«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年11月 8日

根の治療をしてもまた腫れた 根管治療は必ずラバーダムをする広島のアルパーク歯科です

・3月に右上の奥が腫れたので他の歯医者で根の治療をした
・4月に東京から広島に来てから、治療した歯の1つ後ろの歯の冠が外れたので、診てもらった

・腫れがあるので様子を見て、落ち着いたところで冠を被せてもらったが、また腫れた

・原因がわからないので不安になった
・他の歯医者では治らないと言われた、色々探し、アルパーク歯科に辿り着いた

8328


2015年11月23・30日

3.4回目では、とても良い状態でお手入れをしていただいているので、
お手入れ確認後に、着色の除去を行いました。

Before

8328-20151123-1.jpg
After

8328-20151123-2.jpg

ハンディジェットという細かい粉とお水が出る機械などを使用し、このように着色を
落としました。(歯と歯の間の除去困難な場所は残っています)

これで、一旦お手入れの練習は終了になります。

次回は3か月後に確認と清掃を行っていきますので、このままの調子でお手入れを
頑張っていて下さいね!(^^)!


2015年11月8日


今日はお手入れ確認2日目です。

8328-20151108-1.jpg

上の歯の内側はほぼ完璧に綺麗に出来ています!!
すばらしいですね♪

8328-20151108-2.jpg

下の歯の内側(右)は、少し歯ぐきのきわに残っていますね。
他も概ね綺麗ですが、苦手な場所をより簡単にお手入れするために新しい
道具を取り入れました。

8328-20151108-3.jpg
ワンタフトブラシです☆(毛先の小さな歯ブラシ)

このハブラシは、前歯の裏や、1番奥の歯など、歯ブラシでとフロスではプラークが取りにくい場所に使用してみて下さい。


2015年10月26日

今日からお手入れの練習の始まりです。
お口の中の菌は24時間以上経つと集合して悪さを始めます。
しかし、菌は目では見ることができません・・・
そこで、その菌を確認するために歯を赤く染めてみました。
赤く染まったところが24時間以上経った菌いる場所になります

8328-20151026-1.jpg

とても綺麗にお手入れをしていただいていたので驚きました!!
歯の間が染まっているのがおしかったですね!
今までも、フロスはしていただいていましたが、(糸タイプ)今日からは
ホルダー付きのウルトラフロスで、行っていきます!

8328-20151026-2.jpg

糸タイプのフロスに慣れているので、最初は難しいかもしれませんが慣れれば、ウルトラフロスのほうが断然使いやすいと思います♪


※回数・費用など詳しくはこちら

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。