«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年6月17日

歯が割れた マイクロスコープで治療する 広島の歯医者

割れた歯でも、マイクロスコープを使った治療ができる、広島の歯医者さん。それが、アルパーク歯科・矯正歯科です。

右下の歯が、噛むと痛くて、噛めなかったそうです。当院の治療2回で、噛めるようになりました。
右上の歯も痛く感じていましたが、右下の歯が治ってからは、痛くなくなりました。

1、これが 割れた 歯 です。

割れた 歯

一番右側の歯が割れた歯です。
この歯が、噛むと痛くて、噛めないのです。
この歯が痛いし、右上の歯まで痛くなってしまいました。

2、割れた歯のレントゲン

割れた歯のレントゲン

奥側に虫歯があるのが分かります。
ヒビに沿って、虫歯が深く進行したのだろうと思われます。

3、割れた歯にラバーダムを装着

割れた歯にラバーダム

虫歯を除去し、接着しようとしているのですから、湿気は厳禁です。
ラバーダムが必須です。

4、割れた歯のひび割れ

割れた歯のヒビ

ヒビを染色してみると、こんなにはっきりヒビが見えます。
噛むと、このヒビが開くので、歯が痛いのです。

5、割れた歯の虫歯の除去完了

割れた歯の虫歯の除去完了

ヒビは全部取り切れません。あまりに深くヒビが進行しているので、神経を守るためにも、
深追いは避けました。

6、スーパーボンドという接着剤で、固めます。

割れた歯を接着

スーパーボンドという接着剤は、歯に良く接着し、成分が歯の神経(歯髄)に悪く働かないというセメントです。

7、クラウンにします

割れた歯をクラウンにします

このままですと、ヒビが再発してはいけないので、クラウンを被せ、外側からクラウンでくるんで、ヒビが外側に開かない様にします。
クラウンにするには、歯の周囲をクラウンの厚み分だけ、削除する必要があります。

型を取り、仮の歯を被せます。この時点で、もう噛んでも痛くなくなりました。

2回目の治療

ここからが2回目の治療です。クラウンが歯の工場(技工所)で作られ、当院に納品されました。

お口の中で詳しく調整していきます。

8、クラウン装着前にラバーダムをします。

割れた歯にクラウンのセット

セラミッククラウンを、歯に接着するには、湿気が厳禁です。
ラバーダムが必須です。

9、クラウン装着前に歯を清掃します。

割れた歯にクラウンを装着前の清掃

仮歯のセメントなど、歯の表面に付着しているもの全てを除去します。

10、歯とクラウンの適合を調べます。

クラウンの適合を調べます

シリコンのペーストをクラウンに付け、歯にかぶせます。

11、セラミッククラウンは、良好な適合です。

良好な適合です

シリコンゴムは、歯とクラウンの間に挟まれ、薄膜となります。
シリコンの厚みで、歯とクラウンが合っているか、合っていないかが分かるのです。
光を透かして見ると、きれいな薄膜となっており、適合は良好と思われます。

12、セラミックの酸処理

セラミックのフッ酸処理

セラミックと接着剤がよく接着する様に、内面をすりガラス状にします。
セラミックの表面に、微細な凹凸ができ、接着剤が取れにくくなるのです。

13、セラミックに接着剤を塗ります

クラウンにモノボンド

モノボンドという接着全処理剤を塗ります。
これは、カップリング材といって、セラミックにセメントが接着しやすくするものです。

14、歯にしみ止めを塗ります

歯にしみ止め

歯にセメントを直接塗りますと、当分の間、歯がしみる事があります。
歯がしみては、お食事がおいしく頂けません。
しみ止め(知覚過敏防止)を、よく清掃した表面に塗り、薬を作用させます。

15、歯に接着剤を塗ります。

歯に接着材

接着剤を塗る前に、歯をよく乾燥させます。
乾燥していないと、接着剤の性能が発揮できません。
セメントが歯からわずかにはがれていたりして、しみる等の治療後の不快症状や、虫歯の再発などにつながってしまいます。
ですから、ラバーダムが必要な事が多いのです。

16、セメントの重合

割れた歯にクラウンを接着

レジンセメントは光で硬化させます。
余剰なセメントは、硬化前に除去しておきます。
レジンセメントは、硬いので、固まってからでは、セメントを取り除くのも大変になるからです。

