫歯があるのがわかっても、なかなか歯医者に行けず、受験の前に覚悟を決めて行った思い出がある

・その後、パニック障害という病気にかかり、寝られる時に寝て、食べられる時に食べるという生活で、歯の事を考える余裕は全く無く、歯みがきが疎かになり虫歯がたくさんできたが、パニック発作がでるので歯医者にしばらくいけなかった

・病気が治ってから歯医者に行き、全てを治療したが、その後も虫歯になり治療して・・・というのを繰り返していた

・歯の事についてインターネットでいろいろ調べてみると、虫歯の削り残しや保険治療では限界があることを知り、不安になった

・自由診療で歯を完璧に治したいという気持ちになり、アルパーク歯科に通うことにした

7778


2015年4月25日

お手入れの練習5回目
今日でお手入れの練習は最後です。
少し前回から期間が空きましたが、お手入れはどんな感じでしょうか?
7778-20150425-1.jpg
とてもきれいな状態を保っていらっしゃいます。
頑張られましたね!
今の状態を維持できると、虫歯を繰り返さないお口になります。
これからもこの状態を維持していけるように、お家でもたまに赤染めして確認するといいですよ☆
ぜひ、ひき続き綺麗なお口を保ちましょうね!


2014年11月1日

お手入れの練習4回目
前回、左上7番(27)と左上8番(28)に段差があって、プラークが残っている所がありました。
お手入れ、頑張りましたね!
7778-20141101-1.jpg
プラークがついてなく綺麗です。とても良い状態です!
7778-20141101-2.jpg

今回、前回お手入れが難しかったところが改善されて、ほぼ完ぺきに近いお手入れができています。
次回は、お手入れの練習最終回です。次回もこの良い状態なのを楽しみみしていますよ!

2014年10月12日

お手入れの練習3回目
もともとお手入れが、とってもお上手な患者さんです。
7778-20141012-1.jpg
赤染めをしてもこの通り!歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目もとても良い状態です。
マイクロ顕微鏡を使って、お口のスミズミをチェックしてみると・・・。
赤く染まっている所がありました。プラーク(細菌の塊)がついています。
ここは、左上7番(27)の後ろ側です。写真では少し分かりづらいですが、左上8番(28)                                      つまり親知らずが背の低い状態ではえていて、段差ができている状態です。
7778-20141012-2.jpg
この部位の頬側には、歯ブラシが入るスペースがあまり無いので、このタフトブラシを使ってみてもらうことにしました。
7778-20141012-3.jpg
次回改善できていることを期待しましょう!


2014年6月29日

お手入れの練習1回目
7778-20140629-1.jpg
今日からお手入れの練習を始めましょう。
正面から見ると、綺麗にお手入れされているように感じますね。
では、奥歯はどうでしょうか?
7778-20140629-2.jpg
奥歯を見ると、歯と歯のすき間が赤く染まっているのが分かりますね。
赤く染まっているのは、「プラーク」という細菌の塊です!
このプラークを除去しないと、治療しても虫歯繰り返してしまう原因になります。
今日からお手入れの練習をして、虫歯を繰り返さないお口を手に入れましょう!


※回数・費用など詳しくはこちら

2015年3月 4日

虫歯や歯周病も検査をして悪い所は全て治しておきたい 広島市西区のアルパーク歯科

・昔矯正治療をしたが、ずっと下の前歯の裏に装置がついており、そのままでいいのかな?と思っている

・歯茎が白くなって膨らんでいる場所もあり、そこも大丈夫なのか気になっている

・せっかくなので、検査をして悪い所は全て治しておきたいと思い(虫歯や歯周病も)検査をし、治療を決意

8076


2015年6月24日

前回と、前々回で歯ぐきの中の歯石チェックを行いました。
歯石は付いていなかったので、歯面の清掃を中心に行っていきました。

約1ヶ月が経過したところで、最初にも測ったオーラルクロマのデータを
取りました。

Before
8076-20150624-1.jpg

After

8076-20150624-2.jpg

このように、大幅に値が良くなっているのがわかります!

