«  2015年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年3月30日

小学2年生の息子が、バッティングセンターに行きたいと言い出しました。
学校の友達が野球チームに入ったりして、最近野球に興味を持ったようです。

僕自身バッティングセンターに行くのは20年ぶりくらいで、昔のように機械剥き出しではなく、ピッチャーが投げる映像が流れるようになっていました。
そういえばそんなことをニュースで見たことがあったような気がしましたが、あまり気にしていませんでした。

息子ははじめて金属バットをもつ初心者なので、ボールに当たれば上出来と思っていました。
それが意外にバットに当て、前に飛ばしていました。
ピッチャーが投げる映像が流れることで、タイミングが取りやすくなっているように感じました。
昔ニュースで見た時は何とも思いませんでしたが、こういう変化によって初心者でもタイミングが取りやすい様に、進化していました。

ちょっとしたことでも使い勝手が良くなったりするので、何かが変わるという事は進化する事が多いと思います。
日々いい方向へ進化していきたいものです。

2015年3月23日

4月上旬で、仲良くしているお友達が転勤で岡山に引っ越します。
なので、送別会をするのですが、その時サプライズで歌を歌うことになりました。

私はピアノを弾くのですが、久しぶりに人前で弾くので少し真面目に練習してみました。
すると、意外と弾けなくなっていてビックリしました。

それで、ピアノを習っていた頃は大嫌いだった練習曲集を出してまずそれをやってみたところ...指が動くようになりました。
昔は大嫌いだったけど、基本の動作をしっかりやっておくことって本当に大事なんだと思いました。

これからは、何事も基礎を怠らず、基本を大事に取り組みたいと思いました。

2015年3月18日

最近の出来事、深夜に就寝しようと電気を切ってからしばらくしてから、外の方(感覚としては、右横の家、もしくは右上の家あたり)から一定的なリズムで、「ギコギコギコギコギコギコ......」と音が続き、少し止まり、また「ギコギコギコギコ...」と。
その他の音(足の音とか、人が動くような感じの音とか。)は聞こえません。
感覚としては、のこぎりで何かを切っているような。
機械的な音ではなく、人が出してる音に感じました。

1年弱住んでいる今のマンションで、初めて聞いた音でした。
だからとても怖くて怖くて、ベランダの物干し竿を切られているのではないか...
ベランダの、隣の家とのしきりを切られているのではないか...
もしかして、人...
と色んな想像がどんどん思い浮かんできて、本当にいつでも通報できる体勢で布団の中で恐怖を感じてました。

音だけの情報で、久々に恐怖を感じました。
聴覚だけでいろんな事が想像できるので、ほんと深夜は、周りの事を考えて行動してもらいたいものです。

2015年3月13日

先日、当院の院長が主催する自由診療セミナーがあり、私たちスタッフも参加させて頂きました。
今回参加できたのは受付、衛生士、歯科助手(滅菌さん)の計3人とドクター達です。
今まで勉強してきた事を再確認でき、とても貴重な時間となりました。
色々な気付きもあり、更に今後に活かしていけたら、と思いました。

2015年3月 9日

ここへ来る時に小学校の前を通って来るのですが、少し前から塀に大きな横断幕がかけられ、それに「やめようよ この一言で すくわれる」と書いてあります。

相変わらずいじめの問題はあるようで、学校で普通に過ごすのがどれだけ大変かが想像されます。
集団から浮かない事 少しの差がいじめの対象となり、クラスで受け入れられなければ壮絶な孤独が待っているようです。

排除されない人間になる事を恐れないで、邪悪な人間になるな 自分を信じろと言いたいと思います。苦しい事に耐えて、孤独と絶望に打ち勝つ事が大事なんだと思います。

2015年3月 4日

去年の11月から猫を飼っています。牛小屋の近くで拾われたので、しばらく牛の匂いのする猫だったのですが、今はその匂いもなくなってすっかり家になじんでいます。

この猫は我が家では3匹目の猫です。20年近くまえに、友人の家の猫が赤ちゃんを産んで困っているというので、その子を引き取って初めて猫を飼いました。
私達家族にとって初めての猫は、「思ってたんと違う」事の連続でした。

もっと膝に乗って来るはず
もっと甘えてくるはず
もっと猫じゃらしで無邪気に遊ぶはず
抱っこしたい

など、こちらのエゴを押しつけてやたらとかまってしまい、最初の猫たちは人間嫌いのやさぐれた猫になって、私達家族は生傷が絶えませんでした。

それでもかわいかったので、それなりに関係を築きながら一緒に暮らしていたら、猫が歳をとってくると自然と甘えたり膝に乗ってくれるようになりま した。
無邪気に遊ぶのと膝に乗るのを同じ時期の猫に要求した私達が悪かったのでした。その猫たちは2年前に天寿を全うしました。

今飼っている猫は前の2匹の猫の失敗をふまえて飼っているので、ほとんどかまわずにほったらかし、猫の方がこっちに来れば撫でてやる、くらいの距 離感でいたら、物陰から突然飛び出して私達を驚かせたり、追いかけてきて爪のでてない肉球でポコポコ攻撃してきたり、思う存分可愛い個性を発揮し てくれています。

これも前の失敗をふまえてそれを今の猫に活かしているからだと思います。
今飼っている猫が可愛ければ可愛い程、前飼っていた猫には悪い事をしたなと思い出すのです。

« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
アルパーク歯科・矯正歯科

アルパーク歯科・矯正歯科
 ▼公式サイトはこちら▼
アルパーク歯科・矯正歯科

歯医者さんと1時間以上も相談できる医院はほとんどないと思います。先生に症状を言ってもわかってもらえない。何度治療しても治らない。保険の治療に疑問がある。今度はちゃんとした治療がしたい。など、色んなお話をじっくり相談できます。

お話だけでも結構です。ご安心ください。なんでも話せますから、心のモヤモヤを解消してくださいね。