17、セラミッククラウンのできあがり

割れた歯が痛くなくなりました

歯に装着されたセラミッククラウンです。
歯の山(咬頭)は低めにして、噛合せの干渉を防いでいます。
この様にして、割れた歯でも、すぐ抜かなくてよいのです。
工夫して、少しでも長持ちする様に治療できるのです。
今回の場合は、1回目の治療で、すぐ噛めるようになり、大変よろこんでおられます。

アルパーク歯科・矯正歯科では、この様に歯が長持ちする治療を、毎日行っております。
1日4人の精密治療だからできる高い治療のレベルを保っています。

2012年6月15日

歯がしみる マイクロスコープで治療する 広島の歯医者

しみる歯も、マイクロスコープを使うから治せる、広島の歯医者。それがアルパーク歯科・矯正歯科です。

歯がしみる原因は、実は大きな虫歯だったのです。1回の治療で治りました。

1、歯がしみた時のレントゲンです。

水がしみる虫歯です

レントゲンン写真の矢印の先に、大きな虫歯があります。
歯がしみる原因は、大きな虫歯だったのです。
このあいだ直したばかり。
インレーという銀の詰め物の下の虫歯なので、ご本人にも、なぜしみるのかわからないのです。

2、歯がしみるのは、銀歯の下に大きな虫歯があるからです。

しみる歯です

銀歯の下に、虫歯があるので、なぜしみるのか分からないですね。
最近治したばかりだったので、わけがわからず、当院にお越しになったのです。

3、麻酔後、ラバーダムをします。

虫歯治療用のラバーダムをします

当院は、痛くない歯医者さんですから、麻酔も治療も痛くありません。
麻酔の後、ラバーダムをします。虫歯治療では、ラバーダムは必須ですね。
9本露出型のラバーダムの装着方法です。
毎回、このようにラバーダムが厳密にできる広島の歯医者さんは、きわめて少ないと思います。

4、セメントの下に、虫歯がありそうです。

セメントの下に虫歯がありそうです

これが何か、歯科医ですとすぐ分かります。
埋め立て用のセメントです。(矢印の先の赤い部分)
親切な医院ですと、セメントのこの下は、神経を抜かないですむ治療(水酸化カルシウム製剤などの間接覆髄)がしてあるでしょう。

セメントは、レントゲンに白く写らないセメントでした。レントゲンに白くはっきり写るセメントもあります。
今回のように、レントゲンに写らないセメントは、このような使い方をすべきではないのです。虫歯と区別ができないからです。

5、セメント除去後

セメントを除去後の虫歯

虫歯の上を覆っていた、セメントを取った所です。
どこが虫歯かわからないと思います。でも、これで追及をあきらめてはいけないのです。

6、う蝕検知液を塗ります。

う蝕検知液を塗ります

う蝕検知液は、除去すべき虫歯のみ赤く染め出す、歯科治療に必須の薬剤です。

7、赤い部分が、しみる原因の虫歯です。

赤い部分が虫歯です

こんなに多くの虫歯が残っていたのです。
この虫歯が、じわじわと奥に浸食していたので、歯がしみるのです。
歯がしみて警告を発してくれていたので、今回は、歯の神経を助ける事ができました。

8、虫歯の取り残しがありました。

横にも虫歯が残っています

虫歯の穴の横の部分にも、虫歯が残っています。
インレーを詰めて終わる治療で、この様な虫歯の取り残しをしてはいけませんね。
残念ながら、肉眼で行う治療では、虫歯の除去だけでも限界があるという事が、この写真をご覧になると分かると思います。

アルパーク歯科・矯正歯科では、治療中ずっとマイクロスコープで歯を拡大して見ています。治療に差が出るのは、当たり前ですね。

9、虫歯の多くを除去しました。

虫歯の多くを除去しました

ほとんどの虫歯が取れました。内部がきれいになったのが分かります。

10、横の虫歯は完全除去です。

横の虫歯は完全除去です

深い部分は虫歯を残し、神経を守る薬を詰めます。(間接覆髄)
でも、神経から遠い、除去すべき虫歯は完全に除去します。

11、神経を抜かない、間接覆髄をします

神経を抜かない、間接覆髄をします

矢印の先の、黄土色の薬は、間接覆髄と言う、神経を抜かない薬です。
テンポラリーセメントソフトという、歯科保存学会で第2象牙質の形成を誘導する作用があると、認められたものです。

12、外したインレーを仮着します。

インレーを仮着します

内部は、神経を抜かない治療が終わったので、治療の初めに外したインレーを利用して、仮の蓋とします。
3カ月から6カ月かけて、深部の虫歯は硬化してくれます。
虫歯の硬化後、再度、インレーを外し、残った虫歯を取りきるのです。