これからは、メンテナンスを継続し、この状態が維持できるようにしていきましょう♪


2015年5月18日

今日から歯周治療の開始です。
初日は、歯ぐきの上の歯石のチェックを行いました。

8076-20150518-1.jpg

黄色い○をしてあるところに歯石がついているのがわかりますね。
こういった歯石を除去していきました。

8076-20150518-2.jpg

この写真が除去後の写真です。

次回からは歯ぐきの中をチェックしていきます。


2015年4月27日

ホワイトニング最終日です。
今日は、ホワイトニング前と、ホワイトニング後の写真で比較してみようと思います。

Before

8076-20150427-1.jpg

After

8076-20150427-2.jpg

すごく良い効果がでました!
歯が白くなったことで詰めもの(CR)との色の差がはっきり出ました。
この白くなった歯に合わせて、治療をしていきましょう!

次回からは歯周病の治療を行います!


2015年4月22日

今日はホワイトニング2回目です。
どのようにホワイトニングが行われているかを紹介しますね☆

8076-20150422-1.jpg

このように歯に薬液を塗布します。
このとき、だいたいは犬歯の後の歯まえを範囲に上下8本ずつ行います。
5分間光をあてていきます。

8076-20150422-2.jpg

5分後はこのように、薬液が膨らんでいます。
薬液が歯ぐきについてしまうと、軽い火傷をしてしまうので、あえて
歯ぐきから数ミリ離れたところまでしか薬液は塗布しません。
それでも、効果は歯全体に出るので大丈夫です!

これを、日に3回・計3日行います。

次回が3回目です。


2015年4月15日

お手入れの確認(練習)が5回終り、プロのお手入れをマスターされたので、
今日からホワイトニングの開始です♪

8076-20150415-1.jpg

ホワイトニング前の写真です。
今回行っていくホワイトニングは、明度を上げていく事で歯が白くなります。(白く見える)

効果には個人差があるので、どの程度明るくなるかはわかりませんが、結果が楽しみですね!(^^)!


2015年4月13日

今日はお手入れ確認最終日でした。
今まで課題だった、奥歯の内側の変化はあったでしょうか・・・?

【左上内側】
前回
8076-20150413-1.jpg
今回

8076-20150413-2.jpg

【左下内側】
前回

8076-20150413-3.jpg
今回

8076-20150413-4.jpg

比べてみるとかなり良くなったのがわかります(^^♪

この調子でこれからもお手入れを続けておいてくださいね☆


2015年4月1日

前回、下の歯の裏側についていた保定用の矯正器具を外しました。

(TBI③までの状態)
8076-20150401-1.jpg
装置が付いていることでお手入れが難しい場所もありました。

今回装置を外してから最初の赤染めの結果です。

8076-20150401-2.jpg

装置が取れたことで、お手入れの状態がとても良くなりました!

今回は、細かいお手入れの確認を苦手部位を中心に行っていったので、次回の最後のお手入れ確認日で1番良い結果がでるよう楽しみにしています。


2015年3月13日


3回目のお手入れ確認日です。

綺麗になってくるとなかなか変化が出にくくなってきますが、、、
8076-20150313-1.jpg
2日目の時に比べると、

8076-20150313-2.jpg
3回目の方が歯の間辺りも綺麗になってきました☆

この辺りからは変化が出にくいかもしれませんが、確実に成果はでていますので
引き続き頑張っていきましょうね♪


2015年03月03日

今日は2回目のお手入れ確認日です。
前回から変化はあったでしょうか・・・?

8076-20150303-1.jpg

8076-20150303-2.jpg

すごく綺麗になりました!(^^)!
前回はフロスを中心に行い、歯ブラシのことはあまりお伝えしていませんでしたが、意識してお手入れをしていただいたので、その成果が出ましたね☆
今日は、歯ブラシの使い方について行いました。
いくつかあるポイントをお伝えしたので、そこを意識して行って下さいね♪
次回は、応用編を行っていきます!


