«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年10月22日

金属アレルギーを改善したい 金属を使用しない広島の歯医者、アルパーク歯科です

・アレルギー体質で金属アレルギーがある、アトピーもあり中学生の頃より悪くなっている

・歯の金属が増えたからなのかも・・・
・今までは皮膚科に通っていたが、口の中の金属が原因かもしれないと思い、インターネットで「金属アレルギー歯医者」と検索して、アルパーク歯科を知った

・少しずつでも歯の金属をなくしていって、金属アレルギーを改善していきたいと思っている

7971


2015年2月9日
ホワイトニング(3回目)をしました。
ホワイトニングは3回にわたって行います。ホワイトニングの薬液を歯に塗布して、5分間光を照射します。
《ホワイトニング前の写真》2/4
7971-20150209-1.jpg
《1回目終了時》2/4
7971-20150209-2.jpg
《2回目終了時》2/6
7971-20150209-3.jpg
《3回目終了時》2/9
7971-20150209-4.jpg
ホワイトニングが進んでいくにつれて、段々と白くなってきているのがわかりますか?
ご自身でも白さを実感されていらっしゃるようで良かったですね!
このホワイトニングで、最終的なかぶせや詰め物の色を決める基準になりますよ。


2015年1月30日
お手入れの練習5回目 
7971-20150130-1.jpg
この歯は、ブリッジになっているところの間の仮歯で、ポンティックやダミーと呼ばれます。
このポンティックは歯ぐきとつながっておらず、実はフロスが通せるところです。
青い矢印の所はプラークがついています。
ここは、ウルトラフロスは使えないところなので、フロススレッダーというものを使ってお手入れしていきます。

7971-20150130-2.jpg
写真の青いものがフロススレッダーというブリッジにフロスを使うためのものです。
フロススレッダーに糸タイプのフロスを通してポンティックの下にくぐらせ、フロスを通して使用します。糸に針を通す糸通しのような役割です。
これを使えば、ブリッジの下のお手入れが出来ますよ♪


2015年1月23日
お手入れの練習4回目
7971-20150123-1.jpg
お手入れが難しかった右下4番5番の裏側と後ろ側、綺麗にお手入れされています!(青の矢印)
不適合な詰め物が入っている部分(黄の矢印)は赤く染まっていますが、ぴったりした詰め物を入れることで改善されます。
このようにぴったり合っていない詰め物の隙間から二次的な虫歯になってしまいます。
虫歯を治療したのに、何でまた虫歯になるのか・・・?というと、お手入れがうまく出来ていないこと、精密な詰め物が入っていないことが大きな原因です。

今日はその後、下の前歯の歯茎から上の歯石を除去しました。

7971-20150123-2.jpg
歯と歯茎のきわのところに白っぽく見えるものが歯石です。
この方はあまり歯石はついていないのですが、下の前歯の裏にうっすらと歯石が付着していました。
これを、超音波スケーラーという機械を使って除去しました。

7971-20150123-3.jpg
先ほどほ写真と比べると、がさがさした部分がなくなり歯本来の表面が出てきています。
このような歯石が付いていると、フロスをする時にひっかかる原因になったり、プラークも付着しやすい状況になります。
歯石を除去することで、お手入れの結果が出やすいお口になりますよ。


2014年10月31日
お手入れの練習3回目
7971-20141031-1.jpg
7971-20141031-2.jpg

一回目と比べると、プラークの付いている部分が減りましたね!
お手入れ頑張ってらっしゃいます。
フロスもしっかりしていただいているようです
7971-20141031-3.jpg
歯と歯の間のお手入れは以前に比べるとうまくいっているようなので、今回は、歯と歯ぐきの境目をメインに練習しましょう。
こういう歯と歯ぐきの間のお手入れにピッタリなのが、ワンタフトブラシです。
7971-20141031-4.jpg
1つの毛束のブラシで、細かい所がお手入れがしやすいですよ。
このブラシを、歯と歯ぐきに沿わせて動かすと歯ブラシで難しい歯と歯ぐきの境目のお手入れがしやすくなります。
今日からワンタフトブラシをお手入れの道具の一つに加えてみてくださいね。


2014年10月20日

お手入れの練習2回目
7971-20141020-1.jpg
前回フロスの練習をしましたが、その後どうでしょうか?
比べてみると、同じようなところが残っていますね。
お話を伺うと、フロスの種類を変えられたとのことでした。
糸タイプの物、ホルダー付きでもY字になっていない物は、奥歯を使うときは、少し使い
づらいです。力も入りづらくプラークを除去しにくいことが多いです。

7971-20141020-2.jpg
こういう一番奥の歯の後ろ側もフロスでお手入れできるところです。

7971-20141020-3.jpg

7971-20141020-4.jpg
アルパーク歯科では、ウルトラフロスをお勧めしています。
このようなY字のフロスだと、奥歯や一番奥の歯の後ろ側もお手入れがしやすいですよ!


2014年9月12日

7971-20140912-1.jpg
お手入れの練習1回目
赤く染まっている所は、「プラーク」と言います。
「プラーク」の正体は、細菌の塊なのです!
歯と歯の間に、プラークが付いているのが分かりますね。
このプラークは、フロスを使ってこすり取っていきます。
歯ブラシだけでは、歯と歯の間のプラークは、落とせません。フロスを使う事で、お手入れを完璧に近づける事が出来ますよ。
プラークがある、という事は、いつそこから虫歯や歯茎の炎症が起こってもおかしくない状態ということです。
さあ、今日はまずフロスを使ったお手入れを始めていきましょう。

※回数・費用など詳しくはこちら

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。