この様な2段階の治療で、虫歯を取りきると、神経を抜かずに治療ができるのです。

13、歯がしみるのが治りました。

今回は、1回の治療で、「歯がしみる」症状がおさまりました。 患者さんは、次のご来院の時、症状が治まった事を、うれしそうに報告して頂けました。 僕もうれしいですね。

今回は、しみる歯の応急処置でしたので、次回から、詳細な検査をして、今後虫歯にならないようにするには、どうしたらよいか?という事を、明らかにしていくのです。

アルパーク歯科・矯正歯科では、この様に、マイクロスコープを常時使った、精密治療を行っています。
時々マイクロスコープを使うとか、気が向いた時に使うではありません。
毎日、毎回、すべての方に、マイクロスコープを使っています。

この様な治療が、広島でできる歯医者さん。それがアルパーク歯科・矯正歯科です。
歯がしみる時は、残った虫歯が原因かもしれませんね。

2012年5月30日

無痛の親知らずの抜歯編です。

伝達麻酔を工夫する事により、わずか1本(1.8ml)のカートリッジで、左下の顎全体の麻酔を効かせる事ができる様になりました。新しい麻酔法は、近位伝達麻酔法と言います。

抜歯後の、患者さんとのツーショットです。痛くなく抜歯できたので、お喜びです。

抜歯後、院長との2ショット

では、どんな、親知らずだったのでしょうか?

1、よくある親知らずです。

親知らず

こんなタイプの親知らずの抜歯は、そんなに難しくありません。親知らずの頭(歯冠)の大部分が見えています。
難しいのは、歯茎に隠れて全く見えない、レントゲンで見ると、真横になっている、という親知らずです。
すでに、麻酔は充分効いています。

2、分割抜歯

分割抜歯

7番目の奥歯(第2大臼歯)の後ろに、親知らずが食い込んでいますので、親知らずの歯冠を適切な大きさだけ、落とします。

3、分割片の除去です。

分割片の除去

歯冠の一部は、確実に取り出します。

4、いよいよ抜歯です。

親知らずの抜歯

へーベルとか、エレベーターと呼ばれる抜歯用器具で、親知らずを穴から取り出します。

5、出てきました。

親知らずの抜歯


6、抜歯後の穴です。


抜歯後の穴

削除粉や、親知らず周囲にいた菌を、きれいに洗浄します。
穴は、数か月後には、何事もなかったかのように、平らになります。

7、抜歯後は、ガーゼを噛みます。

抜歯後ガーゼ

止血のため、ガーゼを噛みます。

8、親知らずと削除片

親知らずと削除片

短くずんくりとした、かわいい親知らずでした。

9、伝達麻酔の進化

以上の、親知らずの抜歯は、麻酔から、全く無痛で治療できました。伝達麻酔の進化のおかげです。

今回の下顎孔伝達麻酔法は、近位伝達麻酔法と言います。針の入れる深さは浅く、薬液の量が少なくても、安全に適切な麻酔が得られるものです。

以前の下顎孔伝達麻酔は、針を入れる深さも深く、量も数倍必要でしたし、神経を傷つける可能性があったので、敬遠されがちだったのです。

10、新しい下顎孔伝達麻酔の特徴

・安全。針を深く入れないので、神経に針先が当たる事がなく、安全です。 ・確実。麻酔が効かず、麻酔のやり直しという事がほとんどありません。時間の節約にもなります。

今回は、念のため、浸潤麻酔を、外側寄りにもう1本追加してあります。

11、麻酔法の研究

当院の様に、無痛麻酔、無痛治療を心がける医院は、常に麻酔法の研究をおこたりません。 最近では、麻酔も、顕微鏡を用いて行うようになりました。針先の繊細な扱いができるのです。


12、ご注意


当院は、「お口全体」の歯を長持ちさせようという、自由診療の歯科医院です。
親知らずの抜歯だけという単発のご依頼は、お引き受けかねますので、よろしくお願いいたします。

2012年4月15日

出来る限り痛みを抑えた無痛麻酔で虫歯治療できました。上顎前歯。

よくある前歯の虫歯です。今回も、無痛麻酔が可能でした。

まずラバーダムです。

ラバーダムです

上の前歯は、麻酔が良い効く場所ですから、ほとんどの場合、無痛で治療ができるものです。
虫歯治療は、まず、ラバーダムを装着から始まるのが正式な方法です。
当院のラバーダムは、特に工夫した方法で、一度に9本の歯を、ラバーから露出させます。
当院のラバーダム装着方法は、以下の2つがあります。