2015年2月28日
8076-20150228-1.jpg
詰め物の下にむし歯が拡がっている歯の治療をしていきます。

8076-20150228-2.jpg
金属の詰め物を除去しました。手前の歯との間から中にむし歯が拡がっています。

8076-20150228-3.jpg
かなり軟らかく、塊で取れてきます。

8076-20150228-4.jpg
前回と同じように、神経を残すために、神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)はわざと残して薬を入れました。

8076-20150228-5.jpg
硬いセメントで封鎖しました。こちらも数ヶ月ほど待ってから、軟化象牙質が硬化するのを待ちましょう。


2015年2月23日
8076-20150223(2)-1.jpg
手前の歯との間にむし歯が拡がっています。ラバーダムをして治療します。

8076-20150223(2)-2.jpg
金属の詰め物を除去しました。むし歯が拡がり、横には穴が開いています。

8076-20150223(2)-3.jpg
中はとても軟らかいので、このままむし歯を除去していくと、神経にまで行きそうです。

8076-20150223(2)-4.jpg
かなり深いですので、神経を残すため、神経に近い深いむし歯(軟化象牙質)はわざと残して、殺菌力のある薬を入れました。

8076-20150223(2)-5.jpg
硬いセメントで封鎖して、軟化象牙質が硬化するのを待ちましょう。数ヶ月待ってから、再び、中に残っている虫歯を取りましょうね。


2015年02月23日

お手入れ練習初日です。
1日目は、悪い菌がどこにいるのか、何処が今までの自己流のお手入れで不足しているのか、
を知る日です。
まず、それを確認するために赤染めを行いました。
赤く染まっている場所が悪い菌がいる場所になります。
結果がこちらです↓↓

8076-20150223-1.jpg

8076-20150223-2.jpg

染めてみてびっくりでしたね!!

歯と歯の間や、歯肉のきわ、前歯の裏など、お手入れの難しい場所にだいたい残っていましたね。

今日から5回のお手入れの練習でキレイにできるよう頑張っていいましょう♪

※回数・費用など詳しくはこちら

2014年12月27日

歯医者は嫌な記憶がある そんな嫌な記憶を覆す、広島のアルパーク歯科です

・小さい頃から虫歯が多くよく治療をしてた
・昔治療した時は、削った粉が顔についたり、口もすごく引っ張られて痛かったり、
治療器具を体の上に置かれたりした嫌な記憶がある

・今、気になるのは全体的に甘いものがしみることと、前歯の治療した歯が欠けたこと
・美容師さんが、銀歯を白い歯に変えており、すごくいいよと言っていたので、
色々探してアルパーク歯科に辿り着いた

8036


2015年6月24日

1か月ぶりのメンテナンスです。

お手入れの状態はとても良く、口腔内も落ち着いています☆

今日は表面の着色の除去がメインになりました。

8036-20150624-1.jpg
写真ではわかりにくく感じるかもしれませんが、着色除去後の写真と比べてもらうとよくわかるかと思います。

8036-20150624-2.jpg

このように着色を除去しただけで、歯が1段階白くなったように感じますね(^^)

今は、歯周病治療が終了したばかりなので、1か月に1度チェックをしていますが、もう少ししたら間隔を2.3か月に1度にしていきますね!


2015年5月21日

今日は、歯周治療やホワイトニングが終わってから初めてのメンテナンスとなります。
治療は、まだ続くので、合間でメンテナンスを行い、今の状態を維持していきます。

8036-20150521-1.jpg

わずかではありますが、白っぽく歯石がついています。

8036-20150521-2.jpg

このように歯石を除去しました。

下の前歯の裏は、歯石が付きやすい部位でもあるので、気を付けてお手入れ
していきましょう(^^)


2015年4月22日

今日はホワイトニング最終日です。

ホワイトニング前の写真と比較してみましょう!!

Before

8036-20150422-1.jpg

After


8036-20150422-2.jpg

ホワイトニング直後なので、白濁が目立っている場所もありますが、効果はよく出たと思います!
上の前歯は詰め物(白い樹脂 CR )がつめてある箇所が多いのですが、その詰め物と
実歯との境目がはっきりしました。
これは、ホワイトニングの効果がきちんと出た証拠です☆

これから白くなった歯に合わせて治療をして綺麗にしていきます。
楽しみですね♪

これで、衛生士の治療は全ての工程が終了しました!
今後は、治療の合間に1.2ヶ月ごとにメンテナンスを行っていきましょう!!


2015年4月18日

今日は2回目のお手入れ確認日です。

ホワイトニングがどのように行われているかの説明を簡単にしますね(^○^)

8036-20150418-1.jpg

このように、薬液を歯に塗布します。
(ニコッと笑って見える範囲なので、だいたい㊤8本㊦8本くらいになります)

この状態で5分特殊な光をあてていきます。

8036-20150418-2.jpg

こちらが照射後の写真になります。
照射をすると、薬剤が膨張します。
液が浸透すると歯茎が火傷のようになってしまうので、歯茎のギリギリまでは塗布せず
間をあけていますが、効果は全体に出るので問題ありません。

これを、1日に3.4回行います☆
トータル3日で行い完了です!!

次回が最後のホワイトニングになります。
結果が楽しみですね(^^)

2015年4月14日

今日からホワイトニング治療の開始です。

開始前のお写真です
8036-20150414-1.jpg

歯の色としては、全体的に濃いめでした。
今日から3回のホワイトニング治療で歯の明度をあげて明るくすることで白く
していきます。
変化には個人差がありますが、変化が楽しみですね(^_^)


2015年3月26日

歯周病治療が終了し、再検査を行いました。

治療前のガスクロマトグラフの結果はこちらでしたが

8036-20150326-1.jpg

歯周治療後はこのように変化しました

8036-20150326-2.jpg
すごく良くなりましたね(^○^)!!


次に位相差顕微鏡での菌の変化をみてみます。
歯周治療前

8036-20150326-3.jpg

歯周治療後

8036-20150326-4.jpg
静止画だとわかりにくいとは思いますが、菌がほとんどいなくなりました!

歯周病治療を行ったことで、口腔内の状態がすごく良くなりました。
今後も経過観察していきましょう!


2015年3月18日

歯周病治療を挟んで5回目のお手入れ確認日です。
久々でしたがどうでしたでしょうか?

8036-20150318.jpg

詰め物の不適部位や、欠けている場所を除いては綺麗でしたね(^_^)

これで、一旦お手入れの確認は終了です。
3か月ごとにメンテナンスを行い、今の状態を維持していきましょう!!


2015年3月11日

歯茎の中の歯石チェックの一コマです。
全体的に歯石はあまりみうけられませんでした(^_^)
親不知の影響で歯周ポケットが深くなっている部位の写真です

8036-20150311-01.jpg

ここの歯石チェックも行いましたが縁下歯石はありませんでした(^_^)
親不知の影響で7番目の歯が悪くならないよう注意していきましょう♪


2015年2月13日

お手入れの確認が4回終ったところで、今日から歯周病治療が始まります。
8036-20150213-1.jpg
歯周病治療とは主に、このような歯周病菌をなくすために治療です。
お薬や特殊なお水を使用しながら、歯茎の中の歯石のチェックを行っていきます。

今日は、始まりなので前準備のようなことを行いました。
次回からは、順番に歯石のチェックを行っていきます。

全てが終わったとに、再度細菌のチェックを行い変化をみていくようになりますので、
楽しみにしていてくださいね☆


2015年2月4日

4回目のお手入れ確認日です。
前回は少し残念でしたが、今日はどうだったでしょうか・・・!?