・虫歯治療の、9本連続して露出する方法。
・根管治療の、1本のみの露出する方法。

虫歯治療では、いつも9本連続露出法です。
案外シンプルな方法で、クランプ(ラバーダムを歯に固定する金属の部品)は、1つで済みます。
毎日用いる方法ですから、シンプルで簡単な方法がよく、クランプは同じ種類のもので済み、ラバーダムの穴もあらかじめ開けられています。

プラークの染め出し

プラーク(虫歯菌)を赤く染めてみます

プラーク(虫歯菌)を、赤く染めだす液をつけてみます。

これを、水で洗い流すと、掃除できていない、歯に付着しているプラークが、赤く着色されて、見えるのです。

プラークの付着と不適合充填物

歯と歯の間に、不適合充填物と虫歯があります

割とよくお手入れされています。
歯と歯の間は、プラークの赤色が残っており、ちょっとおしいですねー。
左側の歯と歯の間に虫歯と、不適合な充填物(コンポジットレジン)があります。
ここに、フロスをかけると、フロスが充填物の不適合部分に引っ掛かって、切れてしまいます。
お手入れできないという点を改善するために治療します。

虫歯の除去

虫歯などをきれいに除去しました。

虫歯や、不適合充填物を除去した所です。
歯と歯の間を押し広げて、治療しやすい様にしています。
これを歯間分離といいます。
ご安心ください。麻酔が効いていますから、痛くありませんよ。

コンポジットレジンの充填

コンポジットレジンを充填しています

コンポジットレジンンのペーストを慎重に充填しています。
ここで歯とコンポジットレジンとの間に、隙間が空いてしまうと、治療の価値はありません。

治療後 なめらかな充填

充填終了です

きれいに充填できました。
フロスをかけて調べても、全くフロスは引っ掛かりません。
歯と充填物が移行的に充填されているという事です。
段になったり、ガタツキがあったり、隙間があったりしていないという事です。

歯冠分離器の除去

歯間分離器を外します

歯間分離器を外します。広げられていた歯と歯の間の隙間は、元に戻りました。

いかがですか?この充填。
なめらかで、掃除をすると、サッとプラークが落ちる、そんな清潔が保てる充填だと思います。
お手入れして頂くと、この歯も長持ちすると思います。

※回数・費用など詳しくはこちら

上の前歯は、麻酔がよく効く場所です。
出来る限り痛みを抑えた無痛治療をする事ができます。
2時間以内に治療は終わりました。

無痛が難しい「下の大臼歯」も、可能な限りの無痛治療。

普通だと痛む治療が多い「下の大臼歯」。当院の、近位伝達麻酔法により、可能な限りの無痛治療ができました。

ラバーダム装着

ラバーダムをします

下の奥歯は、麻酔が効きにくく、痛い治療になりがちです。
特別に工夫した麻酔をしますので、安心して治療できます。
下の写真は、奥から2番目の歯の冠を外した所です。
こうすると、奥の歯が良く見えます。
この様に、操作しやすくして治療します。

いつもの様に、9本露出させる方法の、ラバーダムを行います。

虫歯があります。

歯と歯の間に虫歯があります。

奥の歯の手前に虫歯があります。
小さいと思うでしょう?
これが、案外大きな虫歯なのです。

歯科用顕微鏡下で、虫歯を除去します。

虫歯を取ります。

虫歯を除去していきます。
この写真は、治療中、院長が見ている顕微鏡の像そのものです。
16倍ですので、ピントも浅く、ちょっとした動きが視界を妨げます。
この倍率を常用できるには、かなり熟練が必要です。

象牙質に進んだ虫歯

奥まで深い虫歯です。

エナメル質を突き破って、虫歯が奥の象牙質に進んでいます。

横にも広がる、大きな虫歯だった

案外大きな虫歯でした。

アクセスをよくして、虫歯を除去します。
虫歯は、エナメル質から、象牙質に入ると、急に広がります。
写真は、エキスカという、スプーンの様な手で使う器具で、虫歯を除去している所です。
まるで、耳垢の様に、やわらかくなった虫歯が取れてきます。

う蝕検知液

う蝕検知液

う蝕検知液で、虫歯の取り残しがないよう、虫歯を赤く染めます。

残った虫歯

赤い部分が虫歯です

この赤い部分が、残っている虫歯です。
虫歯の除去、う蝕検知液で虫歯の染め出し。
これを繰り返して、取り残しがない様にするのです。

虫歯の除去終了

虫歯は全部取れました。

虫歯はきれいに除去できました。
最初は、小さな虫歯と思ったけれど、こんな大きな穴(窩洞)になりました。
こんな事は良くある事なのです。
ですから、小さな虫歯も見逃したくないのです。