8036-20150204-1.jpg

前回と比べすごく良くなりました♪
お手入れはとても上手に出来ているので、引き続きこの調子でいきましょう☆


2015年01月13日

今日は3回目、2015年一発目のお手入れ確認日でした。
染出しをしてプラークチェックを行いました
8036-20150113-1.jpg
2回目に比べ染まる場所が増えてしまいました。
お正月があったので、忙しかったでしょうか?

今日から心機一転また頑張っていきましょう☆


2014年12月26日

今日は、2回目のお手入れ確認日です!
前回から今回までの間にご自宅でも赤染めをして確認をしてくださいました。
その成果が楽しみですね♪

前回と同じ写真で比べてみます

8036-20141226-1.jpg
すごく良くなりましたね!(^^)!
頑張っていただいた成果が出て私も嬉しいです♡

今日からは、あと一歩!な場所へのお手入れ道具を追加しました★

8036-20141226-2.jpg
その名も「ワンタフトブラシ」です(^○^)
前歯の裏や、歯茎の境目、奥歯などハブラシで難しい場所のお手入れに活用します!
次回も変化を楽しみにしています♫


2014年12月16日

お手入れの練習1日目です。
アルパーク歯科では「汚れを落とす」ではなく、「悪い菌の塊をバラバラにする」
ということを目的に、お手入れを行っていきます。
菌の塊が何処にいるのか確認をするため、まず歯を赤く染めてみました。
8036-20141216-1.jpg
どうでしたか?
赤いなーという印象でしたね。
実際、この赤くなった菌の塊の中にはどんな菌がいるのかみてみました。

8036-20141216-2.jpg

静止画になるとよくわからなくなってしまいましたが、、、笑
(黒い線みたいのや、丸っこいのが菌になります)
たくさん菌が動いていました。

この菌を今後の歯周病治療で無くして(減らして)いきます。
それまでに、お手入れをしっかりマスターしていきましょう!
※回数・費用など詳しくはこちら

2014年12月15日

自分の歯と向き合って治療をしようと決心 アルパーク歯科です

・小さい頃に虫歯の治療に通っていた、歯を削るときの独特な振動や痛みが嫌だった

・麻酔を打ってもらっても効かず、なかなか治療に足が向かなった
・二十歳を迎え、ちゃんと自分の歯と向き合って治療をしようと決心、調べているとアルパーク歯科を見つけた

・無痛というワードが惹かれた、ここで治療してみようと思った

8033

2014年12月15日

2014年12月01日、お手入れ練習がスタートしました。
この日はフロスの使い方と奥歯の磨き残しの歯ブラシの当て方について説明しました。
8033-20141215-1.jpg

8033-20141215-2.jpg

2014年12月10日
お手入れ練習2回目です。お手入れの成果はでているでしょうか?
8033-20141215-3.jpg

8033-20141215-4.jpg

多少表面の磨き残しが1回目より目立っていますが・・・
下の前歯の歯と歯の間、上の奥2本の歯の磨き残しが少なくなっています!
この調子でお手入れを頑張っていただければもっとよくなりそうです。

※回数・費用など詳しくはこちら

2014年11月28日

詰め物の違和感がなくならなくて来院 ラバーダムを使うアルパーク歯科です

・1番気になっているのは、前歯の詰め物が変色したこと

・他の歯医者で相談したが、治さなくても・・・というようなことを言われて
治してもらえなかった

・他にも大きな虫歯を治した際、詰め物をした後に違和感があったが、そのうち慣れるからと言われて、でもそのまま違和感

・1度他の歯医者さんに行ってみようと思い、知人にアルパーク歯科の事を聞き来院

7588


2015年7月22日

5回目のお手入れの確認日でしたが、少し間があいてしまいました。
久々の確認はどうだったでしょうか・・・?

7588-20150722-1.jpg

7588-20150722-2.jpg

得意な場所はとても綺麗でしたが、苦手な場所が赤く染まってしまいました。

フロスやワンタフトブラシの使用方法を再確認しました。

今日からまた、新たな気持ちでお手入れしてくださいね!


2015年1月22日
7588-20150122-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7588-20150122-2.jpg
歯と歯の間に大きなむし歯があります。中はこんなに深くなっていました。

7588-20150122-3.jpg
むし歯を除去していきました。一部かなり深い虫歯でしたから、神経を守るために、神経に近いところにお薬を入れていきます。

7588-20150122-4.jpg
神経を残すために薬を入れました。

7588-20150122-5.jpg
硬いセメントで封鎖して、壁(修復象牙質)が厚くなるのを待ちましょう。数ヶ月待ってから、再び中を見てみましょうね。


2015年1月19日

今日は2ヶ月ぶりのお手入れ確認日でした。
久し振りなのでドキドキしますねっ!
さっそく赤染めをして、プラークの確認を行いました。

7588-20150119-1.jpg

7588-20150119-2.jpg
どうでしょうか??
上の前歯の裏が染まっていたのがショックでしたね。
元々はすごく綺麗にできていたので、心機一転頑張っていきましょう!


2014年12月15日

ホワイトニング3回目です。

効果はどうでしょうか・・・比較してみましょう!

Before
7588-20141215-1.jpg
After
7588-20141215-2.jpg
どうでしょうか☆?
白く綺麗になりましたね!!
これで、あとは、前歯の詰め物を治すだけですね!


2014年12月12日

今日は2回目のホワイトにニングの日でした。
前回ホワイトニングをして、周りの方に「白くなったね」と、
気付いてもらえたようで、効果が実感出来たこと嬉しく思います(^^♪

さて、今日ホワイトニングをしたあとのお写真がこちらになります。↓↓

7588-20141212-1.jpg
更に白さが増しました☆
次回最後のホワイトニングをします。今後が楽しみですね(^^)


2014年12月04日

今日からホワイトニング開始です♪
今日から3日間ホワイトニングを行っていきます!

ホワイトニング前の歯の色はこんな感じです

7588-20141204-1.jpg
色としては、割と白いほうではありました。

7588-20141204-2.jpg
こんな感じで薬液を塗布して、特殊な光を当てていきます。
薬液は膨らむ作用があるので、膨らんで歯ぐきに薬液が付かないように、
わざと、歯ぐきのラインから離して塗布するようになります☆

7588-20141204-3.jpg
本日、5分×3回照射を行いました。
少し白くなり、効果がでましたね!
これをあと2日行っていきます。結果が楽しみですね♪


2014年12月4日
7588-20141204-01.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7588-20141204-02.jpg
歯の表面に亀裂が拡がっています。

7588-20141204-03.jpg
詰め物を除去しました。

7588-20141204-04.jpg
むし歯を除去していきました。一部かなり深い虫歯でしたから、神経を守るために、神経に近いところにお薬を入れていきます。

7588-20141204-05.jpg
神経を残すために薬を入れました。

7588-20141204-06.jpg
硬いセメントで封鎖して、壁(修復象牙質)が厚くなるのを待ちましょう。半年ほど待ってから、再び、中を見てみましょうね。


2014年11月27日

今日は3回目のお手入れの確認日でした。
前回ワンタフトブラシの使用を始めましたが、効果は出たでしょうか?
7588-20141127-01.jpg
奥歯のどうしても歯ブラシで落とせなかった汚れ(プラーク)が落ちていますね!!!

他にも驚きの効果が現れた場所があったのでみてみます☆

これは前回(ワンタフト使用前)のお写真です。
7588-20141127-02.jpg
上の前歯の裏ですが、うっすら赤く残っていました。
前歯の裏はへこんでいるのでどうしても歯ブラシだと難しいですね。

では、今回はというと・・・
7588-20141127-03.jpg
すごいですね!!
ほとんど赤いところはなくなりました♪
この調子でお手入れを続けて下さいね!


2014年11月17日

2回目のお手入れ確認日です(^○^)
では、さっそく赤染めをしてみました。
約2週間頑張ってきた成果はどうでしょうか・・・?
7588-20141117-01.jpg
前回と比べていかがでしょうか!?
随分良くなっていますね!!!
全体的に赤くなっている場所(菌の塊)が少なくなっています!