光重合

接着剤を光で固めます。

接着剤を光で固めます。

コンポジットレジンの充填

象牙質をレジンで守ります。

コンポジットレジンのペーストを充填していきます。
象牙質は、流動性のある液状のコンポジットレジンを使います。
エナメル部分は、硬いパン生地程度の柔らかさのペースト状のコンポジットレジンを充填します。

治療後、きれいに充填できました。

治療後

治療後です。
まるで天然の歯の様で、虫歯もなかったかのようです。

※回数・費用など詳しくはこちら

治療後の歯が長持ちするコツ

・虫歯が内部に残っていない事
・外側から菌が浸み込まない様に、歯と充填物がピッタリ適合している事
・お手入れしやすいように、なめらかな曲線で歯と充填物が連続している事

上の様な治療なら、日頃歯をお手入れして頂くと、長持ちがすると思います。

無痛的に治療できました。

麻酔が難しい下の奥歯ですが、今回も、無痛麻酔で麻酔を良く効かせ、ほぼ痛くなく治療ができました。

「ほぼ痛くなかったら歯医者に通えるのに」という方は、ぜひご一緒に治療を頑張ってみましょうね

歯と歯の間の虫歯、無痛麻酔と痛くない治療。 下顎小臼歯。

治療例を、ご紹介しましょう。

まずラバーダム

ラバーダム

今回も、歯と歯の間の虫歯の治療です。
歯と歯の間の虫歯が多いですね。
多くの方に、歯と歯の間という、見えない所に虫歯があります。
これを克服しなければ、虫歯の完治はないのです。
この様な治療は、歯科治療が恐い方でも、大丈夫です。

まず、ラバーダム。9本の歯を露出する方法です。

鉄板で、隣の歯を保護

隣の歯が傷つかないように

虫歯を削る際、隣の歯が傷つかない様に、鉄板を入れて、隣の歯を保護します。

隣の歯にも虫歯あり

後ろの歯にも、虫歯がありました。

鉄板を外した所。隣の歯にも虫歯がありました。

歯科用顕微鏡下で、虫歯の除去

虫歯を除去します。

虫歯を除去します。
上の写真は、院長が治療中見ている顕微鏡の映像、そのままです。
詳しく見えるでしょう。

コンポジットレジンの充填

細い器具で慎重に詰めていきます

細い器具で、慎重に詰めていきます。

わずかな充填で済みました。

きれいに詰め終わりました。

きれいに充填できました。
このように、見えやすい時に、治療すると、小さな充填で済み事が多いのです。
予定の、手前の歯を、充填してしまうと、今充填した部分は、見えなくなってしまいます。
後から治療しようとすると、歯の上から穴を開けて、余分な歯の部分も削らないといけないのです。

接着剤を塗ります。

接着剤を塗ります

今度は、手前の歯のコンポジットレジン充填に移ります。
接着剤を塗ります。

壁を作ります。

マトリックスを巻きます

コンポジットレジンがはみ出さないよう、壁(マトリックス)を巻きつけます。

コンポジットレジンの充填

慎重に詰めていきます

慎重に詰めていきます。
外側は硬いコンポジットレジンで。
内部は、流動性のあるレジンで、充填をどんどん進めます。

光で固めます。

コンポジットレジンを光で固めます。

光重合といいます。

なめらかな充填 治療後

治療後

治療後です。
きれいに充填できました。

※回数・費用など詳しくはこちら

長持ちするレジン充填のコツ

大切なポイント3つ。

・内部の虫歯の取り残しはありません。
・外側も、きっちりと隙間なく充填できていますので、外側から菌が侵入する事は少ないでしょう。
・フロスなど、お手入れしやすい、なめらかな曲面で充填ができています。

このような治療ができますと、日頃のお手入れを頑張っていただけますと、歯が長持ちすると思います。

無痛麻酔を応用した治療例
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科 院長 亀田浩司

アルパーク歯科・矯正歯科
院長 亀田浩司

 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

カウンセリングに2時間かける歯科医院は、なかなかないのではないでしょうか。実は、患者さんの状態や悩み、ご要望をしっかり把握せずに治療をすることは、不十分な治療につながることもあり、危険な面もあるのです。

自由診療だからこそ、時間をかけた治療だからこそできる、丁寧な診査診断・治療を行えることが当院の特徴でもあり、誇りでもあります。