7588-20141117-02.jpg
横からの写真を比べてみても、すごく成果が出ています♪
特に黄色いやじるしの箇所はすばらしく良くなっていました(^^♪

さて、今回はフロスと歯ブラシで頑張っていただきましたが、それでも難しいところは
今日からこれを導入しました!

7588-20141117-03.jpg

「ワンタフトブラシ」です!
この歯ブラシは先が小さいので、歯ブラシでは難しい場所のお手入れがしやすい万能な道具になっています☆
次回の変化が楽しみですね(^○^)


2014年11月01日

今日からお手入れの練習が始まりました。
今までの、自己流のお手入れではなく、プロのお手入れをマスターする
第一歩です!(^^)!

初めに、このようなお手入れセットをお渡ししました!
お手入れをしていくうえで必要なセットはこれで揃っています。
7588-20141101-01.jpg

まずは、菌の塊(プラーク)がどこに残っているかを確認するために赤染めをしました。

7588-20141101-02.jpg
奥歯や、前歯の表面・間に磨き残しがありました。(赤く染まっている)

7588-20141101-03.jpg
横から見るとこんな感じです。
歯の間や奥歯に赤いのが目立ちますね(;_:)
でも、大丈夫です!!今日はスタートしたばかりです、これからが楽しみですね☆

※回数・費用など詳しくはこちら

2014年7月 1日

インプラントや金属の詰め物をしたくない 広島市西区のアルパーク歯科です

・妊娠中に銀歯がボロボロ取れ、何か所かは他の歯医者でインプラントしか方法がないと言われ、恐くなって放置している所もある

・金属アレルギー、肌も弱い、なるべく金属を骨に埋め込むインプラントや金属の詰め物をしたくない

・不自然な物を体に入れたくない、金属を使わない県外の自然診療をする歯科に通ったりもしたが、そこでの詰め物が取れた歯が夜中にのた打ち回る程痛くて一週間何も手につかない事もあった

・今度はきちんと治してもらおうと時間をかけて調べて、ホームページに説明が丁寧に載せてあり、こだわりを持って治療をしているんだなと思いアルパーク歯科に来院

・前歯とか欠けている所もある、とりあえずは綺麗な歯になりたい


7361


2014年6月12日

7361-20140612-1.jpg
ラバーダムをして治療していきます。

7361-20140612-2.jpg
3つある根の中(根管)の1つ(舌側)をきれいにしていきます。

7361-20140612-3.jpg
3つある根の中(根管)の1つ(ほっぺ側の奥側)をきれいにしていきます。

7361-20140612-4.jpg
舌側の根管を綺麗にしました。

7361-20140612-5.jpg
ほっぺ側の奥側の根管を綺麗にしました。3つある根管の2つを綺麗にしていきました。

7361-20140612-6.jpg
中に殺菌作用のあるお薬(水酸化カルシウム)を入れました。

7361-20140612-7.jpg
硬いセメントで封鎖しました。もう少し綺麗にしていく予定ですので、頑張ってくださいね。

※回数・費用など詳しくはこちら

2014年5月27日

しっかり検査をして現状を知りたい 精密検査を行う歯科ドック アルパーク歯科です

・中学生くらいから虫歯が多く、知識がなかったのでなすがまま治療を受けてきた

・20代でおかしいと思いながらもそのまま、30代で本やネットで調べたりしていたが、そのまま行って結果として満足のいく結果にはならなかった

・他院では「根管治療や、抜歯しかない!」と言われたが、できれば避けたい

・また、しっかり検査をして現状を知りたいとも思い、アルパーク歯科に来院

7815


2014年4月2日

7815-20140402-1.jpg
染出し直後です。欠損部の隣や、歯頸部の細かいところが残ります。
フロスは歯と歯の間だけでなく、歯周ポケットに入れ込むこと、糸を歯面にしっかりこすりつけることで細かいところをカバーすることができます。

7815-20140402-2.jpg
ほぼフロスのみでお手入れしてもらった状態です。しっかり時間をかけてフロスすることでかなり汚れが落ちています。

7815-20140402-3.jpg
次回からは補綴周りをしっかりお手入れできるようにご指導させていただきますね♪
※回数・費用など詳しくはこちら

2014年2月 2日

穴が開いた歯をしっかり治して、気にせず笑えるように JR新井口 アルパーク歯科

・以前、通っていた歯科医院で口が開かないのでこれ以上の治療は無理と言われた
・それから、10年歯医者には行っていないが、子供に手がかからなくなったので、
これを機に、ちゃんとしておかないとまずいと思い、自分の事を考えるようになった

・穴が開いた歯を、そのままにしていたり、前歯が欠けたりしてい、しっかり治して
気にせず笑えるようになりたい

7788

2014年03月03日

上の前歯の歯石除去を行いました!

7788-20140303-1.jpg
7788-20140303-2.jpg

このように、黒い歯石が歯茎の中にも付いていました。

7788-20140303-3.jpg

除去するとこのように、黒い歯石は無くなりました。
歯石が付いていたので、歯と歯茎の間に隙間がありますが、お手入れしていただくと徐々に引き締まってきますよ♪


2014年02月10日

今日は、下の歯10本程の歯石取りをしました。
以前していた部位もありますが、確認しながら行いました。

7788 140210 (1).jpg
7788 140210 (3).jpg

このように歯石がついていました。
何処も、分厚く歯石がついていますので、除去には少し時間がかかりました。

7788 140210 (2).jpg
7788 140210 (4).jpg

除去するとこのようになりました♪
まだ、多少残っている部分はありますが、概ね綺麗になったかと思います☆
歯肉の中のチェックはまだ出来ていませんので、後日行っていきますね!

お手入れもしやすくなっっていますので、引き続き頑張って歯肉を引き締めていきましょう!!


2014年1月27

今日は、歯石取りの続きを行いました。

7788 140127 (1).jpg

下の前歯です。
前回1本だけ歯石を取っていましたね!
フロスは通しやすくなりましたか??

今日は3本歯石を取りました。

7788 140127 (2).jpg
歯石が硬く、頑固になっていますので、取るのに時間はかかりますが、
一緒に頑張っていきましょう!!

お手入れを頑張っていただくと、歯茎の中の歯石も見えてくるかと思いますので、
歯茎の中の歯石も後に、細かくチェックしていきますね!


2014年1月20日

お手入れ3回目です。

7788 20140120 (1).jpg

1番苦手な右上の内側の赤染めをした写真です。
前回までと比べていかがですか??
少しずつではありますが、確実に変化してきています☆
難しいところなので、時間はかかるかもしれませんが一緒に
頑張りましょう!!

今日から、歯石取り開始です!

7788 20140120 (2).jpg
取る前の状態は、このようにたくさんの歯石が付いていました。

7788 20140120 (3).jpg
取るとこのように、本来の歯の形が現れました♪
時間の関係で、今日は1本のみですが、次回からも順次取っていきましょう!!


2014年1月15日

今日は、2回目のお手入れの練習日でした!

7788 20140115 (1).jpg

7788 20140115 (2).jpg

苦手な右上・・・いかがですか?
変化は感じにくいかもしれませんが、少し良くなりました。

まだな部分はありますが、今日から新しい歯ブラシも加わりましたので、
次回変化を楽しみにしています♪


2014年1月9日

今日から、虫歯・歯周病から抜け出すための"お手入れ"の
練習が始まりました。
まず、赤染めをしてみましたね。
どうでしたか?

7401 20140109(1).jpg

7401 20140109(2).jpg

実際に、染出しをしてみることで、何処に菌が残りやすいのかがわかりましたか?
左より右が苦手のようですね。

まだ、お手入れは始まったばかりです。
これから、少しずつ良くなっていけるよう、
一緒に頑張りましょう☆

※回数・費用など詳しくはこちら

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。